|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

テスト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この対戦では選手が致命傷を負ったり死んだりすることがあるが株式会社アルファプラスによる最新のバイオテクノロジーにより1週間以内に回復、生還させることができる。
具体的に説明すると、事前に参加選手(ここでいう参加選手には直接試合に参加しないパソコン部や放送部なども含まれている)の皮膚細胞及びDNA(デオキシリボ核酸)を採取し液体窒素により冷凍保存する。
万が一選手が死亡もしくは致命傷を負ったのならば事前に採取しておいたDNAを使用し生還、回復させる。記憶や性格なども何も変わらないのだという。
どのようにして回復、生還させるかは企業機密なのだが成功率は99.999999999%だと言われている。
この技術により合計3508人の命が助かった(株式会社アルファプラス調査)。

作者{まるでSFみたいな話で無理があるけどごめん}