代理和音(II)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドミナントの機能

さて、代理和音に入る前に、ドミナントの機能をお浚いしましょう。
ドミナントはトニックに進行しますが、その理由は構成されている音に
あります。
ドミナントには三全音と呼ばれる不協和な増4度の音程が
含まれていて、この音程が3度等の音程に進行(解決といいます)
することで強い進行感が生み出されていたというわけです。

ドミナントの代理和音

音階和音(ダイアトニック・コード)

  1. 副和音
・・・といっても、VIIm7-5とVIIdimしかありませんが(ぁ
まずBm7-5(=VIIm7-5)からですが、ご覧のとおりです。
(9thテンションで完全一致です)
次にBdim(=VIIdim)ですが、こちらもBm7-5と同様ですね^
(♭9thテンションで一致します)

また、dimには「転回させるとルート名が変わる」という性質を
持っているので、他にもG#dim(=平行短調のVIIdim)やDbdim
(=G7の裏コードのdimまたは同主短調のbVII7のdim)、
Fdim(=E7の裏コードのdim)という代理和音を持っています。

そして、VIIm7-5とVIIdimは互いにトライトーンを
持っているので、それぞれを代理としても使えます!

非音階和音(ノン・ダイアトニックコード)


  1. セカンダリー・ドミナント(借用和音)
    文字通りドミナント上に出来上がる2次的なドミナントのこと
    ですが、このページの最初のほうでドミナント機能はトライトーンが
    担っていると書きましたが、これを他のコード進行で解決させることも
    できます!それがセカンダリー・ドミナントです。

上に図がありますが、これはドミナント・サークルといって
5度で循環する様子を表したものになります。

ドミナント機能はこの図を時計回りの順に見ると完全4度上がって
V7→I7という解決になっています。(これを利用して転調することもできます)

具体的な使い方としては、ダイアトニックコード進行の一部を7th(ドミナント)に
置き換えて、解決させるのが一般的です。

※特殊な例として、4度づつ上がり続けて一周・・・なんてこともできますが、
あまりやると調性がなくなります。
  1. 裏コード
    セカンダリー・ドミナントに対して、こちらは既存のドミナント進行を
    置き換えて使用します。こちらの考えでは同じトライトーンを持つ
    ドミナントコードを代わりに使用するというものです。上図で説明すると、
    対線上のコードになります。即ち、裏側にあるコードなので裏コードと
    言われているわけです。

これらを総合して使うと、ディミニッシュの下降進行を創ることもできます。
…かなり特殊な使いかたですがね(汗
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。