※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私はコミュニケーションの出発点は、「人それぞれ、言葉から受けるイメージが違う」という点にあると考えています。「大きいモノ」「小さいモノ」と言っただけでは、皆、そこからイメージする「モノ」は大きく異なるのだということです。



 私は大阪大学のコミュニケーションデザイン・センターで、今まさにそれを研究しているのですが、コミュニケーションデザインとは、コミュニケーションの問題を一個人の努力や才能やセンスなどに頼るのではなくて、環境や関係の問題として捉えていく考え方です。