※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 通信を確認する
 ここまできたら通信できるか確認をする。
 上記設定をしたらHDDへ電源を接続して電源を入れる。
 Tera Termの画面に「Ctrl+Z」を入力すると以下が表示される。
   F3 T>

「Ctrl+Z」を入力しないで放っておくと、以下のような表示がでるかもしれない。

   LED:000000CC FAddr:0024C945     
   LED:000000CC FAddr:0000AE9B
   LED:000000CC FAddr:0000AE9B
     
     

もし表示されないならば前に戻って配線などを確認する。
 確認ができたら電源を切って復旧の手順へ。

  • 復旧の手順

 1.HDDの基板上のネジを外して基板と本体を分離する。ネジを外したらショート防止のため、
  マスキングテープなどで基板の露出部分をなるべく隠した方がよい。
  電源ON/OFFはHDD直接のコネクタでなく、途中に延長ケーブルを入れたり、ACアダプタを
  使用して途中をON/OFF したほうが安全。私はACアダプタを使いコンセント側(AC100側)を
  ON/OFF しています。
 2.基板だけの状態でHDDの電源をONにする。
 3.「Ctrl+Z」を入力して15秒ほど待つ。
 4.以下のコマンドを入力
  もし「LED:000000CE Faddr:00280569」等が表示されたら電源を切って2からやり直し。
    対応:待つ時間を延ばしてみる。「Ctrl+Z」を入力する前にも15秒以上待ってみる。
        (モータのスピンアップ時間分だけ待たないといけないのかな。)

   F3 T>/2                 
   F3 2>Z
   Spin Down Complete
   Elapsed Time 0.149 msecs

コマンド 意味
/2 …/x  Change Level to Diagnostic Monitor Level x.
 診断モニターレベルを x に変更
この例では Leve.2 へ移行

レベル2コマンド 意味
Z スピンダウン


以下、編集中…
どなたでも編集できます。