F.C.R @Wiki バニルミルト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バニルミルト

  • スライムのような姿をしている万能型ホム。
  • 主に特殊な状況を発生させるスキルを使う。
  • 長所:AGIとVITが両方高いため、他種に比べて非常にタフ・攻撃/回復魔法を使える
  • 短所:スキルが安定しない・自己回復スキルは未実装
  • 平均的なステータスを持つ万能型。しかし、初期ステは悲しいほど低く、上がるまでがつらい。
    しかし、成長率は一番高いのでステが整いはじめる中盤以降どんどん強くなっていく。
  • 魔法攻撃は硬い敵やHITが足りない敵に有効。もっともそんな敵を狩りに行くかは疑問。
    高MDEF・高Lv闇聖属性には無力。属性ランダムなので4属性相手にも不安定。
  • ステータス的にはぶっちぎりのトップに成長するが、スキル面の不安定さがネック。
    それでも十分強いので主人の戦闘能力が低いタイプにとっては心強い相方になる。
  • 他の種類にはない特徴として、その満遍なく高いステータスにより、Lv90を超える頃には石化・凍結以外の状態異常にかからなくなる。
  • 製薬ケミのLv上げにオススメ。高Lvになればちょっとやそっとでは死なないので安定と隣りあわせで居たいならこっち。
  • 対人で安定した強さ(特にGv)を求めるならこっち。
    ホムはシーズ補正が利かないので魔法攻撃が超強力。HPの低い後衛相手なら瞬殺も可能。
    奥義スキルを使えばGvでエンペに群がる人などを木っ端微塵にしたりも・・・
  • 成長率次第では取り巻きの弱いMVPボスなら取り巻きごと抱えられるほど頼もしくなる。
  • 餌はセルー。安価だが、いつの間にか青ぽの材料の分がなくなっているなんてことも。
  • 別名
    共通:スライム
    原種:(進化前)梅ゼリー・羊羹・あんこ玉・煮こごり・葛きり (進化後)プレコ・コイキング
    亜種:(進化前)なめくじ (進化後)巨神兵・スプー・腐り蝿
  • 小型・無形・無属性
初期ステータス
HP SP ATK MATK HIT CRI DEF MDEF FLEE ASPD STR AGI VIT INT DEX LUK
80 11 24 15 12 4 13 2 12 133 11 11 11 11 11 11
ステータス上昇傾向
HP SP STR AGI VIT INT DEX LUK
90 4 A A A A A A
A=とてもよくあがる(10Lvで10程度)

スキル

カプリス(Caprice)

系列:アクティブ
消費SP:20+SLv×2
最大Lv:5
取得条件:なし
詠唱時間:なし
スキル使用後ディレイ:レベルにより変化 Lv5で体感2~3秒
ランダムでボルト類スキルの中の1つが発動される。発動するボルトのLvはカプリスのLvで決まる。
Lv 1 2 3 4 5
発動ボルトLv 1 2 3 4 5
消費SP 22 24 26 28 30
  • 備考
    発動するボルトは火・水・風・地の4属性。
    ディレイはマジ系スキルと同じようにボルトLvが高くなるほど長くなる。
    魔法攻撃なので相手のFLEEに依存しないが、属性攻撃である以上、属性相性があり安定しない。
    高Lvモンスターは高MDEFや聖・闇が多く、終盤つらい。
    フィーリルのムーンライトと違い、レベルの使い分けはあまり考えなくてもいい。
    一方、対人になるとそのランダム性から相手にとっては対策が取りにくく非常に厄介な攻撃になる。
    INT成長率が高い個体だと低HPの後衛キャラなら一撃死させるほど。
    盗作は可能だが、覚えるのは普通のボルト4種類のどれか。
    ちなみにカプリスとは「気まぐれ」という意味。
  • カプリス平均倍率表
平均倍率 属性
1.25倍 不死4
1.1875倍 不死3
1.125倍 不死2
1.0625倍 不死1
1.0倍 無1~4 地1 毒1~3 闇1 念1~4
0.875倍 水1 地2
0.8125倍 火1 風1
0.75倍 聖1 水2~4 地3~4 火2~4 風2~4 毒4 闇2
0.5倍 聖2 闇3
0.25倍 聖3 闇4
0倍 聖4
  • 安定感のない印象が強いカプリスだが、ほぼ全ての属性に対して実際の攻撃力低下は25%以下。
    (マイナスの%が0%まででとどまるため)
    特に苦手な聖2↑、闇3↑以外は属性相性を気にする必要はなし(もっともケミでは狩らない気がするが)
    むしろ、敵のMDEFのほうが重要。

カオティックベネディクション(Chaotic Venediction)

系列:アクティブ
消費SP:40
最大Lv:5
取得条件:カプリスLv3
詠唱時間:なし
スキル使用後ディレイ:体感0.5~1秒
主人の敵・ホム自身・主人のターゲット中の1個体に一定確率でヒールを掛ける。
Lv 1 2 3 4 5
使用ヒールLv 1 1~2 1~3 1~4 1~5
50% 40% 25% 36% 33%
自分 20& 50% 25% 60% 34%
主人 30% 10% 50% 4% 33%
  • 備考
    現在はホム自身にヒールしたとき、ホムのHPが回復しない不具合がある。
    PPと同じく聖属性ではないのでMOBは不死でも回復する。
    主人がドル服でも回復する。
    対象Mobがいない場合はかわりにホム自身にヒールする。
    ディレイがなく、連発できる。使用するLvの調整は可能。
    今のところ、戦闘終了後の主人のHPを回復させるのに使うのがもっとも有効。
    婆園などカプリスが効きづらい場所ではホムSPは全部CVにまわしたほうがいいかもしれない。
    敵がいない状態で主人のHP回復の確率&SP効率はLv3>5>>1>2>4

チェンジインストラクション(Change Instruction)

系列:パッシブ
最大Lv:5
取得条件:カプリスLv5
ホムのINTとSTR数値が増加する。
Lv 1 2 3 4 5
Int増加 1 2 2 4 5
Str増加 1 1 3 4 4
  • 備考
    不具合により、ホム再生成後にStrへの補正が適用されなくなる。LvUPするとまた適用される。
    LvUP直後の計算式は
    ・最大ATK=Lv+STR(CI適用)×2+STRボーナス(CI適用)
    ・最小ATK=DEX+STR(CI適用)+STRボーナス(CI適用)
    ホム再生成後の計算式
    ・最大ATK=Lv+STR(CI抜き)×2+STRボーナス(CI抜き)+CIでのSTR増加
    ・最小ATK=DEX+STR(CI抜き)+STRボーナス(CI抜き)
    INT補正はコールホムや戦闘突入で再適用される。
    ただし、CVのヒール回復量計算には適用されない。

バイオエクスプロージョン(Bio Explosion)

系列:アクティブ
消費SP:1
最大Lv:3
取得条件:進化後親密度が「きわめて親しい」になる直前の餌やりのあと(この時点ではまだ「親しい」)に自動的にスキルリストに現れる。
詠唱時間:なし
スキル使用後ディレイ:なし
ホムのMHPに比例したダメージをホム周辺11×11マスに与えてホム自身は自爆する。防御無視ダメージであり、自爆後の親密度は2になる。
Lv 1 2 3
ダメージ倍率 1倍 1.5倍 2倍
  • 備考&確定事項
    • 詠唱時間がない
    • 甚大なダメージを与えることが出来るが親密度は2になる。
    • 親密度が451以上ないと使用不能。(普通になってから餌200個)
    • 発生するダメージの性質はいくらに準じ、種族が人ではないのであれタラなどを貫通する。
    • エフェクトはイクラやMobの自爆スキルと同じだが、火属性ではなく無属性攻撃。
    • うっかり空腹状態で使うと逃げられるので注意。
    • Lv選択可能だが、通常の状況では全く意味がない(与えるダメージが減るだけ)
    • イクラと同じように通常フィールドで他のホムを吹き飛ばすことが可能。
    • ゴスC、レイドCで軽減可能。
    • Pvではイクラと同じく、味方(主人含む)にも被害が及ぶ。
    • 爆発範囲は11×11。Pvできのこを植えて試したところ、11×11。
    • イクラと違ってGG時間外に砦内で人を倒す事ができない。ちなみにホムは吹き飛ぶ。
    • 隣だとSWで防げる。
    • モンスターレースのMobは自爆で倒せない。
    • カウプで回避可能
    • ホムMHP依存のダメージ。ホムの現HPが減っていてもダメージは減らない。
    • 自爆ダメージにばらつきがある。
  • 不確定事項
    • シーズモードにおいてカウプで回避可能か
    • ホルン盾の判定
    • 自爆ダメージの正確な計算式