携帯電話用外部リンク

周知協力は1日1クリック

目次


メディアリテラシー


情報操作は大前提


メディアの腐敗構造


代表的報道問題例

椿TV朝日報道局長の発言内容

報道されぬ事件・問題

外国人参政権をめぐる報道されぬ国会映像

311震災関連項


宗教とメディア


各メディアごとの事例

  テレビの、これから

人・企業と報道問題


対外報道問題

石川県沖で日本漁船と中国貨物船が衝突、報道が不自然に寡少
中国の指示でNHK拘束を隠蔽

海外メディア


ネット上の挑戦者

行動の参考に


【このページの閲覧者】
総数 -
昨日 -
今日 -

アクセストップ10



QRコード

姉妹WIKI



編集&情報管理に

翻訳・辞書リンク集
英語以外もわりとOK。
国内メディアとの比較に
国別ドメイン一覧
URLからのメディアの国籍割り出しに

ウェブ魚拓
株式会社アフィリティーが 2006年より運営している ウェブページを保存・引用するためのツール。
ネット上のデータは削除や修正が行われる場合もあるので、元データのキャッシュ「魚拓」をとって利用しています。たまに保存できないページもありますが、簡単に利用できるので、情報管理にお勧めです。
また、すでにだれかが取得済みの魚拓を取得しようとすると同URLの魚拓一覧が表示されます。 現時点で消えてしまったページも同様にURLを入力すれば、誰かが魚拓をとっていれば閲覧可能です。
また魚拓内に保存されているサイトを調べる方法例は例えば、はてな日記でWeb魚拓にキャッシュされている日記を調べる場合Googleで「d.hatena.ne.jp」&
「site:megalodon.jp/」などと検索すればよい。

「丸ごと」で魚拓取得できないサイトは「引用」する事もできますが、記事名を検索し、goo,livedoor等のポータルサイトでニュース配信されているページの魚拓を取得するのも手です。

また最近消えたサイトはGOOGLEのキャッシュには残っているかもしれません。

魚拓関連サービス10選





ここを編集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Googleの情報操作

日本の作家びっくり!申請なければ全文が米グーグルデータベースに

2月25日3時9分配信 読売新聞


 検索大手グーグルが進めている書籍全文のデータベース化を巡って、同社と米国の著作者らが争っていた集団訴訟が和解に達し、その効力が日本の著作者にも及ぶとする「法定通知」が24日の読売新聞などに広告として掲載された。

 著作者らが自ら申請をしなければ、米国内でのデータベース化を拒めない内容で、日本の作家らには戸惑いもある。

 集団訴訟が起こされたのは2005年。米国内の大学図書館などと提携し、蔵書をデジタル化して蓄積する計画を進めていたグーグルに対し、全米作家組合と全米出版社協会が、「著作権への重大な侵害」などとして訴えた。両者は昨年10月に和解で合意、今夏にも出される連邦裁判所の認可を待って発効する。

 合意の対象は、今年1月5日以前に出版された書籍で、同社は、〈1〉著作権保護のために設立される非営利機関の費用3450万ドル(約32億円)〈2〉無断でデジタル化された書籍などの著作権者に対しての補償金総額4500万ドル(約42億円)以上をそれぞれ支払う。見返りとして同社は、絶版などで米国内で流通していないと判断した書籍のデジタル化を継続し、書籍データベースアクセス権の販売や、広告掲載などの権利を取得することが定められた。また、対象書籍に関連して同社が今後得る総収入の63%を著作者らに分配することも決まった。

 また、著作権者は、オンライン上での使用を望まない場合、2011年4月5日まで、同社側に自著の削除を求めることができる。さらに、和解に拘束されることを望まない著作権者に対しては、和解からの「除外」を認め、今年5月5日を除外通告期限としている。

 和解の効力は米国での著作権を有する人すべてが対象となる。著作権に関する国際条約「ベルヌ条約」の規定で、加盟国で出版された書籍は、米国内でも著作権が発生するため、影響は世界中に及ぶ。このため法的手続きの一環として、今月に入って、世界200以上の国・地域、72の言語で和解合意内容を伝える通知の掲示が開始された。

 グーグルは和解で、絶版や品切れ状態の書籍本文の入手が容易になると利点を強調、本文閲覧を含む新サービスは米国内の利用者に限られるとしている。ただ、和解に巻き込まれる形になった日本の著作者団体は戸惑いを隠せない。

 日本文芸家協会の三田誠広副理事長は「届け出なければ権利が保障されないのはアメリカ的なやり方だ。アメリカで流通していない日本の新刊書がネット上で見られる恐れがある」と危機感を募らせる。同協会は、3月上旬の理事会で、会員の意思表示の手続き代行などの対応を議論する予定。

 一方、著作権に詳しい福井健策弁護士は「グーグルの説明が分かりにくいのは改善するべきだが、著者や出版社にとって長所も短所もある和解内容だ。音楽のように書籍もネット配信する文化が普及していくのか、注目している」と話す。

 図書館との提携事業は、現在、「googleブック検索」の一部となっており、700万件以上の書籍をデジタル化している。


googleなどが検閲?「亀田・反則」「初音ミク・画像」などがネット上から“消えた”…、電通やTBSの陰謀との説も

話題の「初音ミク」の画像を検索すると…あれ? 0件?─こんな不思議な現象が続いており、
 ネットで話題になっている。
 Google、Yahoo!などで画像検索しても、肝心の初音ミクのイラストが出てこなかったり、
 「見つかりませんでした」となる。
 情報を総合すると、画像がヒットしなくなったのは10月17日夜ごろから。Googleで画像検索すると、
 表示される画像サムネイルの中に、おなじみの初音ミクのイラストは見あたらない。無関係な
 イラストが表示されるサイトに飛んでみると、そこには初音ミクのイラストが掲載されている
 場合もあり、「さすがはGoogle、巧妙に避けている」と変に感心されるほど。(抜粋)
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/18/news040.html

  • TBS「アッコにおまかせ!」でひどい扱いを受けてネットで大騒ぎになったばかりだけれど、
 またもや妙な事件が。16日、Wikipediaの初音ミクに関する項目が削除されていた。
 削除はいたずらなどではなく、記述が著作権侵害に当たるとされたためだ。もうひとつ、
 Googleで「初音ミク」と画像検索しても、肝心な画像がまったく出現しない現象が起こっている。
 立て続けに起こったために、ネットユーザーの中には「これは電通の陰謀」などと
 熱心に主張する人も現われている。その根拠としては、TBSが電通と関係が深いと
 いわれている、「アッコにおまかせ!」を制作しているホリプロ所属のバーチャルアイドル
 「伊達杏子」を電通が押しているらしい、といったことが挙げられているようだ。(抜粋)
 http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/2007/10/18/


米Google、中国政府による検閲の受け入れを公表



NHKスペシャル“グーグル”革命の衝撃



Google「未来のためのQ&A」衆院選候補者回答出揃う

概要「Google モデレーター™ を使い、みなさんからの質問を受けつけ、同時にみなさんからの投票をもとに 5 つの質問を決定。その5つの質問に対するビデオでの回答を、衆議院選挙立候補予定者や政党、政治団体に呼びかけます。」

↓クリックで確認、投票後 「みんなで選んだ(※)、5つの質問」
+ ...
詳しくはhttp://www.google.co.jp/intl/ja/landing/senkyo2009/#utm_source=JP-ja-other-mirai2009
※無回答候補者もいますが、マスコミのフィルターを通さない生の声をききましょう。また無回答も、「5つの質問」に答えられない理由があるという回答とも受け取れます。


関連サイト

(↓自動検索による外部リンクリストです。)
  • 「Google検閲」を含む口コミが見つかりません。
  • 「Google八部」を含む口コミが見つかりません。
  • 「Google中国」を含む口コミが見つかりません。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー