Windows小技メモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


[パフォーマンスチューニング]

ごみ箱を空にする

  • ファイルの削除が遅い場合、かなり有効
  • 内部でキャッシュを再作成するため

デフラグ

  • スタート > プログラム > アクセサリ > システムツール > ディスクデフラグ
  • safeboot を入れている場合はwindows標準のデフラグ以外は危険

不要プロセスの削除

  • cidaemon.exe
    • インデックス作成サービス(通常にCPUをかなり食う)

終了画面の表示が遅い(2,3分かかる)

その他



[Visio]

  • 新しい図形の種類
    • ファイル→図形
  • DBのER図作成
    • ファイル→新規作成→データベース→モデル図
    • シートの追加ではできない?
  • シートのコピー
    • シートのコピー機能はvisioにはない
    • 図のないところで右クリック→図面のコピーで図全部はコピーできる



[Word]

変更履歴

記録

  • ツール→変更履歴の記録


[Excel]

ツールバーをカスタマイズ

「表示」→「ツールバー」→「ユーザ設定」→「コマンド」で追加したい機能を選んで
ツールバーに対してドラッグ&ドロップ。
  • 上揃え、下揃え、セルを結合とか便利

条件指定で合計計算(SUMIF)

  • 例:E3~E24の値が"XXX"のF3~F24の値を合計
    • SUMIF(E3:E24,"XXX",F3:F24)

何らかの文字が書いてあるセル数をカウント(CountA)

  • CountA(

特定文字が書いてあるセル数をカウント

  • 例:F5~F13の値が"NG"のセルをカウント
=COUNTIF(F5:F13,"NG")

マクロ

  • ボタン追加
    • 表示→ツールバー→コントロールツールボックスでツールボックスを表示
    • ツールボックス内のコマンドボタンを選択し、セル上で作成したい大きさをドラッグするとボタンが作成される
  • ボタンへのマクロ追加
    • マクロ登録?
  • その他
    • マクロのソースはVB



[Thunderbird]

基礎知識

  • 公式サイト
  • プロファイル
    • Thunderbird は、メール、パスワード、拡張機能などの個人設定をすべて「プロファイル」に保存している
    • プロファイルは、ハードディスク上の「プロファイルフォルダ」に保存
  • プロファイルフォルダ(WinXP)
    • %AppData%\Thunderbird\Profiles\xxxxxxxx.default\
      • xxxxxxxx はランダム文字列
      • %AppData% = C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\
  • 見出しファイル
    • プロファイルフォルダ下の~.msf
    • フォルダのメール表示用の要約ファイル。メールの本文ではない。
    • 一度消しても再構築される
  • メール削除時の挙動
    • 画面上でメールを削除しても、削除フラグが立つだけ
    • よって、ある程度不要ファイルがたまると動作が遅くなる
    • ファイル→フォルダの最適化でこれら不要ファイルが削除される

パフォーマンスチューニング

  • ファイル→フォルダを最適化
    • 数十秒かかる
    • 受信boxフォルダを最適化する=実際にフォルダ内の不要メールを削除する
    • 自動化するならツール > オプション > 詳細 > ネットワークとディスク領域 > ディスク領域
      • 適当な数字とチェックを入れる
  • 見出しファイルの削除
    • プロファイルフォルダ下の~.msfを一度削除
  • 受信トレイにはメールを溜め込まない
    • かなり重要!
    • 見出しファイル作成に時間がかかるため

アカウントの復旧

  • アカウントが消えた場合の復旧方法
    • %AppData%\Thunderbird\profiles.ini を編集
      • IsRelative=1→0
      • Path=復旧プロファイルのディレクトリ名
 Path=Profiles/XXXX.default

プロファイルの復旧

方針:新しいプロファイルを作成して古いプロファイルから必要データを移行する
  • 新しいプロファイルを作成
    • プロファイルマネージャーを実行
      • ファイル名を指定して実行「thunderbird.exe -p」
      • 「新しいプロファイルの作成」→「次へ」→プロファイルの名前を適当につける
      • →新しいプロファイルが作成される
      • →それを選択して「thunderbirdを起動」
      • →アカウントの設定だけ行い終了
  • 旧プロファイルから必要なファイルを新プロファイル内へコピー
    • Mail\Local FoldersのみでOKだと思われる
    • フィルタリングルール等は再作成でいいでしょ
  • 参考サイト



[PDF]

brava reader

コピペ制限がかかっているPDFをコピーできる


[windows update]

windows update のダウンロードで失敗する場合

  • プロキシの設定を更新してみる



[Windows7]

  • フォルダオプション
    • コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→フォルダオプション
  • samba
    • セキュリティポリシーを変更する
      • スタートメニューの検索ボックスに「secpol.msc」と入力
      • → 「ローカルセキュリティポリシー」が起動
      • → 「ローカルポリシー」 > 「セキュリティオプション」の順に選択
      • →「ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベル」をダブルクリック
      • → 値を「NTLM応答のみ送信する」に変更
      • 参考サイト:http://blog.nsp-momo.com/it/windows-7-rc/windows-7-rc-samba-にアクセスできない件/
  • Caps→Ctrl
    • 直接レジストリ編集
      • レジストリエディタを起動
      • 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout」を開く
      • バイナリ値で「Scancode Map」という値を作成。
      • 「00,00,00,00,00,00,00,00,03,00,00,00,1d,00,3a,00,00,00,00,00,00,00,00,00」
      • 再起動
    • 以下を~.regというファイルに保存し実行して再起動
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]
"Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,03,00,00,00,1d,00,3a,00,00,00,00,00,\
  00,00,00,00

  • cygwin で zsh
    • dllがコンフリクト起こす
    • indowsのコマンドプロンプトを起ち上げash.exeが置かれたディレクトリへ移動しash.exeを実行
 c:\Users\xxx > cd c:\cygwin\bin\
 c:\cygwin\bin> ash.exe
 $ ./rebaseall
    • rebaseall がエラーになるときはwindows再起動して再度実行

  • ping
    • windows7 はデフォルトpingができない(ping: socket: Operation not permitted)
    • ファイアウォールツール起動
      • [スタート]→[コントロールパネル]で「ファイアウォール」で検索
      • 「Windowsファイアウォール」→「詳細設定」で「セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール」が起動(なんだこの手順)
      • 左メニュー「受信の規則」選択
      • 右メニュー「新しい規則」選択
      • カスタム→全てのプログラム→プロトコルの種類「ICMPv4」→任意のIPアドレス→接続を許可する→名前にICMPとか入れて完了(なんでも良い)
      • 左メニュー「送信の規則」も同様に設定する
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。