※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「今日の建築学で大きな課題は、『建物の構造とはどうあるべきか?』という根本的な問いに答えることです。建築家はいつの時代にも、その時代にふさわしい構造を発見することに力を傾けると言っても過言ではありません。近代においてもしかり。しかしいままで納得のいく解答が出されてきたとは思えません。今日ある多くの建築物は、「紙細工」にすぎません。最も建築家らしい建築家ですら、建物の物理的・工学的構造と現実の社会形態との深い結びつきのなさに、不安を覚えるでしょう。」