携帯電話用外部リンク

周知協力は1日1クリック

目次


メディアリテラシー


情報操作は大前提


メディアの腐敗構造


代表的報道問題例

椿TV朝日報道局長の発言内容

報道されぬ事件・問題

外国人参政権をめぐる報道されぬ国会映像

311震災関連項


宗教とメディア


各メディアごとの事例

  テレビの、これから

人・企業と報道問題


対外報道問題

石川県沖で日本漁船と中国貨物船が衝突、報道が不自然に寡少
中国の指示でNHK拘束を隠蔽

海外メディア


ネット上の挑戦者

行動の参考に


【このページの閲覧者】
総数 -
昨日 -
今日 -

アクセストップ10



QRコード

姉妹WIKI



編集&情報管理に

翻訳・辞書リンク集
英語以外もわりとOK。
国内メディアとの比較に
国別ドメイン一覧
URLからのメディアの国籍割り出しに

ウェブ魚拓
株式会社アフィリティーが 2006年より運営している ウェブページを保存・引用するためのツール。
ネット上のデータは削除や修正が行われる場合もあるので、元データのキャッシュ「魚拓」をとって利用しています。たまに保存できないページもありますが、簡単に利用できるので、情報管理にお勧めです。
また、すでにだれかが取得済みの魚拓を取得しようとすると同URLの魚拓一覧が表示されます。 現時点で消えてしまったページも同様にURLを入力すれば、誰かが魚拓をとっていれば閲覧可能です。
また魚拓内に保存されているサイトを調べる方法例は例えば、はてな日記でWeb魚拓にキャッシュされている日記を調べる場合Googleで「d.hatena.ne.jp」&
「site:megalodon.jp/」などと検索すればよい。

「丸ごと」で魚拓取得できないサイトは「引用」する事もできますが、記事名を検索し、goo,livedoor等のポータルサイトでニュース配信されているページの魚拓を取得するのも手です。

また最近消えたサイトはGOOGLEのキャッシュには残っているかもしれません。

魚拓関連サービス10選





ここを編集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タブーを恐れぬ報道
目次

タブーを恐れぬ報道


タブーとされているパチンコ問題を取り上げた関西ローカル「ムーブ」など、
地方局や衛星放送、ネット放送などは関東キー局にくらべればだいぶ報道タブーの縛りがゆるいようです。
それだけに過激な印象を受けるものもありますが、
たとえば関東キー局がそろってチベット問題を忘れたふりをする中、積極的に報道したのもこれらの番組です。
過激な印象は、割り引いてもこれらもひとつの視点として、参考にする価値はあるのではないでしょうか。

これらの動画は一部地域でしかみられない事などからYouTubeやニコニコ動画に数多く需要がありUPされています。
残念ながら関西でしかみられない「ぶったま!」「スーパーニュースアンカー」はYouTubeでご覧ください。なお、「たかじんのそこまで言って委員会」はかなり広い地域(東北の一部・関東以外の殆ど)でみられます。


夕刊三重新聞


同紙は2008松阪マーム受水槽遺体事件を、唯一翌日報道。これがなければ事件は隠蔽されたとも考えられます。
(一週間後マームの「お知らせ」がでる、さらに翌日まで他メディアの報道は一切無し)


夕刊三重新聞HP
http://www.yukanmie.com/


ぶったま!


関西テレビの提供による関西ローカルの情報番組
番組前半は阪神タイガースを中心としたプロ野球の話題で、関西テレビにとっては当番組が阪神の応援番組と位置づけている。
後半は一週間に起こった国内外の政治・社会・芸能の話題をコメンテーターが解かりやすく解説する。
特に、隔週で出演する青山繁晴のニュース解説は定評がある。


スーパーニュースアンカー


関西テレビの提供による関西ローカルの情報番組
同コメンテーター青山繁晴氏の登場回はやはりYouTubeなどで多く視られている。


やしきたかじんそこまで言って委員会


讀賣テレビ放送(ytv)大阪本社制作の政治・経済等をテーマにして扱う、討論を風したバラエティ番組。
やしきたかじんの冠番組。通称は「そこまで言って委員会」「委員会」「たかじん委員会」。
キャッチフレーズは「オレが黙っとってどうすんねん。」。

毎週3つの討論テーマを取り上げ、うち2つは核ともなる政治・経済・国際・社会問題など、1つは芸能や文化などのサブカルチャーを取り上げることが多い。最後の1つに関しては重いテーマではなく、比較的親しみやすい事柄を取り上げることもある。番組およびコーナーの最後には総論として話をまとめるが 、「様々な考えがあって然るべき」とのたかじんの考えから、パネリスト全員で忌憚なく本音の意見を出し合う事を基本方針としているため、無理に結論を出さずに終わらせ次のコーナーへ移る形式である事も多い 。なお、たかじんは番組内に於いて、結論はそれなりに出していると発言している。

パネリスト同士の討論は、最終的には怒鳴り合い・罵り合い・放送禁止用語のオンパレードになることが多く、相手との意見が折り合わなかったパネリストがスタジオから退場したこともあった(浜田幸一と田嶋陽子)。放送禁止用語等が飛び出すとピストルや機関銃の効果音で塞ぐ。なお、ここで紹介している番組の中では見られる地域がかなり広い番組。

「メディアの問題点とは?」

http://www.youtube.com/watch?v=0uuesTU8pP8

こんなモノいらない第4位「外国人参政権」
たかじんのそこまで言って委員会 2009年11月15日
この回の動画は動画サイトでの削除が激しいので こちらからご覧下さい
http://up.menti.org/src/upfl1356.wmv


日本文化チャンネル桜


「既存のメディアがほとんど 報道しない真実を、本当に厳しい状況ですが報道を続けております 。」
↓キー局TVではタブーとされるテーマにも過激に取り組む。

他局では報道されない情報満載
  • 中国問題     
  • チベット虐殺問題
  • 反日マスコミ問題
  • 皇室典範  
  • 領土侵略問題  
  • 在日問題
  • 人権擁護法案問題 
  • 歴史捏造問題   
  • 教育問題     
  • 拉致問題     
  • 自衛隊の活躍  

※論調は保守よりです



報道とメディアを考える会


「国民による国民のための国民のメディアリテラシー」
「報道とメディアを考える会」は、コンプライアンスに基づき、メディアウオッチをする有志市民のグループです。 国民・市民のメディアリテラシー(情報を読み解くちから)に資することを目的に、 メンバーそれぞれの「気づき」や、調べた内容をレポートしていきます。
公式HP Media Watch Report



タブーに触れたジャーナリスト

警察ジャーナリストの黒木昭雄さん、練炭自殺か

黒木さんの事務所によると、1日に「仕事の打ち合わせに行く」と家族に言い残して外出していた。1日午後3時45分に最後の更新をした簡易ブログ「ツイッター」には「税金が警察の犯罪隠しに使われています」などと記していた。

 黒木さんは元警視庁巡査部長で、退職後は警察ジャーナリストとして警察組織内部の問題や事件、防犯などをテーマに執筆活動していた。

2010年11月03日 サンスポ



関連サイト



(↓自動検索による外部リンクリストです。)

  • 「マスコミタブー」を含む口コミが見つかりません。
  • 「ジャーナリストタブー」を含む口コミが見つかりません。



※以下広告




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー