C-pop入門講座(3)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

C-pop入門講座(3) 日本国内 来日コンサート攻略


 【一般発売前】 先手必勝!! 先行予約で差をつけろ。


  コンサートのチケット入手。最近では「先行予約」に占める割合が大きくなりました。従来からあるテレビ・ラジオ、雑誌はもちろん、インターネットの普及によって、主催者や関連会社がネットで直接販売するようになっています。実際、一般発売までにチケットの売れ行きが読めれば収益の安定にもなりますし、追加公演の日程確保にも有利になるというのは分かるのですが、ここまで先行予約全盛の時代になると、一般発売前におおよそのチケットが売れてしまう…という、なんだか不思議な状況にも感じられます。

 さて、「C-pop University 中華流行歌曲大学」設立から、11年。 (※2008年執筆当時)

 私設ファンクラブが来日公演の周知に協力するということは当時も数多くありましたが、私設ファンサイトそのものが先行予約(C-pop Univ.では「先行頒布」)を受け付けるということは、前例がありませんでした。今やChinese popsの来日公演では最も積極的かつ継続的に先行頒布を行っている組織の一つに数えられるようになりました。来日公演にとどまらず、非公開のショーケースライブや、ラジオの公開録音・生中継に広範囲に展開してきたのは、C-pop Univ.が総合的なChinese popsファン組織としての実例を蓄積してきた結果だと自負しています。

 

 まぁ、先行頒布に「宿題(=ファンとしての熱い思いを書け)」提出を求めるのを、ウザイと感じる方もいるでしょうが。
 ちょっとアナログなやり方が性分に合っているもので。

 

 ウザイと思う人にも、選択肢が増えるという、嬉しい変化が出てきています。

 近年、私設ファンクラブ・ファンサイトと、主催者とが連携して先行予約の窓口になっているケースが多くなりました。主として、主催者側のチケット販売システムにリンクを張っていく方法ですので、一般的なプレイガイドと同レベルの質を保つことができ、省力化も可能であるので、この方法は今後さらに増えることでしょう。信頼できる私設ファンクラブ・ファンサイトであれば、申し込みをして、情報収集やチケット購入をするのもアリだと思います。

 しかし、こうしたシステムが確立されるようになると、それを悪用し、私設ファンサイトを騙ったフィッシング詐欺も起こります。私設ファンサイトは、これまでの設立・活動の経過や実績を十分見極めるようにされることをお勧めします。その上で、参加するに足るという判断ができるようであれば、ぜひ積極的に参加してください。ファンとして応援しようという熱意の分だけ、情報の早さも質量も桁外れであるはずです。


【一般発売】 …まぁ、特にコメントはありません。


(主なプレイガイド)
 チケットぴあ http://www.pia.co.jp/
 ローソンチケット http://l-tike.com/
 イープラス http://eplus.jp/
 CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/


【一般発売後】 オークションで購入可。ただ、道義的にはどうなの?


 一般発売後、チケットの余裕があれば、プレイガイド経由での購入はできますが、席が悪かったり、売り切れて公演自体が観れないという事態も出てきます。
 最近ではヤフーオークション等のオークションサイトを利用して、チケットを競り落とすという方法も気軽にできるようになりましたが…ファンクラブ枠で取ったチケットを、差益目的で、それこそ「左から右へ」横流しする傾向もよく見られるようになりました。そのすさんだ状態は、Chinese popsファンとして、目を覆いたくなるようなモラルハザードにしか思えないのです。

 顕著な例をご紹介しましょう。台湾の男性アイドルグループの一例です。
 1.来日公演のチケットを目当てに、個々人に設けられているファンクラブに加入
 2.一番人気のファンクラブ先行枠で外れても、他のメンバーの枠でチケットは確保
 3.だぶついた座席はオークションで高値売却

 こともあろうに、本命以外のファンクラブ加入を、彼女達は「保険」と隠語を使って表現しているのです。

…グループ名は明記しませんが、この4人組の先行頒布について、C-pop Univ.では行いませんでした。これがファンの愛し方なんだと言われればどうぞご勝手に。ただ、それに巻き込まれるのはまっぴらごめんです。強制はできませんが、できることなら定価もしくはそれ以下で譲るようなサイトを利用してほしいなと、先行頒布の世話役として個人的に思うのですが、いかがなもんでしょうか。


 (更新:2008年7月8日)