|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

「FFTA the best reports」

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「#0 旅を始める前に」

「あーうん。こんちわ。今日もお日柄良く……そんな事はどうでも良いな。フォトンクランのエメットだ」
「エメット……どうして一人で突っ込んでいるの?……ちょっと寒い」
「……うるさい、カロ」
「えーと、とりあえず私カロが説明しますね。この“FFTAthebestreports”は管理人の妄想90%で作られた派遣クエストのレポートです」
「最早再三妄想とかいうレベルじゃないが……“兵どもの祭り後”をミステリーか何かに置き換えるプランさえあったらしい……」
「……どうやって?」
「……俺とローを清掃員にして街の問題を見つめかつそれについてシリルタイムスに投稿するという……」
「それ、もはやFFTAじゃないし……まあとにかくここは、この小説に登場するキャラの紹介欄ね」

【登場キャラ】
01-マーシュ・ラディウユ
容姿:金髪。一般的なイヴァリースの少年と同じぐらいの体型。色白。
性格:温和。正義感が強く自分が思う正しさへ突っ走る。そのせいで周りに心配をかける事もしばしばであったり。二つの世界のどちらも愛している事に余計な苦しみを感じている。が、その痛みは誰にも言わない。沈黙した彼は、一人彼の中で苦しんでいる。
ジョブ:闘士【アダマンブレード×両手持ち】
台詞:「——僕は、いつまでも弱い僕だ……」
特殊技能:「戦闘」「探索」。好奇心旺盛な一面から深くまで入りやすい。

02-エメット・ヴィルヘルム
容姿:紅いボサボサの髪。やや長身。色白。少年のような顔つき。眼は赤。
性 格:何事にもアンニュイな物腰。その割りに何故か責任感が強く実は熱血。その両面から誤解される事多々。人並みに腹黒。人以上に料理は出来たり。暴走気味 なクランメンバーのストッパーも出来たり。本業鍛冶屋で鍛冶関係のクエストは全部彼がこなす。その上か剣術も出来る。要は万能人間。元傭兵で戦場から逃走 した過去有り。マーシュには彼の思うなりの所があるらしく少々厳しめ。つまりは愛情の裏返し。出身地はアイセンの部落。
ジョブ:闘士【赤のエーヴュア×青のエーヴュア二刀流】orパラディン【剣聖剣×両手持ち】
台詞:「剣聖になるのは御免だが、鍛冶屋の聖なら悪くないかもな」
特殊技能:「戦闘」「鍛冶」。プロフェッショナルの腕。

03-モンブラン
容姿:やや色黒のモーグリ族。ポンポンはオレンジ。小柄。
性格:明るく優しいモーグリ族の青年。ノノの兄。下の名前は何故か誰も知らない(決して管理人が公式設定に下の名前が無いことに焦った訳ではない。
鋭い洞察力を持ちながら柔らかい物腰を併せ持つ事から交渉が非常に得意。マーシュの事を支えたいと彼の身を案じている。
そこそこ一流の魔道士ではあるが、本来は楽師だったりもする。得意分野は竪琴。知識豊富。主なジャンルは音楽・天文学・文学。さりげにロマンチストである。
ジョブ:黒魔道士or時魔道士【星屑のロッド】or動物使い【妖精のハープ】
台詞:「とりあえず今するべき事をする。これがモグ達が尽くせる最前の事クポ」
特殊技能:「交渉」「魔法」。クラン交渉や物品の値引きが得意。

04-モーニ・ウィバル
容姿:ごく一般的な砂色の肌をしたバンガ。眼は茶色。
性格:バンガには珍しく落ち着いていて寡黙なタイプである。元王宮兵士だったが上官の責任を背合わされ追放、その後クランに入る。そのせいか権力に対して否定的な思考を持つ。
デライラ出身で里の束縛的な法を嫌い逃亡したが竜に関しては未だに愛着があるようで暇が有ればモンスターバンクの竜と時を過ごしていたりする。
槍術も一流。豪快な太刀筋と巧みな槍裁きで飛翔する。巨大槍を気軽に一閃する所から切り込み隊長をこなしている。
自由を好み束縛を嫌がる。最もこれは他のメンバーも同じだが。
台詞:「つまりは……俺達の存ン在は最初から星くずみたいな物だって事か。それでも良いンじゃないか。俺は今ここにいるンだからな」
ジョブ:竜騎士【オーディンランス】

05-カロリーヌ・レイジング
容姿:白い髪をしたヴィエラ。やせ形。優しい顔立ちをしている。長髪。眼は茶。
性格:世間一般的に天然と称される可能性有り。その割りに意志が固く頑固。自分が正しいと思った道を何の躊躇いも無く突っ走るため時折エメットのフォローが入れられている。通称カロ。
出身はミュスカデ。召喚士の一族に生まれ自身も修行としてクランに入った後目標の召喚士となる。名家レイジングの女性には珍しく自由奔放勝手気まま。気品ってどんなのだろう?状態。表裏や屈託も無い明るい生き方である。
割と洞察力が鋭く人の痛みが分かる。マーシュの痛みにも気づいておりモンブラン同様彼を支えてやりたいと思っている。又恋愛関係の依頼に非常に強いだけでなく人間関係が関連するトラブルなら全て彼女の手中に入る。
特技:「交渉」「魔法」。人の痛みが分かる人。
ジョブ:召喚士。【ドリームエイド】最近のお気に入りは「シヴァ」。
台詞:「人は誰だって一人じゃ生きていけない生き物なんだ。そこが他の生き物と違って一番弱い所だしでも強いところでもあるんだよ」

06-マッケンロー・レイクティア
容姿:小柄なン・モウ族。灰色の毛並みを持つ。眼は青。
性格:学才溢れるン・モウ族の青年。学術は勿論学術士や錬金術士としての魔術にも非常に長けている。また知識が異様な幅広さを持ち特に植物学・鉱石学に詳しい。完全な活字中毒で最近は世界百科事典に眼を通し始めた。性格は穏和で優しい。通称、ロー。
錬金術士としては一流で暇さえ有れば石ころを採取して何かを作っている。クランの内部で作った彼の作品は何故かアクセサリとしてカロに持っていかれたりもするが彼は気にしない。彼は完成品ではなくプロセスに最も幸福を感じるからだ。
学術士としては最近論文を書き始め苦戦しつつも楽しんでいるようである。論文のテーマは地学。暇さえあればこっそりローダ火山にまで言って研究データを採取している。中途半端なトリックスターだったり。
ジョブ:錬金術士or学術士【メイスオブゼウス】
台詞:「世界の真理は常に湖底の青よりも美しいものです」
特技:「魔法」アイテム生成担当。

【古本屋の書棚】
「FFTA the best reports」

-----------------------
【街路】
古本屋前の酒場
「寂れた船着き場」