※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

間合いを制する1

クレア「教官、いよいよ応用編の開始ですね!」

ランリート「ああ。応用編の第一回目では、間合いについての基礎を身に着けてもらうことにしよう。」

クレア「はーい!・・・でも、あれれ。応用編なのに基礎なんですか?それに、心なしか小さくなってるような・・・。」

ランリート「応用とはいえ、基礎から積み上げることが重要なんだ。あと、画面のサイズは・・・今は気にするな。でははじめるとしよう。」


ラビはもちろん、クライシスなどの PT 必須な攻略において、間合いを制することはとても重要です。

今回は、間合いについての概念と、間合いの基礎を紹介します。

間合いの重要性

クレア「あれ?教官、またまた登場しちゃいましたのですよ。今回は出番が多くて嬉しいのです。」

ランリート「ばかもの、何を通路前でつったっているんだ!部屋の敵がリンクするぞ、早くこっちに来るんだ!」

クレア「ふえ・・・?あ、は、蜂に見つかっちゃったですよ!教官助けてヘルプミー!」


・・・上の例では、通路戦でありがちなシーンを紹介しています。
例えば、通路前でいたずらに立ち止まっていると、部屋内の敵に発見されてしまうことがあります。
これは、敵の監視範囲の間合いに入っているためです。

間合いをコントロールすることは、発見されることのリスクを下げるだけではなく、PT の総合戦闘力をあげる効果もあります。

タンカーの間合い、火力の間合い

近接攻撃の間合いは、射程1m程度なので、次のように表すとします(黒い部分)
◇◆◇
◆盾◆
◇◆◇

では次にタンカーが良く使う、範囲効果のある挑発スキル「ダリングプローブ」(射程6.5m)の間合いを見てみましょう。
◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◆◆◆◆◆◇◇◇◇
◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◇◇◇
◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
◆◆◆◆◆◆盾◆◆◆◆◆◆
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇
◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇
◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◇◇◇
◇◇◇◇◆◆◆◆◆◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◆◆◆◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◇

クレア「一気に広くなったですよ。これなら、どこにいても MT の人に敵のターゲットを回収してもらえるですね。」

ランリート「いや、実はそうでもないんだ。例えばクレアの得意なファイアーボールの間合いを図示すると、かなり広く感じることになるぞ。」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆魔
◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆

クレア「うわ・・・全体の4分の1でも、とっても広く感じるのですよ。」

ランリート「だろう?だから、攻撃があたるからといって、距離を開けすぎていると、いざというとき危険になるんだ。」

クレア「なるほど、分かったですよ。でも教官、文字の縦横比が1:1じゃないから、ずいぶん縦長になってて格好悪いですね。」

ランリート「・・・ああ、そうだな。そこも、気にするな・・・思っていた以上にフォントや行間の仕様に苦しんでいて・・・ああ、いや、なんでもない。忘れてくれ。」

火力メンバーにターゲットが移った場合や、別の敵 PT に火力メンバーが発見された場合、あまり距離を取りすぎていると、
  • 前衛の発見が遅れる
  • MT がターゲットの回収に向かうまでの移動距離が長く、時間がかかる
といったリスクが出てきます。

ここで、もう一度陣形の基本の例を思い出してみましょう。
[基本的なフォーメーションの一例]
─────────────────────────────────────────────────────────
    火           敵
         支   回 敵盾敵            
    火           敵           
─────────────────────────────────────────────────────────

ランリート「さてクレア、ここで質問だ。前回、支援職は PT の真ん中に陣取るのがいいと言ったが、どうしてか分かるかな?」

クレア「当然なのですよ。支援職は、例えばプロフィット・・・つまり、教官は支援職にあたるわけですから、教官は目立ちたいのですね!」

ランリート「・・・いや、違う。かなり違うな。」

クレア「え!結構自信あったですよ・・・違ったですか・・・クスン。」

─────────────────────────────────────────────────────────
支援職の使うバフは、バッファーを中心に範囲○m、というスキルになります。
スキル範囲内に対象としたい PT メンバーが全員いるようなポジションを心がけると良いでしょう。

流動的に陣形が変わる戦闘下においては、「とりあえず真ん中キープ」という意識で動くことで、他のことを考える余裕が出るかもしれません。

覚えておきたいスキルの間合い

最後に、ラビでよく使用されそうなスキルの間合いを紹介しておきます。

[MTがヘイト稼ぎによく使うスキルと間合い]
スキル名 間合い コメント
ブレイク 1 連打可能な単体ヘイト
プロボック 10-15 ディレイ18秒の単体ヘイト
ダリングプローブ 6.5 ディレイ30秒の範囲ヘイト。最大6体まで有効。
チャージ 10 ディレイ60秒、持続15秒、範囲内に PT メンバーがいないと効果が(ほぼ)ない
ブレイブハウル 10-12.5 ディレイ30秒、範囲内に PT メンバーがいないと効果が(ほぼ)ない

[MTがタゲ回収に使えるスキルと間合い]
スキル名 間合い コメント
プロボック 10-15 ディレイ18秒の単体ヘイト
ダッシュ 12.5-17.5 素早く移動できるディレイ120秒のスキル

[火力が使うスキルの一部]
スキル名 間合い コメント
ファイアーボール 22-23
バーニングフレア 24
スナイピング 4-27 4m未満だと使用不可

[バフ系スキル]
スキル名 間合い コメント
DP系 12.5 半永続的なバフ。プロフィット。
BL:バジュラ 7.5 VITを上昇させる瞬間スキル。ビショップ。
SL系 12.5 半永続的なバフ。ソーサラー。
ST系 5 600秒の間対象の能力増加。レンジャー&テンプルナイト。
BF系 10 半永続的なバフ。レンジャー&テンプルナイト。


このページへのコメントは以下へどうぞ☆
  • だんだんと難しくなってきましたね…。私もクレアちゃん状態になってきたですよ。クスン。 -- らてぃ (2009-02-26 01:41:46)
  • 縦長だなぁと思ってたらしっかり言及しててワロタ!よく頑張ったさ…。 -- ウエモティ (2009-03-02 23:01:35)
  • 間合いについての説明がとても分かりやすいです^^クレアちゃんみたいな失敗と同じ事をよくしてた私><肝に銘じます^^; -- ちゃくら (2009-03-03 14:35:14)