迷い誘われ夢 準備編・流奈


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

迷い誘われ夢 準備編 流奈サイド

キマク 中央広場

ジョゼフ「さて、まずは支度をせねばな・・。」

流奈「支度って?」

ジョゼフ「戦闘では凛殿だけに回復を任せてはいけない。回復アイテムなどを仕入れよう。」

凛は今、酒場でタラスの夢の話を詳しく聞いてる最中である。

そういうとジョゼフは7時の方向にある店に足を運ぶ、それを追いかける流奈

数分後

店員「ありがとうございました~」

外にでる二人。ジョゼフは買った商品が入った袋を中から緑色の液体と青色の液体を出し、流奈に渡した。

流奈「これは?」

ジョゼフ「体力回復の薬と魔力回復の薬だ。戦闘でも自分で自己管理をせねば生きていけぬ」

流奈「そうよね・・わかったわ、ありがとう」

流奈はジョゼフに笑顔で答えるとジョゼフは頬を赤くして明後日の方向を向く。

ジョゼフ照れながら酒場へ戻る。

流奈「ちょっと!まってよ~」

慌てて追いかける流奈であった。

アトガキ

大変申し訳ありません!

色々と忙しく・・できませんでした!

短いですが・・・こんかいはここまで!じかいはどうなるやら・・。