矛盾許容概念


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【用語名】 矛盾許容概念
【読み方】 むじゅんきょようがいねん

【詳細】

終わりのクロニクル、及び一連の川上作品の重要なキーワード。
その名の通り、矛盾を許容できる概念。

Low-Gはマイナス概念しかないのに何故か存在できると言う答えでもある。
何でもありの概念のため、プラス概念が無くてもLow-Gは存在できた。
また、概念創造はこの概念があるLow-Gでしか出来ない。
全てのGの頂点であるTop-Gに無いと言うのは皮肉と言えば皮肉。

佐山が仮説として打ち立てた概念であったが、これが元で
エーテルが発見されたり、流体が発見されたりとしたかと想われる。

川上作品が何でもありなのはこれがあるからとも言える。

しかし、矛盾許容概念とは言え万能ではなく、マイナス概念も
許容範囲を超えてしまうと働いてしまい、Low-Gは消えてしまう。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。