※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「XM16E1(AR-15)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

XM16E1(AR-15)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 **XM16E1(AR-15)
-#ref(http://anotherword.free.fr/pages/mgs3/images/armes/mgs3_m16a1.jpg)
+#ref(http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?plugin=ref&page=%A5%B3%A5%EB%A5%C8%20AR15&src=m16a1.jpg)
 
 1957年にアメリカのフェアチャイルド社アーマーライト事業部が開発した
 自動小銃。当時では全く新しい構造で木製部品は使用せず、アルミと鉄
 のみで作られている。
 
 5.56mm弾を20発の弾倉で使用されている
 リュングマン方式という、ボルトを後退するのに、直接ボルトキャリアーに
 発射ガスを吹き付ける仕組みを使っている。一般的なガスピストン方式より
 軽量化が可能だが、直接発射ガスを吹き付けるため、ボルト全体が汚れ
 発射不良を起こしやすくなった。
 
 ベトナム戦争時に、高温多湿な環境から故障が続発した。M14等と同様
 メンテナンスを重要視しなかったため、M16の故障の原因となる。
 その後、ガイドブックを配り、メンテナンスは徹底された。
 
 現在では、M16A2の改良型のM16A4が米軍現行使用モデル。
 
 &html(<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=fukawagiken-22&o=9&p=6&l=st1&mode=toys-jp&search=M16A1&=1&fc1=009900&lt1=_blank&lc1=009900&bg1=000000&f=ifr" marginwidth="0" marginheight="0" width="120" height="150" border="0" frameborder="0" style="border:none;" scrolling="no"></iframe>)