携帯電話用外部リンク

周知協力は1日1クリック

目次


メディアリテラシー


情報操作は大前提


メディアの腐敗構造


代表的報道問題例

椿TV朝日報道局長の発言内容

報道されぬ事件・問題

外国人参政権をめぐる報道されぬ国会映像

311震災関連項


宗教とメディア


各メディアごとの事例

  テレビの、これから

人・企業と報道問題


対外報道問題

石川県沖で日本漁船と中国貨物船が衝突、報道が不自然に寡少
中国の指示でNHK拘束を隠蔽

海外メディア


ネット上の挑戦者

行動の参考に


【このページの閲覧者】
総数 -
昨日 -
今日 -

アクセストップ10



QRコード

姉妹WIKI



編集&情報管理に

翻訳・辞書リンク集
英語以外もわりとOK。
国内メディアとの比較に
国別ドメイン一覧
URLからのメディアの国籍割り出しに

ウェブ魚拓
株式会社アフィリティーが 2006年より運営している ウェブページを保存・引用するためのツール。
ネット上のデータは削除や修正が行われる場合もあるので、元データのキャッシュ「魚拓」をとって利用しています。たまに保存できないページもありますが、簡単に利用できるので、情報管理にお勧めです。
また、すでにだれかが取得済みの魚拓を取得しようとすると同URLの魚拓一覧が表示されます。 現時点で消えてしまったページも同様にURLを入力すれば、誰かが魚拓をとっていれば閲覧可能です。
また魚拓内に保存されているサイトを調べる方法例は例えば、はてな日記でWeb魚拓にキャッシュされている日記を調べる場合Googleで「d.hatena.ne.jp」&
「site:megalodon.jp/」などと検索すればよい。

「丸ごと」で魚拓取得できないサイトは「引用」する事もできますが、記事名を検索し、goo,livedoor等のポータルサイトでニュース配信されているページの魚拓を取得するのも手です。

また最近消えたサイトはGOOGLEのキャッシュには残っているかもしれません。

魚拓関連サービス10選





ここを編集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「 言論の自由を称号するものは、それを濫用しようとする人間のみである 」
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

この項の目次


報道しない自由とは事実を捏造はしないが、取捨選択により、事実をつたえない、都合よく意味を変える、こと

2009年、報道されない代表的事件

報道されない事実が少ない良心的なメデイア それは意外にも…
http://blog.livedoor.jp/waninoosewa/archives/813726.html
美しい国への旅立ち より引用

カット継ぎはぎ編集操作典型例


カットしていないTBS 総力報道 THE NEWS 小沢一郎幹事長 「人民解放軍でいえば野戦軍の司令官として勝利に向けて頑張っている」
http://www.youtube.com/watch?v=aFlCFP9ZbuU

カット継ぎはぎ 日本TV NNN News リアルタイム  「人民解放軍」の部分を不自然にカットして情報操作
http://www.youtube.com/watch?v=wyscJz7bnNc
小沢幹事長発言に続きアナウンスが「自らを司令官と称した小沢氏、、」と入り、カットした「人民解放軍でいえば」をさらに隠蔽。

多数の事件から何を報道するかの選択


限られた紙面・放送時間で全ての事件を報道するのは不可能ですが、いまや記者も読者も、それをインターネットの併用で補える時代です。
にもかかわらず、報道内容の取捨選択にメディアのバイアスがかかるのは変わりません。
芸能スポーツネタなどで過剰に紙面や時間を割く事で、何か報道せず、注意をそらすのも常套手段です。

マスコミが「何を報道しているか」だけでなく「何を報道していないか」を知る事で見えてくることがあります。

世界情勢に最も良い貢献をしている国

「英国BBCの調査による日本が国際的に高い評価を受けている」この情報が、なぜ報道されないのか?
このニュースを報道すると必然的に触れざるをえない以下の問題へのマスコミによるへ過剰な配慮が伺えます。
これには2カ国の例外があり中国韓国では、それぞれ71%、54%が日本は否定的な影響を持っていたのです。


ある情報から何を報道する・しないかの選択


オバマ大統領の演説から「忠誠・愛国心」の部分を抜く翻訳をした共同通信


われわれの試練は新しいものかもしれない。それに立ち向かう手段も新しいものになるだろう。
しかし、われわれの成功は、勤勉、誠実さ、勇気、そしてフェアプレーにかかっている。
昔から言われていることだが、その価値は本物だ。


 Our challenges may be new, the instruments with which we meet them may be new,
 but those values upon which our success depends, honesty and hard work, courage
 and fair play, tolerance and curiosity, loyalty and patriotism -- these things are old.

