※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ...そのたのしみは、どういう種類のものかといえば、単に目をよろこばせるだけでなく、舞台で行われることを、身体で真似るところにある。いいかえれば、目と耳を媒体として、そこにあらわされた架空の世界に手ぶらで入って行くのです。よくお芝居へ泣きに行く人がありますが、あれは決して悲しいばかりで泣くのではない、そう簡単に涙もこぼせない実生活の体験が、そこで見事に再現されるのを見て、日常の生活から解放される。その共感の喜びがもたらす涙でありましょう。あの悲しみは、この悲しみによって洗い流され、清らかな姿を得て、劇場を出て行く。はたして真似たのは役者でしょうか、それとも見物の方でありましょうか。