※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



特徴

 ソフトウェア・システム設計の難しさは、常に選択を迫られるという点にあります。そして人生における選択と同様に、プログラム設計における選択も一筋縄ではいかないものなのです。
 年季の入った優れた設計者は、どの選択が良い設計に結びつくのかを知っています。初心者の場合、設計を選択する度に、未知の世界への扉が開かれるのです。経験豊富な設計者は、優れたチェス・プレイヤーに喩えることができます:つまり、何手も先が見通せるわけです。しかし、こういったことを学習するには時間が掛かります。プログラミングの天才が若年層に分布しているのに対して、ソフトウェア設計の天才がより高年齢層に分布する傾向にあるのは、おそらくこういった理由があるからでしょう。


設計とは、問題解決プロセスの構造的側面のことである。そこには、抽象化、分割、そして、システムのモデル化というアクティビティがある。


記事



文献






その他資料


イベント



他のページ