全文和訳といいながら なぜかloyalty:忠誠 patriotism:愛国心 は消されている。

※ネット上の疑問の声をうけ、その後いつのまにか修正され今は「忠誠・愛国心」も追加されている。
http://www.47news.jp/47topics/e/88181.php
(訂正の説明や謝罪はない)

アメリカに限らずどこの国でも当然のように用いられる「忠誠・愛国心」という言葉を避ける、
ここにもマスコミによる過剰な何かへの配慮が働いている事が伺えます。

発言の一部を削除する手法は常套手段です。

「マスコミ、石破氏の『民意問うべき」』発言を 一部隠して報道 。人をはめるようなことはダメ」

http://s03.megalodon.jp/2009-0302-1516-56/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090302-00000527-san-pol
麻生首相は2日昼、石破茂農水相の「早く民意は問うべきだ」との発言に関し「選挙の時期等々は最終的に私が決める」と述べた。また一方、「(マスコミは石破氏が)『総理の専権事項だ』と断って言ったことを隠して、はめるようなことはダメだ。人をおとしめることになり、本人のためにも良くない」と石破氏を擁護した。ぶらさがり取材の詳細は以下の通り。

【石破農水相「早く民意を問うべき」発言】
-石破茂農水相が2月28日のテレビで「早く民意は問うべきだ。だらだらと任期満了までいきました、
 というのはあまりよくない」と発言したが、受け止めは
その前にちゃんと(石破氏は)『総理の専権事項だが』と断って言ったでしょ。隠しちゃダメ。はめるようなことはダメ。人をおとしめることになるから。総理の専権事項、としたうえでの発言だった。きちんとしよう。
本人のためにも良くない。今言ったことは、目先、景気対策に全力をあげている状況ですから。選挙の
時期等々は最終的に私が決めます。いつも申し上げている通りです」



TV全局が拒否 2009衆院選 党首討論ノーカット無編集放送

2007年参院選の際、党首討論をNHKが深夜ノーカットで録画放送した前例がありながら、民主党とTV全局が避ける理由は何か?
2009衆院選において国民の知る権利は無視されました。



少数報道も自民側に責任転嫁

麻生首相と鳩山氏、12日に討論=衆院選へ直接対決-民間主催

「党首討論について、自民党は当初、テレビの地上波でノーカット放送することを条件としていたが、NHKと民放各局が応ぜず、最終的に同党が譲歩した。」
2009/08/05 時事通信
http://s03.megalodon.jp/2009-0806-0917-45/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090805-00000223-jij-pol

自民、党首討論に難色=「ノーカット中継」条件-衆院選


【09衆院選】21世紀臨調の党首討論に自民が難色


上の見出しは、あたかも自民側が無茶な条件で難色をしめしたかのようなコピーですが、その他のメディアは、ほとんどこの件に触れてすらいません。
2009年8月6日 東京新聞
http://s04.megalodon.jp/2009-0807-1458-45/www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009080602000119.html
討論会は、午後四時半から一時間半にわたり実施。

なぜ民主党、鳩山党首およびTV全局は無編集、ノーカット放送を受け入れないのでしょうか?



主催の21世紀臨調にメディアが関与、民主党と結託での「報道しない自由」の行使

「しんぶん赤旗」のみ報道、21世紀臨調にメディアが関与

民主・小沢氏と“蜜月”

 「政治改革の推進を目的とした提言体であり、運動体」(ホームページ)を自任する「21世紀臨調」。最近、再びクローズアップされたきっかけは、民主党の小沢一郎幹事長が10月16日、いわゆる「国会改革」に関して諮問をおこなったことでした。

 小沢氏は、官僚答弁の禁止、各委員会における法案審査機能と行政監視・国政調査機能との分離、委員会定数削減と定例日の廃止、通年国会の実現など、小沢流「改革」について意見の取りまとめを求めました。

