登場デュエリスト真紅眼の飛竜(DU)

  • 解説:レート1600
  • 攻略
雛から育てると言っている割に黒竜の雛は1枚も無い。
どこからともなくレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンが飛び出してくる通常の【ドラゴン族】【真紅眼の黒竜】も多少含んでいる。

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンからドラゴン族を展開して戦闘する単純なビートダウンなのだが、
その能力のあまりの高さゆえワンパターンさが逆に安定感を生み出し、LV3デュエリストの中でも裁きの龍(DU)等と肩を並べるほどの難敵である。
ただしダーク・アームド・ドラゴン(DU)などと同じく魔法罠に対する警戒心がかなり薄いため、展開は比較的楽に妨害できる。
やはりこの場合もスタンピング・クラッシュをかわせる奈落の落とし穴が安定する。王宮の弾圧もかなり有効。

強力なデッキなのだが、CPUのお約束なのか例によってよくわからない行動に出ることがある。
おろかな埋葬デコイドラゴン送ったり、フィールドにモンスターが4体いるのに、デコイドラゴンを召喚したり
墓地に何もいないのにデコイドラゴンを召喚し、手札のレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンを出さずにエンドする謎の行動も確認された。
そのくせレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンのコストにはアックス・ドラゴニュート真紅眼の飛竜などのアタッカーを積極的に使う傾向がある。

また、レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンを特殊召喚したとき効果を使わず優先権を放棄してしまうことがあり、
この場合上記の奈落の落とし穴に嵌ったりすると展開が著しく鈍る。

ガード・オブ・フレムベル真紅眼の黒竜とよくシンクロするが、攻撃力重視のCPUは
例え相手の伏せが聖なるバリア-ミラーフォース-とわかっていてもレッド・デーモンズ・ドラゴンを迷わず出し、
結果レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンもろとも全滅する。
王宮のお触れを積んでいるデッキよりよっぽど対処しやすいので、このあたりは逃さないようにしたい。
  • デッキ名:雛から育てます
  • 合計40枚+12枚
  • 上級06枚
  • 下級16枚
  • 魔法12枚
  • 罠06枚
  • エクストラ12枚