※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こんにちは、セッキーです!こんばんは!

前回の7/4の日記と同じタイトルですみません!今日、新聞を読んでいたら、おもしろい記事が見つかったもので・・・

なんと、某100均ショップが、中国の上海に「10元ショップ」を展開するそうです。年内をメドにした計画だそうです。中国から輸入された商品を販売する日本の100円ショップを、中国に展開するという、おもしろい計画です。

そもそも「Made in China」が日本にきて100均ができたのであります。これは、仕入れルートをそのまま生かした事業です。100均のようなものは、中国に元からありそうな感じもしますが、100均って日本の経営術なんですかね?

ちなみに10元は、日本円で表すと約144円だそうです。原価がわかりませんが、日本で105円で販売されている商品が、中国では144円ってなると、結構な利益がでそうですね。国内で販売するなら、輸送費もかからないし。何よりも、中国の方々にとってみれば「Made in China」は国産ですから!自国の親しみのある商品を、均一価格で提供するなんて、こんな喜ばしい事はないでしょう☆

中国からもたらされた商品を、日本で販売する。日本は経営術を中国に伝える。ある意味日中間における「協力」ですね。ただ、「Made in China」がなかったら出来ない話ですね。やはり中国に感謝ですね!皆さん泣くことにしましょう!

今日も100均行ってきます☆

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

更新履歴

取得中です。