※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ウィンストン・チャーチルをはじめ、世界の一流の著述家の多くは学校の成績が悪い。本人たちも、学校は苦痛だったと言っている。もちろん彼らの同級生全員が学校や先生について同じ思い出をもっているわけではない。だが彼らにとっては、学校は面白くないどころか、退屈そのものだった。
 原因は、後に著述家になった彼らが、聞くことや読むことによっては学べなかったことにあった。彼らは、自ら書くことによって学ぶという種類の人たちであった。だが、そのような学び方を許している学校はなかった。そのため成績が悪かったのだった。学校の定める学び方に従って学ぶことは、まさに地獄であって、拷問にすぎなかった。