※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Avtomat Kalashnikov-47」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Avtomat Kalashnikov-47」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ** AK-47 (Avtomat Kalashnikov-47)
-#ref(http://www.republika.pl/prlk/AK_47.gif)
+#ref(http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?plugin=ref&page=USSR%20AK47&src=ak47_3.jpg)
 
 
 1947年にソビエト軍が正式採用した自動小銃
 射撃精度は良くないが、信頼性に特化している。部品同士に余裕をもたせた
 AK-47は、高温地、寒冷地、砂漠、多湿でも動作する。ユニット化された内部は部品の紛失を防ぎ、兵士の負担も和らげる。
 
 
 7.62mm×39弾を使用し、30発弾倉やドラム弾倉が使用されている。
 発射すると、高圧ガスを銃口手前から引き込み、ピストンを後方へ押し上げる。自動的に弾を込める。この動作を連続的に行うことで連射可能。
 1分で約600発で射撃ができる。
 
 冷戦期にソビエトは大量のAK-47を友好国に供与した。
 ベトナム戦争時には南ベトナム解放民族戦線にも送られ、虚をついた奇襲攻撃やジャングルでのゲリラ戦で、AK-47を持った民兵(ベトコン)は
 アメリカ兵を苦しめた。
 
 現在では、安価で構造が簡単なことから、多くの戦争、紛争でその姿を目にすることができる。また、テロ組織にも出回り、オウム真理教もAK-47を密造しようとした。
 
 &html(<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=fukawagiken-22&o=9&p=6&l=st1&mode=toys-jp&search=%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%95&=1&fc1=009900&lt1=_blank&lc1=009900&bg1=000000&f=ifr" marginwidth="0" marginheight="0" width="120" height="150" border="0" frameborder="0" style="border:none;" scrolling="no"></iframe>)