※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

writer 音依

対戦での戦闘機

対戦での戦闘機の戦い方についてまとめたページです


戦闘機の特徴

まずは戦闘機の長所と短所をざっと挙げてみます
長所 短所
高速・高機動 攻撃・防御スキルがない
ロケットが装備可能 ミサイル・機雷が装備不可
バレルロールによる無敵時間
基本的に戦闘機は突出した性能がない代わりに、弱点もないという特徴を持っています
また、機種の豊富さから自分の戦い方に合った機体を選ぶことができるのも戦闘機の利点です


戦闘機の基本

戦闘機全般で使えるの基本的な技術を紹介します

  • ターゲット視点
キーボードでは初期設定でFキー
ターゲットに指定している相手の方を向きながら戦うことができます
一機の相手に集中する時には相手の機体の向き・軌道・距離・被弾状況などが逐一確認できるため、常時ターゲット視点で戦えるようになるとかなり楽になります
特に1:1の戦闘だとこれが使えるのと使えないのでは大きな差がつきます
自機の制御に不慣れな場合は地面に衝突するので要注意
  • ロケ爆
目標を視界に入れてロケットを発射、即座に武器切り替えで爆弾を当てる技術です
機銃と機関砲は対戦に慣れれば慣れる程狙える機会が少なくなるので自然とこの技術が主なダメージソースになります
攻撃したい相手にロケットの予測射撃をするとそのまま加速すれば爆弾が当たるぐらいのポイントに移動します
これを利用してすれ違いざまor追い越しざまに爆弾を投下すると高確率で当てることができます
慣れてくればバレルロール中に狙うことで無敵・高火力・高速の三拍子が揃った非常に有能な攻撃手段になります
  • 上下旋回
旋回の時に水平面での旋回だけではなく上昇・下降を混ぜて動く技術です
上昇・下降中は水平移動距離が短くなるので体感的には旋回性能が急激に上昇したように感じます
旋回戦ではこの技術を使うか否かで大きな差がつくので是非使いこなせるようになりたい技術です
また、上昇・下降中に加速を加えると軌道が複雑になり被弾率を下げることができます
  • 爆弾遠投
機種を水平にした状態で加速し、爆弾を投下する瞬間に機種を上げることでより遠くまで爆弾を飛ばす技術です
乱戦に巻き込まれないように高高度から投げてみたり、機雷や相手の爆弾を避けながら爆弾を当てたりする時に有効
  • 置き爆(置きボム)
自分が追いかけられてる時に急上昇、急旋回、ブレーキ等を使い追いかけてくる相手との「水平面での」距離を縮めます
その時に爆弾を投下し、再び加速すると追いかけてきた相手は爆弾に突っ込むことになります
距離を縮める時に水平面での距離ではなく直線距離を縮めてしまうと自分が被弾してしまうので注意


戦闘機を分類する

戦闘機は機体性能や装備によって何種類かに分類することができます
それぞれ戦い方や得意・不得意がありますので自分が大体どれに属するか、またよく戦う対戦相手がどれに属するかを覚えておくと良いでしょう
また、ここで挙げている三種以外にも低速度・低機動で攻撃力に特化した攻撃機というものもあります
対戦では非常に不利となるため普通はミッション・占領戦(対地攻撃)向けです
  • 旋回型
代表的な機体ではスピット・Yak-3
装備次第ではバランス機体のコルセアやウォーホークも旋回性能では劣りますがこの分類になります
  • 速度型
ムスタングB・ライトニング・La-5等の機体速度が速い機体です
旋回型と同じくバランス機体の装備を調節してもこの分類に入ることができます
  • バランス型
機動性と速度が大体同じになるように装備を調節した場合はこの分類になります
バランス機体以外では装備の%補正で特徴を打ち消すことになります


分類別の特徴

三つの分類の特徴について触れておきます
  • 旋回型
1:1のドッグファイトに強く、扱いやすいため対戦慣れするのにも向いています
欠点は速度ですが、スキルを駆使することで高速戦闘機以外が相手だと容易にカバーできます
  • 速度型
ひたすら速く、通り道を工夫すると乱戦ではほとんど捕捉されることがありません
更に速度が速い程爆弾の当たり判定が前後に伸びるため、爆弾を当てるのが得意な人が使うと恐ろしい攻撃範囲を持つことができます
欠点としては元の機動性が低く、更に速度が速くなることで旋回半径が拡大してしまうので体感では恐ろしく「曲がりません」
総じて言えば乱戦向けです
  • バランス型
弱点はただひとつ、「長所がない」ことです
バランス型というと扱いやすそうなイメージがありますが、実際には三つの分類の中で最も乗りこなすのが難しいタイプです
ドッグファイトも乱戦も適度にこなし、逃げ切る手段が少ない管制・爆撃相手に有効です


分類別の戦法・1:1

対戦の技術向上として一般的な1:1形式での戦い方を紹介します
  • 旋回型
兎に角相手の後ろを取ることが基本です
高い旋回性能に加えて上昇・下降を駆使して戦います
距離を離されてヘッドオンになった場合はかならずバレルロールの無敵時間を使いましょう
他にも距離があれば旋回中の相手にバレルロールで突撃することもできます
バレルロール中にロケット+爆弾のコンボが当てられるようになると勝率が上がります
  • 速度型
機動性で勝負されると手も足も出ないので遠距離からヘッドオンでの一撃離脱が基本になります
高速の恩恵として爆弾の当たり判定が前寄りにかなり広いので積極的に狙っていきましょう
爆撃機の機雷を避けるのが難しかったり、距離を離した所で狙撃されたりするのが注意点です
ヘッドオンで確実に攻撃が当てることができるようになると勝率が上がります
  • バランス型
旋回戦にもヘッドオンにもいつでも切り替えられるようにするのがポイントです
前提として旋回型の戦い方も速度型の戦い方もできるだけの技術が要求されます
相手の弱点を見極めることができれば勝率が上がります


分類別の戦法・乱戦

占領戦・大人数対戦等の乱戦での戦い方です
チーム戦を前提に書いていますが、対戦の個人戦でも応用が利きます
  • 旋回型
攻撃を食らわないように上下旋回を繰り返しながら地道に、確実にダメージを与えていくのが基本的な立ち回りです
性能的には一機を追い掛け回すこともできますが、横合いからの被弾を考えるとある程度人数が少なくなるまでは避けた方が無難です
スキルの急降下を使うことで使い勝手では劣りますが高速機と同じ戦法をとることもできます
  • 速度型
主戦場へバレルロールで高速突入、ロケットや爆弾を放り投げて一撃離脱が基本になります
後ろへ張り付かれることはほとんどありませんが、管制機のミサイルが後ろからついてくることがあるので振り返る距離には注意しましょう
その場で振り向く、水平に加速しながら大きく旋回して振り向く、上下旋回を混ぜて振り向くなど
振り向き方を工夫すると被弾が減ります
突入時にはなるべく敵が多いところを目指して飛び込むと狙った機体に爆弾が当たらなくても他の機体へ当たることが期待できます
突入角度を誤ると敵機のすぐ近くで失速することになるので要注意です
  • バランス型
多様な立ち回りができることを活かして、味方の弱点を補強したり相手の弱点を突いたりと臨機応変な立ち回りが可能です
スキルに急降下をセットすると高速戦闘が可能になり、インメルマンターンをセットするとドッグファイトがやりやすくなります



名前:
コメント: