※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M37(Ithaca Model 37)



1937年にイサカ社で開発された散弾銃。当時のショットガンの中では
群を抜いて軽く「フェザーライト」と呼ばれた。
弾薬を装填するローディングポートと、空薬莢を排出するイジェクションポートを下部に共通することで、その分の肉厚を薄くし、軽量化に成功した。

12ゲージ(口径が1/12ポンドの鉛球に相当する直径の実包を使用するもの)が使用され、装弾数は4発。

信頼性の高さから、ベトナム戦争や、米国警察の車載用ショットガンとして
使用され続けた。民間では、狩猟、射撃スポーツ、自宅警備などにも使用され、民間でもベストセラーとなった。