 これを受け、「21世紀臨調」は、11月4日に「国会審議活性化等に関する緊急提言」を小沢氏に提出。「小沢氏の持論ずらり。(21世紀臨調の)中立性に疑問の声も」(「日経」)などと報道される中身で、両者の“蜜月”ぶりをうかがわせるものでした。

 民主党は今月17日、官僚答弁の禁止、内閣法制局長官の「政府特別補佐人」からの排除、法案審議とは別に官僚など参考人から意見を聴取する「意見聴取会」の開催などの方針(骨子)をまとめました。内閣法制局長官の排除によって、憲法解釈権を取り上げ、政府が勝手に解釈変更できるようにすること、法案審査から官僚答弁や有識者からの意見聴取をはぶき、政府提出法案をより“効率的”に成立させるための「国会改革」に本格的に乗り出したのです。

 「提言」をまとめた「21世紀臨調」の共同代表、佐々木毅・元東大総長は内閣府特命顧問に就任。新政権が鳴り物入りで設置した行政刷新会議の民間議員5人のうち3人(茂木友三郎・キッコーマン会長、片山善博・慶大教授、草野忠義・連合元事務局長)を「臨調」メンバーが占めるという親密さです。

政治部長ら大量参加

  この「21世紀臨調」に、大量のマスメディア関係者が加わっています。

  155人の運営委員(12月2日現在)は、マスメディア・言論関係者が七十数人も名を連ねており、半数近くを占めています。しかも、主要全国紙・通信社のほとんどの政治部長がメンバーといった具合です。

 「21世紀臨調」がいま最も力を入れているのが、「小選挙区制を使いこなす新しいソフト」(「物語で読む21世紀臨調」)としてのマニフェスト(政権公約)選挙の確立です。03年11月の総選挙で、自民、公明、民主がそれぞれマニフェストを掲げて臨んだことについて、「緊張感ある2大政党制の礎が築かれたことを、われわれは高く評価する」との声明を発表。その後も国政選挙のたびに「政権公約検証大会」も開催し推進しています。

 今回の総選挙を前にした8月9日の「マニフェスト検証大会」では、自民、民主の「マニフェスト」だけを対象とし、同12日には、07年参院選につづいて(この時はテレビが生中継)、自民、民主2党だけの党首討論を主催しました。

 8月9日の「マニフェスト検証大会」を「朝日」は、1面トップで大きく扱うとともに、2・3面見開きで特集を組みました。各紙も同様に1面トップか準トップでニュースを、中の面で特集や詳報を横並びで掲載。民主、自民以外は存在しないかのような「二大政党」大キャンペーンの象徴のような紙面となりました。

 「21世紀臨調」自身、その「運動」について、「マスメディアを通じて日常的な世論形成を行い、かつ政党や政治家の合意形成に努め、改革を具体化し実現していくことに最大の力点が置かれた」(「物語」)とあけすけに述べているように、マスメディアの活用はまさに戦略的なものです。

 その“活用”にメディア内部から協力しているのですから、その公正さ、公平さが根本から問われます。

 日本新聞協会が制定した新聞倫理綱領は、「国民の『知る権利』は民主主義社会をささえる普遍の原理である…新聞はそれにもっともふさわしい担い手であり続けたい」としたうえで、「報道は正確かつ公正でなければならない」「あらゆる勢力からの干渉を排するとともに、利用されないよう自戒しなければならない」と明記しています。

 放送法も「政治的に公平であること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」をうたっています。

 日本共産党25回党大会決議案はこう強調しています。

 「これら(新聞倫理綱領や放送法)にてらして、財界主導ですすめられている『二大政党づくり』と、強権的国家づくりという、特異な立場を推進する『運動体』に、多くのマスメディア関係者が参加し、『日常的な世論形成』をはかることが許されるか。公正、公平、独立というジャーナリズムの魂を、自ら投げ捨てるものではないか。わが党は、そのことを率直に指摘するとともに、マスメディアが『社会の公器』としての責務を自覚して、こうしたあり方を見直すことを求めるものである」


メディアからの運営委員

(12月2日現在)

