※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 制約がある中だと、似通った作品が多くなりますが、それでもにじみ出てる個性というのが、そのクリエーターの持つ本当のキャラクター性だと思います。


今日では、「漫画はキャラクター」ではなく、「エンターテインメント=キャラクターである」、と教えています。キャラクターはあらゆるメディアで活躍する。人を惹きつける存在のことなのです。


どうして同じキャラクターの作品が続いていくのか。それは求められるからです。消費者がその作品を買うから同じキャラクターの登場する作品が続けて創られていく。なぜ買うのかといえば、それはキャラクターに会いたいからなのです。


 読者は、またそのキャラクターに会いたい。そのキャラクターといっしょにハラハラドキドキしたり、ときめきたいから、その漫画を手に取る。友達や恋人に会うように、キャラクターに会いたいんです。仲の良い友達や恋人と街を歩いて買い物をしたりしますが、街を歩いたり、買い物をしたりするのは別に一人でもできます。それが目的ではなくて、一緒にいて楽しい特別な誰かと同じ体験をすることが、何より大事なのです。
 キャラクターも、それと同じことなんだと気づいたのです。
 恋人や友達とは別れたくない。いつまでも一緒にいたい。だからこそ、魅力的なキャラクターが登場する作品はいつまでも連載が続いていく。
 それが「キャラクター」の力なのです。



そうやって考えているうちにやっと、キャラクターの本質が見えてきました。キャラクターには、人間の目をとめ、心を動かし、感動を呼び起こす「力」がある。それからは、ヒットに恵まれるようになりました。


 キャラクターに注目したり、感情移入していっしょにハラハラドキドキしたり、そのキャラクターのことを好きになったり。どうしてこんなにキャラクターが好きなんでしょうか。
 これは人間の本能だからです。


 目だけではありません。人間は、「心」自体がキャラクターを感じるように出来ています。
 太古の人間は、身の回りの動植物や自然物、さらには目に見えないもの、存在しないものにまで「心」の存在を感じ、それらを畏れたり、親しんだりしてきました。
 人類は自らを取り巻く世界を「キャラクター」の集合体として捉え、理解できない現象や理不尽な出来事を、神や魔物、精霊、妖怪などとしてキャラクター化し、様々な現象は、それらのキャラクターの意志であると理解するようになったのです。


 このようにメディアに「心」を込める時に効果を発揮するのがキャラクターなのです。
 キャラクターが創り手と、見る者との「心」を繋ぎます。
 作者の「心」はキャラクターの言動として作品の中に表れ、見る者の「心」をゆさぶります。キャラクターは、見る者の心を動かす存在なのです。
 言い換えれば、作者の「心」や「思い」が人の形をとったものがキャラクターなのだといえます。


 「キャラクター」とは、メディアの中で「メッセージ」を伝える存在、もしくは、何か「意味」を背負った(象徴した)存在だといえます。
 そういう意味ではキャラクターは漫画やアニメ、映画のような架空の存在、新しい言葉で言えば「非実在」のものだけではなく、実在の人間もみなキャラクターであるといえるのです。テレビタレントやスポーツ選手、政治家などもキャラクターですし、歴史上の人物もキャラクターです。(省略)



 つまり、「キャラクター」とは「目に見えない概念的なもの」を「目に見えるように表したもの」である、ということが言えます。
 目に見えない人間の心の世界を、現実の世界に眼に見えるように映し出す存在。それが「キャラクター」というものの本来の意味なのです。



 既存のキャラクターや、文化的な共通認識から、見た目や設定を借りてきているだけなんです。そこには人を惹きつける魅力や、他と区別する個性がない。ありふれたテンプレートを借りてきているわけですから、本当はそこにオンリーワンの個性をつけなければいけないんです。
 そうアドバイスすると、こんどは個性をつけようと思って、ゴテゴテといろんな部品をくっつけてきたりするのです。
 それも違う。それは個性的なのかもしれませんが、印象が分散してしまうんです。
 そうじゃなくて、「このキャラはこれだ!」っていう、インパクトのある「ワンポイント」を付けましょう。本当は「オンリーワンポイント」と呼びたいところですが、長いので「ワンポイント」と呼んでいます。

 眼に見えない概念や意味、信条などが目に見える世界に表れる時、それは文字や形、人物など、何らかの姿を取ります。象徴する存在、それがキャラクターです。言い換えれば、キャラクターとは、心の世界から形ある世界に出てくる意味の影、幻影なのです。


 キャラクターをシミュレーションできるようになったとしても、それだけでは、魅力的なキャラクターにはなりません。
 そこに、他の誰もがシミュレーション出来ない意外性のある事柄、個性的な発想が入っていなければ、他の人にとっても面白い特別なキャラクターにはならないのです。そこに、日常的でない非日常の世界のことや、思いもよらない発想、誰もがビックリするようなアイデアを入れてやることで、キャラクターが動きだし、ドラマが流れ出すのです。
 私はキャラクターとは「日常」にいる読者を、「非日常」の世界に引きずり込むものだと思いながら、いつもキャラクターを創っています。