音の粗さ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

臨界帯域を越えない程度の狭い周波数帯域内で、うなりなどにより、音圧が毎秒数十〜百回程度の変化を示す場合、音色の濁った感じ、ざらざらした感じを生じる。これを音の粗さ (roughness) という。

音楽において、同時に鳴らした2つの音の間に不協和が生じるとき、音の粗さが大きな要因となっているとされている。音の粗さは、音質評価、環境音の評価指標として用いられている。

参考文献

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。