○朝日    10人

 ゼネラルマネージャー兼東京編集局長、政治部長、編集委員など

○共同    10人

 編集局次長、論説委員長、政治部長、編集委員など

○毎日    9人

 常務取締役主筆、編集局次長、政治部長、読者室長など

○産経    8人

 会長、編集長、論説委員長、政治部長、社長室長など

○日経    6人

 編集局次長兼政治部長、総務局長、電波・電子戦略室長など

○東京    6人

 相談役、政治部長、政治部次長、論説委員など

○読売    4人

 取締役メディア戦略局長、特別編集委員、論説副委員長など

○時事    3人

 解説委員長、政治部長、解説委員

○フジテレビ 3人

 経営企画局電波企画室専任局長、報道局次長、解説委員

○テレビ朝日 2人

 政治部長、顧問

○日本テレビ 1人

 取締役常務執行役員

○読売テレビ 1人

 特別解説委員

○TBS   1人


2010年1月18日(月)「しんぶん赤旗」より抜粋
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-12-27/2009122706_01_0.html

赤旗が  ↑ 上の記事を書いた途端、【21世紀臨調】のサイトに出ていた会員名簿が消えました。↓
http://www.secj.jp/what_21st.htm#4 




【緊急】党首討論・MAD放送断固阻止!【ネット vs テレビ局】

↓クリックで確認 
+ ...

日経・朝日・読売インターネット事業組合はインターネットニュースサイト「あらたにす」上で、党首討論をインターネット中継


『麻生内閣総理大臣と鳩山民主党代表による党首討論』
【党首討論中継日程】2009年8月12日(水) 午後4:30~6:00
http://allatanys.jp/S001/ex31000.html

文字書き起こし版
http://allatanys.jp/S001/ex30900.html

ニコニコ生放送もこれを放送


この映像とTVで編集された報道を比較し、今の報道の実情を理解してください。
また過去の党首討論全文をみても、無編集放送を拒否したい理由は明らかです。

ネット上ですら現在、過去の党首討論全文を公開するメディアは産経だけ

(※毎日は短期間配信後リンク切れ)
産経 【党首討論詳報】
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090527/plc0905271605006-n1.htm

より正確に書き起こしされたサイト(麻生、小沢版もあり)
麻生太郎vs鳩山由紀夫 2009年6月17日 党首討論 発言全文
http://l19.chip.jp/tousyutouron2/
リンク先からは映像も国会公式HPやニコニコ動画でみられます。
マスコミの報道と実際の乖離を知らない人へ周知しましょう。

関連項目椿事件




問題の表面化まで報道をしない手法

国籍法改正口蹄疫など問題が表面化するまで隠蔽し、取り返しのつかない状況になってから報道するという手法も、後だしという形での「報道しない自由」の濫用でしょう。情報はマスコミや政治の都合で操作されています。口蹄疫に関しては宮崎県の沈静後も、感染源の疑いのある韓国で、2011年春時点でいまだ猛威を振るっている事については報道がほとんどありません。

子供手当て報道の欺瞞

ほとんどの主要TV局は手当て可決後になってようやく国外の外国人児童への手当て支給の報道を開始しました。
例 子ども手当ての窓口に ネパール人、韓国人、中国人…
http://www.j-cast.com/tv/2010/04/02063679.html?p=all
番組画像

この手口は国籍法改正などの今までの悪質な報道例と同じですが
「国外の外国人児童への手当て支給」というセンセーションな事実
いままで報道に疑問を持たなかった人たちに偏向報道の実態を伝える大きな機会です。周知と抗議を!

子ども手当再審要求デモ@ウィキ
http://www21.atwiki.jp/kodomoteate/pages/1813.html

【請願】「子ども手当」の廃止を求める請願


<子ども手当>韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組
4月24日2時31分配信 毎日新聞
http://megalodon.jp/2010-0424-0351-18/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100424-00000007-mai-pol
民潭HP 子供手当ての申請をした同胞に差別した公務員
http://megalodon.jp/2010-0424-0434-24/www.mindan.org/bbs/bbs_view.php?bbsid=9655&page=1&subpage=4037&sselect=&skey=


関連サイト


(↓自動検索による外部リンクリストです。)

正常に検索結果を取得できませんでした。
  • 「報道隠滅」を含む口コミが見つかりません。




※以下広告




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー