※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラビでの役割


「教官、ラビリンスの敵強すぎです。さっき一人で行ったら死んじゃったですよ・・・。」

「なるほど。ラビリンスは、パーティーを組んでいくといい。そうだな、例えば───」

「おー、お友達の魔法使いさんといけばいいですね!ファイアー・ボールで黒こげにしてあげるですよ!」

「・・・。」


ラビリンスに行く場合は、パーティーを組んでいきましょう。
パーティを組む場合、大きく4つの役割に分類することができます。
自分がどの役割なのかを知ることで、無理なくパーティーに参加して、強力な力を発揮することができます。

タンカー

敵モンスターに攻撃される役割で、パーティーの壁となる役割を指します。
主にナイト系の、防御力が高い職業が担当します。
壁役が倒れてしまった場合、全滅してしまうおそれがあります。

アタッカー

敵モンスターに強力な攻撃を加える役割です。
主に魔法使いやガンナーなどの、攻撃力の強い職業が担当します。
アタッカーが力を合わせてすばやく敵モンスターを倒すことで、パーティーの窮地を救うことになります。

ヒーラー

ヒールなどで味方を回復する役割を指します。
ビショップやプリーストといった、ヒール系魔法を使える職業が担当します。
ヒーラーとタンカーは、パーティーの生命線と言えます。

バッファー

支援系魔法(※バフと呼ばれることが多い)を駆使して、パーティーの底力を上昇させる役割を指します。
ソーサラーやレンジャーといった、バフ系スキルを使用できる職業が担当します。
バッファーの数だけ、パーティー全体の能力が上昇することになります。


このページへのコメントは以下へどうぞ☆
  • とてもわかりやすいです(^.^) -- ちゃくら (2009-02-17 08:27:26)