トップページ

wiki掲示板
雑談所
スレ立て相談所
フレンド募集スレ
対戦&ゾンビ募集スレ
クラン戦募集スレ
クラン登録用スレ

■全般
ゲーム概要
操作一覧
よくある質問
プレイ上でのマナー
入門講座
用語集
DLC情報

■キャンペーン
ストーリー
武器一覧
ベテラン攻略
機密ファイル
データベースサーバ

■マルチプレイ対戦
ゲームモード一覧
登場勢力
武器一覧
Perk一覧
キルストリーク一覧
マップ一覧
チャレンジ
コントラクト(契約)
勲章一覧
プレステージ
マルチプレイ中のセリフ
エンブレムエディター
トレーニング
シアターモード
パッチ内容
マルチプレイTips
マルチプレイ小ネタ
ドミネーション指南
サーチ&デストロイ指南

■ゾンビモード
ゾンビモードについて
ゾンビモードのルール
ゾンビモードの世界設定
ゾンビモード中の台詞
ゾンビモードの武器一覧
アイテム一覧
Perk a Cola一覧
敵一覧
Dead Ops Arcade
ゾンビ小ネタ

■コミュニティ
■ PS3クラン一覧
大会一覧

■その他
シングル小ネタ
マルチ小ネタ
ゾンビ小ネタ
ゾンビマップ人気投票
実績・トロフィー
リンク


■管理
メニュー
練習用ページ
@ウィキ ガイド

アクセス
今日 -
昨日 -
総数 -
From May 31. 2010

今日の人気ページ
総合人気ページ

更新履歴

取得中です。


リンク


他のサービス








各Perkをプロにするにはチャレンジクリア後に3000CPが必要。
プロ化するデメリットは基本的にCPを使うこと以外無い。

Perk 1

Perk1はキャラの外見にも影響する。
Ghostならギリースーツを纏い、Flak Jacketなら対衝撃スーツを装着する。

画像 名前 効果 CP
ライトウェイト
Lightweight
移動速度が7%上昇 初期
考察 目的地まで素早く移動したり、敵の追跡を振り切ったり、追跡したりと戦術的に応用が利く。ADS移動速度の速いSMGとハンドガンと相性が良く、次点で、ショットガン、各種アキンボなどのように腰撃ち運用が基本の武器類だと高い回避速度を活かせるため戦闘においては大きなアドバンテージとなる。逆に、ランチャー系やLMGのように移動しながらの運用に向かないものは恩恵を受けづらい。
ライトウェイトプロ
Lightweight Pro
落下ダメージが無くなる 3000
考察 落下ダメージが完全に無くなるので、マップによっては有効なショートカットが使用できる。高所に陣取る事の多いSRは特に恩恵が大きく、銃撃を受けてしまった場合などでも、素早く飛び降りつつ体力の回復を行う事が可能で、サブのHGとも相性が良い。
 〃 Pro化条件 近接15キル
ダメージを5回回復
オフェンスメダル10回
スカベンジャー
Scavenger
敵味方の死体から出現する袋から弾薬(1マガジン分)と殺傷グレネードを補充できる
ランチャー類の弾薬は補充不可。
2000
考察 基本的に所持できる上限までの弾薬が補充可能。ウォーロードプロと併用すると殺傷グレネードも増えた分まで補充可能。殺傷グレネードを多用したり、弾切れに陥りやすいLMGやラピッドファイア装着SMG、武器を捨てられないウォーロードを装備する場合、高キルストリークを狙う場合に有効だろう。未プロの場合、袋の回収の手間があるので注意。今作では弾薬等が最大まで所持している状態でもバッグを回収してしまう。ジッパーを開く音は全員に聞こえてしまうためサーチ&デストロイやFFA、ハードコアルールでの運用は危険。
拡張マガジンを使用している場合、増えた分もきっちり1マガジン分として補充できるので効率が良い。M60拡張マガジンと併用すると1バッグ200発補給というトリガーハッピーには嬉しい仕様。逆に装弾数が少ないOLYMPIAでは補給しても2発しか手に入らないため効率が悪い。ちなみに、補給されるのは予備弾(30/90←コレ)であって、マガジン内の弾薬は補給されないのでバッグを拾い続ける限りリロード不要になったりすることはない。
スカベンジャープロ
Scavenger Pro
初期所持弾数が増える。
戦術グレネードも補給できるようになる(ウィリー・ピートを除く)
3000
考察 戦術グレネードも補充出来るようになる。ランチャー類の武器の初期装備弾数も増えるので、航空機を多く撃墜したり、フラックジャケットが耐えられないほどの爆発物を撃ち込んだり出来る。袋を回収しなくても弾切れの心配はほぼ無くなり、拡張マガジンと組み合わせての強力な援護射撃や、連戦での各グレネード類連続使用など長期戦で活躍する。
 〃 Pro化条件 150回補給
補給したフラグかセムテックスで5キル
死なずに5連続キルを5回
ゴースト
Ghost
Spy Plane(UAVに当たるキルストリーク)に映らなくなる。Blackbirdには映る 2000
考察 サプレッサーとハッカープロを組み合わせることで、敵ミニマップに表示される事をほぼ防ぐ事が出来る。偵察機が飛んでいない状況や、味方のサムターレットが設置されている状況ではほとんど意味が無いので、相手がSPを大量に要請してきたり、撃ち落しにくいマップでの切り返す手段として活用しよう。ただ、ゴーストでない味方が狙われる確率が大幅に上昇するため、仲間への援護は怠らないように。長時間無防備となる操作系や物資系のキルストリークを使用する前に切り替えるのも有効。
ゴーストプロ
Ghost Pro
敵の攻撃ヘリ、セントリーガン、IRスコープに検知されなくなる。犬には攻撃される
敵にクロスヘアを合わせられてもクロスヘアが赤くならず、名前も表示されない
敵ヘリガンナー・ガンシップの視点においても、赤枠が表示されない。
3000
考察 ほとんどのキルストリークに狙われなくなる。敵にクロスヘアを合わせられてもクロスヘアが赤くならず、名前も表示されないので煙幕などに隠れる場合に有効。このことにより敵偵察機が飛んでいない時も有効なperkとなった。ただしブラックバードには無力。戦線を押し込まれている場合の切り返しなどに活用しよう。
 〃 Pro化条件 敵のSpy Plane、ブラックバード飛行中に20キル
敵航空機を自分で(キルストリークを用いずに)30機破壊
セントリーガンを1門破壊
フラックジャケット
Flak Jacket
爆発物によるダメージを65%軽減する
ハードコアルールにおいては91%軽減
2000
考察 単体でのクレイモアで即死することはなくなり、RC-XDの密着爆発や、迫撃砲・ローリングサンダーの直撃以外ならば耐えられる。それでも至近距離で爆風を食らえば大きなダメージを受ける。ヘリガンナーなどの攻撃にも耐性がつくので、強引に対空ランチャーを撃ち込んだりできるが、大量・大火力の爆発を連続で浴びれば耐え切れないので、複数のクレイモアやC4、フラグの集中攻撃には注意。特に密集戦になりやすいヘッドクウォーターや、グランドウォールールでの運用に適している。その他、自身が爆発物を扱う上での自爆防止にも。
フラックジャケットプロ
Flak Jacket Pro
火によるダメージを95%軽減する
フラググレネードを投げ返す際に信管をリセットする(爆発まで2秒未満の場合、2.5秒になる)
3000
考察 ナパーム攻撃でまず死ぬことはなくなり、火炎放射器などの火によるダメージを1桁台まで落とすことが可能。ただし、無効では無いのでセカンドチャンス中は耐えられない。フラグの信管リセットは自分の投げたフラグでも有効。特に大量にフラグがとんでくるヘッドクウォーターなどでも役に立つ。
 〃 Pro化条件 爆発物から10回生存
Demolition、Sabotage、Search and Destroy等で爆弾を10回設置or解除
敵のフラグを5回投げ返す(握った時点でカウント)
ハードライン
Hardline
キルストリークの必要キル数が1減る 2000
考察 2キルストリークで偵察機とRC-XDを呼べるようになるので側面を取る機会の多い乱戦などだと高い効果を発揮する。ただし、戦闘に強くなるわけでもなく防御力が上がるわけでも見つかりにくくなるわけでもないので注意。低キルストほど恩恵が大きく、長期生存狙いだと、効率が下がる。
ハードラインプロ
Hardline Pro
5連続(Hardline装備で4)キルストリーク・支援物資の中身を1個につき1度変更できる(リロードボタンダブルタップ) 3000
考察 救援物資の中身が変更可能になり、4キルストリークで高キルストリークを呼べる確率が上がる。変更表はキルストリーク一覧のページ下を参照。
救援物資であれば自分が要請した物で無くてもチェンジ出来るので、チームの変更係になるのも効率的。味方の物はもちろん、敵の物まで変更できる。が、みすみす敵に高キルストリークを献上するようなことにならないように十分に注意する必要がある(これを逆手にとって、敵高キルストリークを横取りする暇は無いが妨害したい場合、すり替えてしまうのも面白い手)。
 〃 Pro化条件 死なずに7連続キル
1試合中にキルストリークを7つ取得(使用しなくても入手した時点でカウントされる)
物資を10回味方に譲る

Perk 2

画像 名前 効果 CP
ハード
Hardened
弾丸の貫通能力が二倍に上昇する
通常貫通しないオブジェクト(ドラム缶やコンクリート塀など)も貫通可能になる
初期
考察 貫通力が二倍になり壁越しでのキルや装備品破壊がしやすくなる。サーチ&デストロイなどの正面で障害物を挟んでの撃ち合いでは、有ると無しではダメージ効率が雲泥の差となる。。15cm幅のコンクリート壁でのハード装備時の貫通キルの致死弾数の目安。()内は威力、SMGとHG(20)17発、キパリス(20)8発、AR(25)7発、ARとパイソン(30)6発、LMGとAR(40)4発、M60(50)4発、デスマシーン(80)3発となっている。特に精度は荒いが、余剰火力の大きな軽機関銃との相性が良い。一方でHG、SMG、SRなどとは基本的に相性が悪い。ちなみに、ハードを装備していない場合は、これら目安の約二倍の命中弾が必要となる。※貫通しているエフェクトになっていても実際は貫通していない場合があるので注意。
ハードプロ
Hardened Pro
敵キルストリークへ与えるダメージが25%増加
被ダメージ時のひるみ(画面のブレ)を80%軽減。
3000
考察 航空機の耐久力が非常に高く、銃撃での撃墜は非効率。ランチャー類を素直に使用した方が良いだろう。車などの車両へのダメージ増加は無い。被ダメージ時のひるみ軽減はあくまで視点のみに効果があり、被弾時の集弾率低下を抑えるといった効果は残念ながら無いが、被弾中でも、相手を見失いにくくなり狙いやすくなる。
 〃 Pro化条件 貫通した弾丸で10キル
敵航空機に200発の弾丸を撃ち込む
貫通した弾丸で敵デバイスを破壊
スカウト
Scout
息を止められる時間が上昇する(+5秒で10秒) 2000
考察 息止めの容量が増え、より正確な狙撃がしやすくなる。完全に手ブレが収まるには、約4秒間必要となり、デフォルトだと1秒間しか猶予が無いが、これを装備すれば、丸々5秒間延長されるので、長時間ポジショニングしてのピンポイント狙撃を行う場合は必須のperkといえる。ADS移行に時間のかかるSRでは、息止めを併用してのポジショニングショットが基本である点も考慮しよう。もちろん息が切れた直後はブレが大きく、次に止められるまで時間がかかる。ARのIRスコープや可変ズームなど、息止め出来るものならどれでも効果が適用される。
スカウトプロ
Scout Pro
武器(装備品含む)の切り換え時間を50%短縮 3000
考察 武器や装備品、航空支援要請ビーコンの収納、展開が二倍の速度になり、武器変更の隙を大きく減らす事が可能。アンダーバレル系への変更、各グレネード投擲速度上昇、ハシゴや段差昇降時の隙なども大きく減る。SRで即死を取れなかった敵へのサブでの対処や、落ちているプライマリ武器を拾って交互に使用する場合などにも高いポテンシャルを発揮する。セカンドチャンス時のハンドガン取り出し速度も倍速になるので、パイソンなどと組み合わせると脅威となる。C4やモーションセンサーを多用する場合にも便利。ナイフキャンセルや、リロードキャンセル、武器変更キャンセルなどの各キャンセルの速度も大幅に上昇する。特に手ブレが大きくサブでのバックアップが必須のL96A1を使用する場合に強く装着を推奨。
 〃 Pro化条件 セカンダリ武器で50キル
ワンショットワンキルを50回
30ヘッドショット
照準安定
Steady Aim
クロスヘアが65%に縮小し、腰溜め撃ちでの命中精度が上昇する 2000
考察 クロスヘアが小さくなり腰だめの精度が上がるだけではなくSGの集弾率が変化。変化率はここのショットガンを参照。もちろん遠距離戦闘ではほとんど効果が無い。
照準安定プロ
Steady Aim Pro
走った後に武器を構えるまでの時間を40%短縮
ナイフを振った後の隙が50%短縮
3000
考察 ダッシュから発砲可能までが素早くなり、ナイフ攻撃後の武器の再展開が2倍の速度になる(ナイフを振る隙自体は軽減されないので、ハンドガンなどだとあまり恩恵が無い)、ダッシュを多用する場合や、AR、LMGで格闘距離に対応する場合に有効。SRだとダッシュからスコープを覗く動作が僅かに早くなる。息止め可能になるまでの時間とADS移行時間が短縮されるわけでは無いが、ノースコープ撃ちでの命中率は大きく上昇し、HG運用との相性も良いので一考の価値はある。
 〃 Pro化条件 近接攻撃でキルしてから、更に5秒以内に近接攻撃キル
走った直後に100キル
腰だめで150キル
早業
Sleight of Hand
リロード時間を50%短縮 2000
考察 武器のリロード時間が半分になり不意な弾切れ時の無防備な時間を大幅に短縮出来る。スピードローダーを装着していないパイソンや、M60など極端にリロードが遅い武器などだと効果が高い。ランチャーやスペシャル枠の武器にも効果が適用される。
早業プロ
Sleight of Hand Pro
サイトを覗くまでの時間を50%短縮
SRには適用されない。
3000
考察 サイト、スコープ(SRを除く)を覗く所要時間が半分になるので、とっさに構えた時の命中精度が大きく上昇する。障害物の無い見通しの良い場所での効果が特に大きい。しゃがみ、伏せに体勢移行すると、再度覗き込み移行時間がかかるが、このperkを装備していれば、弾の散りを最小限に抑える事が可能。移行速度の遅い軽機関銃やACOGズームなどでの運用が特に効果的。SRにはあらゆるアタッチメントをつけても効果が無い。
 〃 Pro化条件 サイトを覗いて150キル
リロード後5秒以内にキルを30回
ダメージを与えた敵をリロード後にキルを10回
ウォーロード
Warlord
プライマリ装備にアタッチメントを2つ装着できる
ただし、マスターキー、グレネードランチャー、火炎放射器、デュアルは不可。
拡張マガジン・デュアルマガジンとラピッドファイアは併用不可。
2000
考察 アタッチメントを二つ装着させる事により、銃の性能を底上げする事が出来る。アタッチメントが二つ必要となるので若干CPに厳しい。一部、併用不可な組合わせがあるので注意。弾切れ時に武器を廃棄しなければならない状況と、自分の落とした武器を敵に拾われてしまうデメリットも考慮する事。出来ればスカベンジャー(プロ)と組み合わせたい所。
ウォーロードプロ
Warlord Pro
殺傷グレネード(トマホーク含む)、戦術グレネード(スモークを除く)の所持数が+1 3000
考察 各グレネード類の所持数が増えるので、継戦能力、間接攻撃が強化される。スカベンジャープロとも非常に相性が良い。NOVAガスも二つ所持出来るようになる。
 〃 Pro化条件 アタッチメントが2つ付いた武器で150キル
フラグかセムテックスで10キル
フラグかセムテックスで2人以上同時にキル

Perk 3

画像 名前 効果 CP
マラソン
Marathon
スプリント距離が二倍に増加する 2000
考察 大幅に立ち回りが強化されるが、連続でスプリントしたり、ジャンプすると息切れするので注意。スプリントから攻撃まではタイムラグがあり、歩いている相手などに出くわしてしまうと、大きく不利になってしまうので注意。照準安定プロとの併用でスプリント硬直を半減可能。
マラソンプロ
Marathon Pro
スプリント距離が無限になる 3000
考察 スプリント距離が無限なので敵の陣地の側面に迂回したり、オブジェ系ルールの目標に素早く到達する為に利用したりと便利。ジャンプの着地後も素早くスプリント可能になる。ただし、ダッシュ後の隙は相変わらずなので注意が必要。
 〃 Pro化条件 26マイル走る
First Bloodを10回
CTFで15回旗を奪取(奪い、自陣に持ち帰る)
ニンジャ
Ninja
足音が75%減少 2000
考察 足音が減少することで相手に見つかりにくく、敵の動きを察知しやすくなる。足音から敵の位置を判別できる人に対して特に有効。
しかし騒音の多い激戦地ではあまり役に立たない。比較的静かな戦場になりやすいフリーフォーオール、サーチ&デストロイなど単独行動向きのperk。
ニンジャプロ
Ninja Pro
足音を含め一切の動作音がしなくなり、敵の動作音が2倍になる 3000
考察 リロード音や足音で敵がだいぶ分かるようになる。5.1chサラウンドヘッドフォンなどを併用すれば強力な索敵効果が得られるが、うるさい銃器(特にM60)が暴れていると耳をつぶされて役に立ちにくいという奇妙な弱点がある。消音効果は、キャラが出す声と、地面との接触音、爆弾の設置解除音、ナイフ攻撃の音に限定されている。装備の発砲音、リロード時のマガジンをはめ込む音、武器切り替え音、クレイモアを差し込む時の音、グレネード類のピンを抜く音などは消音されないので隠密行動時は自重する必要がある。それでも、段差の乗り越えや、足音から位置を特定されるのを防ぐ効果は大きい。
 〃 Pro化条件 サイレンサー付き武器で150キル
背後から5回刺す
爆弾を10回設置
セカンドチャンス
Second Chance
死ぬ間際に10秒間、ハンドガンを抜き最後の抵抗を行なう(デュアル、フルオート改造は無効)
死因がヘッドショット、爆発物、転落、炎、ショットガン、その他ナイフ等即死の場合は発動しない。
ダウン中のライフは1。自動回復しない。
2000
考察 ダウン中のキルもキルストリーク数に含まれる。セカンダリにハンドガンを選んでいる場合それを使い選んでいない場合はM1911を使用する。ハンドガンを手にした状態でセカンドチャンスに移行すると銃取り出しモーションが入らずそのまま射撃可能(装填弾丸数はダウン前の物を引き継ぐので弾切れに注意)スカウトプロの効果も適応されるので、組み合わせるとかなり素早くハンドガンを取り出す事が可能に。ナイフの使用と設置済みのC4起爆も可能。稀だが、ダウンに移行しながらも僅かな時間だがプライマリ武器を射撃できる事もある。入り組んだ狭いマップなどでは、爆発物や、ショットガン、ナイフなど、発動が阻害されやすい攻撃が多い上に側面から倒される事が多いため、あまり有効とはいえない。階段などの僅かな段差でも、落下すると死亡してしまう上に、空中でキルされた場合も発動しない点には注意。ダウン中でも、ドミネーションの旗確保などが可能。ハードコアモードではパイソン併用でかなりの脅威になりうる。爆発物に弱いので、フラックジャケットと組み合わせるのも良い。
セカンドチャンスプロ
Second Chance Pro
セカンドチャンス時の生存時間が30秒になる
味方から蘇生してもらえるようになる。蘇生までは1.15秒。蘇生された場合ダウンは死亡扱いにならない。
プロ時もダウン中のライフは1で自動回復無し。蘇生されると全快する。
3000
考察 生存時間が大幅に伸び、仲間から蘇生処置を受けられるようになる。特に遠距離から狙撃を受けてしまった場合は、割と安全に蘇生してもらえるので、敵に狙撃手が多い場合に装備するのが有効だろう。他にも、密集戦でのゴリ押しや、HCルールでの運用に向いているperkといえる。ちなみに、蘇生してもらうと、ダウンする直前の姿勢になる。
プロでもライフは1なのでコンカッション、フラッシュ、ノヴァガスで簡単に殺されてしまう。過信は禁物。
フリーフォーオールでは相打ちを狙うことしか出来ないのでやや微妙か。
 〃 Pro化条件 ダウン中にヘッドショットキル
ダウン中に10キル
自分をダウンさせた敵をダウン中にキルを5回
ハッカー
Hacker
敵装備品とセントリーガン、SAMターレットを透視出来るようになる(赤く強調表示される) 2000
考察 フラックジャケットでもクレイモアを二個連続で受ければ耐え切れないので、完全に無効化するにはこちらが必要となる。自衛だけでなく、敵のキャンプ地点割り出しや、RC-XD使用時にクレイモアを迂回したりにも使える。距離が遠いと発見しづらいが効果範囲自体は約60mと長くマップの中心からだとほぼ全域をカバー出来る。ボイスチャットなどで、仲間へ報告する役目がチームに一人は欲しい所。設置位置の勘違いや、カモフラージュされたクレイモアの見落としには注意。
ハッカープロ
Hacker Pro
敵の支援物資を奪う際、爆弾罠を仕掛ける
敵のモーションセンサーに感知されなくなる
設置してある敵装備品、セントリーガン、SAMを自軍の物にできる(リロードボタン長押し2秒)
3000
考察 ブービートラップを箱に仕掛けることができる(支援物資の要請者には、物資を奪われた効果音を聞かれるので気づかれる)。※フラックジャケットには即死ではないので注意!
仕掛けた後は敵からは箱の中身が変化したように見える。
作動までは若干のタイムラグがあるが、逃げられるほどの時間もない。爆発範囲が広いので場合周辺にいる敵も巻き込める。ハッキングしたものはすぐには使えないので注意。装備品の持ち運び限界を超えてハッキングすると今ハッキングしてない方の装備品が壊れる(爆発する)。厄介なモーションセンサーを無効化できるのも地味ながら、大きな利点。
 〃 Pro化条件 敵デバイスを10回破壊
クレイモアorC4で25キル
自分で設置したモーションセンサーかジャマーの範囲内で25キル
タクティカルマスク
Tactical Mask
ノヴァガスを無効化する 初期
考察 ノヴァガスによるダメージを受けないのでウィリー・ピート代わりに使えるようになる。
敵のものから身を守るだけでなく、自分のガスへの防護にも。ガス自体の使用率が低く、perk3は他に優秀な物が揃っているので、高性能なマスクプロの繋ぎと割り切った方が良いだろう。
ちなみにマスクをしていても自分のガスで自分が「ガース インカミング!」とわめきまくるのは止められない。
タクティカルマスクプロ
Tactical Mask Pro
コンカッション、フラッシュバンの効果を90%軽減する
コンカッション、フラッシュバンが当たった敵の方向が画面に表示される(画面中央に黄色のマーク)
3000
考察 戦術グレネードでの自爆のリスクが大幅に低くなるので非常に扱いやすくなる。更にヒットした敵の方向をおおまかではあるが表示してくれるので索敵の効率が大幅に上昇する。黄色のマークの有無で装備品か敵かの区別がつくようになり、更に相手がマスクプロ装備者かどうかの判断もしやすくなる。敵味方の戦術グレネードが飛び交うオブジェクト周辺で安全に立ち回ったり、スタンしていると勘違いしている敵を返り討ちにしたりと防御面でも強力な効果が見込める。
 〃 Pro化条件 フラッシュの影響下にある敵を20キル
コンカッションの影響下にある敵を20キル
ノヴァガスの影響下にある敵を20キル


プロチャレンジ攻略

特に難しいと思われるもののみ

Perk1

ライトウェイト 攻勢勲章10回
攻勢勲章の取得条件は
・ドミネで敵旗上の敵をキル
・デモリ攻撃側で破壊目標付近の敵をキル
・CTFで敵旗を所持した状態で敵をキル
など。どれも難しくはないが、取得条件が分からないといった質問を良く見るのでここに記載
スカベンジャー 補給したフラグかセムテックスで5キル
リスポン直後にリーサルを捨てておくといくらかやりやすい。条件通り「フラグかセムテックス」なので、トマホークで5キルしても達成にならない。
先にウォーロードをプロにしておけば幾分効率が上がる。
ドミネーションでとにかく旗に向かって投げまくるのが手っ取り早いだろう。
ゴースト セントリーガンを1基破壊
どうしても敵がセントリーガンを設置しないようなら自分のセントリーガンの箱を敵に与えると良い
ただし、戦況を見て味方の迷惑にならないように。FFAで箱を放り出す方法もある。
Perk3に「ハッカー」を付けておくとセントリーガンの早期発見に繋がる。
破壊する際はフラッシュバンやジャマーで動作停止させると接近しやすい。ランチャーやキルストリークを使うと比較的に安全に破壊できる。
フラックジャケット 敵のフラグを5回投げ返す
握ってしまえば自爆死してもカウントされるので強引にでも拾いに行くべき。
普段から逃げ癖のある人は特に意識して行うこと。プロ化後も役に立つ。
事前にリーサルを捨てておくと誤投防止になる。
開幕ドミネB旗は投げ返すには絶好のポイント。
運にもよるが、ベルリンB旗に煙幕を炊いて伏せているだけでも相当数拾える。最も楽なのは煙幕内部でうろうろ歩いて
投擲ボタン(投げ返しボタンと同一)を連打し続ける方法。不意に飛んできたグレネードを投げ返せる確率が高くなる。
なお、自分で投げたフラグを壁に当てて戻ってきた物を自分で投げ返してもカウントされない。
ハードライン 物資を10回味方に譲る
死なずに7連続キル
物資は救援物資の箱だけでなくSAMターレットやセントリーガンの箱でもよいので、キルストリークを
SAM、救援物資、セントリーガン構成にし、リスポン位置が安定しているドミネーションやデモリッションで箱を放置しておき誰かが回収するのを待つ。
加えてボイスチャットで呼び掛けるのが一番良いが、どうしても拾って貰えない場合、
箱の横でジャンプし続ける、箱の上でクルクル回る、箱を撃つなどでアピールしてみると良いかもしれない。
ちなみに分割画面で(2)が取ってもカウントされる。
欧米人は比較的シェアパケに積極的な傾向があるので、AM10:00~正午頃(米国時間21:00~23:00)のグラウンドウォーに出向いて箱をばらまくと効率が良い事が多い。
死なずに7連続キルは運による所が大きい。しかしキルの内容はキルストリークによるものでもいいので、
RC-XDやナパーム爆撃のような敵をキルするのに特化したキルスト構成にしたほうがいいだろう。
1%の確率だが救援物資で軍用犬を引き当てることが出来ればクリアできたも同然。

Perk2

ハード 敵航空機に200発の弾丸を撃ち込む
貫通した弾丸で敵デバイスを破壊
コブラ、ハインドにM60拡張で撃ち込むとすぐ終わる。ゴーストプロがあれば尚良し。ケアパケヘリや偵察機を狙っても良いがやや非効率。

貫通した弾丸で敵デバイスを破壊はPerk3のハッカーで敵のクレイモア等装備品を探すと早い。
スカウト ヘッドショットキル30回
セカンダリ武器で50キル
ヘッドショットキルはSR以外で消化したほうが速いかもしれない。反動が上目の銃を使うと良い。偶然狙いならデュアルの使用可能なサブマシンガンで密着射撃すると比較的良く当たる。
セカンダリ武器キルはハンドガンを持ってハードコアFFAに行くのがよい。Perk3「セカンドチャンス」で暴れるのもアリ。
バリスティックナイフでの通常格闘キルでもカウントされるので、ナイファーとして狭いマップで走り回ってみるのも良いだろう。
照準安定 ナイフキルから5秒以内に更にナイフキル
格闘攻撃が素早くなるバリスティックナイフを推奨。セカチャンのダウン時に切りつけてもナイフキルにならないので注意。
(セカチャン後の死因はダウン時のものとなる)
前作の格闘キャンセルがトマホークを使えば可能なのでやって見ると楽かも
フリーフォーオールでバリスティックナイフを装備してマラライナイフマンをやると比較的楽に攻略できる。
デコイや救援物資の箱で敵をおびき寄せたりするとなお良い。
早業 ダメージを与えた敵をリロード後にキル10回
アンダーバレルグレネードのリロードもそれとカウントされるので、多用すればかなり楽に達成可能。ヒットマークが出た場所にもう一度叩き込むことでキルを取りやすい。セカンドチャンスが発動した敵をすぐに倒さず、隠れてリロードしてからキルというのもやりやすい。
フラッシュバンやコンカッションで相手を麻痺させてから、撃つ→リロード→トドメという方法もあるが、正面からだと反撃を受ける可能性が高いのでオススメしない。
当たり前だがM60のような武器だとリロード完了前に反撃や味方の援護が入ってくるかもしれないのでリロード時間の短い武器で行うと良い。
ウォーロード フラグorセムテックスで二人以上同時キル
遮蔽物が少なく敵が密集しやすいドミネ旗に投げ込むがセオリーだが、フラジャケ率が高いので事前にダメージを与えておかなければやや厳しい。NOVAガスと連携してもいいかもしれない。
ハードコアモードのニュークタウンで適当に投げると案外簡単にクリアできる。クラックトの正面坂に投げ込むのもオススメ。

Perk3

マラソン ファーストブラッド10回
TDMで、開幕直後にSMGを抱えて突撃という行動を繰り返せばそれほど難しくはない。心が痛まないなら、ファーストブラッドを取れなかったらすぐ抜けて再戦ということもできるので、達成に時間が掛かることは少ない。サーチアンドデストロイも毎ラウンド判定があるのでオススメ。
ニンジャ 背後から5回刺す
モーションセンサーを設置し、敵の死角で待つと楽。
セカンドチャンス ダウン中にヘッドショットキル
ダウン中ヘッドショットキルは運によるところも大きい。狙ってやるよりも、とにかくセカチャンキルを繰り返して運良く頭に当たるのを期待しよう。連射力の高いASPを装備しておくと、それなりに達成しやすい。短時間でクリアしたいならハードコアがオススメ。
「ダウン直前に撃っていた弾が、倒れこむ最中に敵の頭に当たってクリア!」ということも稀にある。どうやらセカンドチャンスへ移行するモーション中か直前に発砲したプライマリ武器の弾丸が当たっても達成になるようだ。
ハッカー C4orクレイモアで25キル
クレイモアを多用していれば意識しなくても達成は容易だが、短期間でクリアするならC4がオススメ。スカウトプロを併用し、ドミネ旗に投擲→すぐ爆破を繰り返せば早い。C4、クレイモアはリスポン後一度取り出しておいたほうが持ち替えを素早く行える。
どちらを運用するにしても、確殺性を上げるなら、ハードコアFFAを選択したい。
タクティカルマスク 戦術グレネードで麻痺した敵を三種毎それぞれ20キル
自分のタクティカルで麻痺した相手でなくても良い。効率を上げるためにスカベンプロ&ウォーロードプロ併用を強く推奨。
使用者が少なく、靄に紛れるため投げた本人以外はヒットが確認しづらいガスから始めよう。コンカッションは他2つが終わる頃には完了しているくらい使用者が多いので最後で良い。ガスが見えてから突っ込んできてくれる敵は少ないので、頭出し定点や旗や救援物資確保中の敵などに放り込もう。
ちょっと目を眩ました程度、ガスで一度ダメージが入った程度ではカウントされないことが多いのでしっかり当てよう。
このチャレンジはLv4から始めてもLv35くらいまでかかるので、取得するかは自分の現階級を鑑みてよく考えること。プレステージを回すなら無視しても良い。
ゴースト定点に抵抗がないならば、ゴーストをセットしてドミネーションに赴き、旗の近くでじっと待つ(高所から監視でき、かつ身を隠せる場所が近くにある旗が狙い目。たとえばハバナC)。敵が旗を取りに来たのを確認したらタクティカルを投げ込みキルを繰り返せば早いが、この方法はあまり味方に貢献しないので達成困難なガスをクリアしたら封印した方が良い。
余談だが、タクティカルはそれぞれ麻痺効果の付与されるタイミングが違うらしく、コンカッションは直撃&爆発キル、ノヴァガスはガスの一撃キルでもカウントされる。
これらは何故かセカンドチャンスが相手の場合も有効。フラッシュに関しては目を眩ませた後に別の手段で殺害する必要がある。


CoD4及びMW2からの変更点

強化・弱体化、別オプションへの移動または似た効果も含める。

CoD4 CoD:BO 備考
Perk1 C4×2 C4(装備品) -
特殊グレ×3 ウォーロード プロ(Perk2) -
RPG×2 RPG-7(セカンダリ) -
爆弾処理班 ハッカー(Perk3) 距離に関わらず透視できるようになった
クレイモア×2 クレイモア(装備品) 一つしか装備できなくなった
弾薬帯 スカベンジャー プロ(Perk1) 予備弾数の増加量は武器によって個別に設定されるようになった
フラグ×3 ウォーロード プロ(Perk2) 二つしか装備できなくなった
Perk2 動力を止めろ 廃止 -
ジャガーノート 廃止 -
ソニックブーム 廃止 -
UAVジャマー ゴースト(Perk1) -
巧妙な手口 早業(Perk2) -
ダブルタップ Rapid Fire(アタッチメント) 射撃レートの上昇率は武器によって個別に設定されるようになった
オーバーキル 廃止 -
Perk3 体調絶好調 マラソン(Perk3) -
昇順安定 照準安定(Perk2) -
ディープインパクト ハード(Perk2) -
ラストスタンド セカンドチャンス(Perk3) 効果発動中に移動することができるようになった
殉教 廃止 -
鉄の肺 スカウト(Perk2) -
盗聴 廃止 -
デッドサイレンス ニンジャ(Perk3) -

CoD:MW2 CoD:BO 備考
Perk1 マラソン
マラソンプロ(Perk3) -
マラソンプロ
廃止 -
早業
早業(Perk2) -
早業プロ
早業プロ(Perk2) エイム時間の短縮効果が50%になった
エイム時間の短縮効果がSRに適用されなくなった
スカベンジャー
スカベンジャー(Perk1) ランチャー系の弾薬・特殊グレネードを補充できなくなった
スカベンジャープロ
スカベンジャープロ(Perk1) 特殊グレネードの補充がプロのみの効果になった
装飾銃
ウォーロード(Perk2) 同時に装着できるアタッチメントの組み合わせが一部制限された
装飾銃プロ
廃止 -
ワンマンアーミー
廃止 -
ワンマンアーミープロ
廃止 -
Perk2 ストッピングパワー
廃止 -
ストッピングパワープロ
ハードプロ(Perk2) ダメージの増加率が25%になった
ライトウェイト
ライトウェイト(Perk1) 移動速度の上昇率が7%になった
ライトウェイトプロ
照準安定プロ(Perk2) 武器を構えるまでの時間の短縮率が40%になった
冷血
ゴースト(Perk1) 偵察機以外の航空支援およびセントリーガンに対しては無力となった
冷血プロ
ゴーストプロ(Perk1) -
ハードライン
ハードライン(Perk1) -
ハードラインプロ
廃止 -
危険察知
廃止 -
危険察知プロ
廃止 -
Perk3 コマンドー
廃止 -
コマンドープロ
ライトウェイトプロ(Perk1) -
照準安定
照準安定(Perk2) -
照準安定プロ
スカウト(Perk2) -
スクランブラー
ジャマー(装備品) -
スクランブラープロ
廃止 -
ニンジャ
廃止 -
ニンジャプロ
忍者(Perk3) 自分の足音が完全に消えるようになった
状況報告
ハッカー(Perk3) セントリーガンやSAMターレットも透視できるようになった
敵の投擲物は赤く視認できなくなった
状況報告プロ
忍者プロ(Perk3) 味方の足音を小さくする効果は廃止された
敵のあらゆる動作音を増幅するようになった
音の増幅率が200%になった
ラストスタンド
セカンドチャンス(Perk3) -
ラストスタンドプロ
廃止 -

http://call-of-duty.6.ql.bz/index.php

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|