※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

数字

  • 整数
Cのlong int = 32ビット= -2147483648~2147483647 定数は0で始まると8進数、0xで始まると16進数とみなす。

  • ロング整数
サイズ無制限。定数はLをつける。

  • 浮動小数点数
Cのdouble相当、1e+23等の指数表現も使える。

  • 複素数
実部・虚部ともに浮動小数点数である。jで表す。

例:z = complex(1,2) → z = (1+2j)
   z*z → (-3+4j)



シーケンス

  • 文字列
文字列は、' ' または " " で囲む。
例:'test' "test" '"test"' "test's" 'test\'s'

例:x = 'abcde'
   x[1] → 'b' (インデクシング)
   (指定した位置の文字を取得 先頭は0)

   x[1:3] → 'bc' (スライス)
   (a以上b未満の位置の文字列を取得)

   x[2:-1] → 'cd' (スライス)
   (先頭からa、後ろからbの位置までの文字列を取得)

   "a %s pen" % 'red' → 'a red pen' (文字列フォーマット)

   'a' in x → True (シーケンスメンバーテスト)
   (x に a という文字列が含まれているか検索。)

   'abc' is x → False (比較演算)
   (x という文字列と等しいか比較)

  • リスト
サイズ変更可能のオブジェクトに対する参照の配列。直接変更ができる。[, ] で囲み、区切り記号は , である。任意のオブジェクトを含むことが可能(混在も可能)。

例  x = [1, 2, 3, 4]
    x[1] → 2 (インデクシング)
    x[1:3] → [2, 3] (スライス)
    x + x → [1, 2, 3, 4, 1, 2, 3, 4] (結合)
    x * 3 → [1, 2, 3, 4, 1, 2, 3, 4, 1, 2, 3, 4] (繰り返し)
    x[1:3] = [5] → x = [1, 5, 4] (変更)
    2 in x → True (シーケンスメンバーテスト)
    [4, 5, 6] is x → False(比較演算)

  • タプル
直接変更ができないことを除きリストと同じ。 (, ) で囲み、区切り記号は , であるが、(, )は省略可能である。

例  x = (1, 2, 3, 4)
    x[1] → 2 (インデクシング)
    x[1:3] → (2, 3) (スライス)
    x + x → (1, 2, 3, 4, 1, 2, 3, 4) (結合)
    x * 3 → (1, 2, 3, 4, 1, 2, 3, 4, 1, 2, 3, 4) (繰り返し)
    2 in x → 1 (シーケンスメンバーテスト)
    (2, 3, 4) is x → 0(比較演算)



写像

  • 連想配列
キーによるオブジェクトの保存・取り出しが行える。キーとしてはほとんどのオブジェクトが使える。(, ) で囲み、キーとオブジェクトの区切り記号は :、区切り記号は , である。
例 x = {1: 'One', 2: 'Two', 3: 'Three'}
   x[1] → 'One' (インデクシング)
   y = {'One': 1, 'Two': 2, 'Three': 3}
   y['One'] → '1' (インデクシング)




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー