※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トヴェルスキーとカーネマンは、確かな手がかりのない不確実性状況下で、人はヒューリスティクスをとりがちだが、そのために、ときに非合理的な判断と意思決定をすることを実証した。このことを「ヒューリスティクスによるバイアス(偏り)が生じるという。


On this account, heuristics are situation specific, learned
and consciously applied procedures, not the type of things
one makes a science out of.


[...] In the balance of this section I will review studies
where the experimental design involve the manipulation
between heuristic and formal strategies.[...]


つまり、(1)物事の選択をするとき、私たちは考えるのではなくヒューリスティックに従う。(2)本当の原因がなんであれ、現在の世界で、私たちは確率論的に深刻な間違いを犯す。

まぐれ?, p. 242