携帯電話用外部リンク

周知協力は1日1クリック

目次


メディアリテラシー


情報操作は大前提


メディアの腐敗構造


代表的報道問題例

椿TV朝日報道局長の発言内容

報道されぬ事件・問題

外国人参政権をめぐる報道されぬ国会映像

311震災関連項


宗教とメディア


各メディアごとの事例

  テレビの、これから

人・企業と報道問題


対外報道問題

石川県沖で日本漁船と中国貨物船が衝突、報道が不自然に寡少
中国の指示でNHK拘束を隠蔽

海外メディア


ネット上の挑戦者

行動の参考に


【このページの閲覧者】
総数 -
昨日 -
今日 -

アクセストップ10



QRコード

姉妹WIKI



編集&情報管理に

翻訳・辞書リンク集
英語以外もわりとOK。
国内メディアとの比較に
国別ドメイン一覧
URLからのメディアの国籍割り出しに

ウェブ魚拓
株式会社アフィリティーが 2006年より運営している ウェブページを保存・引用するためのツール。
ネット上のデータは削除や修正が行われる場合もあるので、元データのキャッシュ「魚拓」をとって利用しています。たまに保存できないページもありますが、簡単に利用できるので、情報管理にお勧めです。
また、すでにだれかが取得済みの魚拓を取得しようとすると同URLの魚拓一覧が表示されます。 現時点で消えてしまったページも同様にURLを入力すれば、誰かが魚拓をとっていれば閲覧可能です。
また魚拓内に保存されているサイトを調べる方法例は例えば、はてな日記でWeb魚拓にキャッシュされている日記を調べる場合Googleで「d.hatena.ne.jp」&
「site:megalodon.jp/」などと検索すればよい。

「丸ごと」で魚拓取得できないサイトは「引用」する事もできますが、記事名を検索し、goo,livedoor等のポータルサイトでニュース配信されているページの魚拓を取得するのも手です。

また最近消えたサイトはGOOGLEのキャッシュには残っているかもしれません。

魚拓関連サービス10選





ここを編集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NHK 日本の、これから 放送記念日特集は「テレビの、これから」をテーマに
2009 3/21(土) 19:30~約3時間  生放送 されました。
番組予告(魚拓)

【スタジオ生出演】(敬称略)
日本民間放送連盟会長、テレビ朝日代表取締役会長 広瀬 道貞
ジャーナリスト 嶌 信彦
コピーライター 糸井 重里
慶應義塾大学特別招聘教授・ドワンゴ取締役 夏野 剛
日本テレビ「世界一受けたい授業」プロデューサー 福士 睦
TBSテレビ編成局長(元「朝ズバッ!」プロデューサー)吉﨑 隆
フジテレビ「新堂本兄弟」プロデューサー きくち 伸
テレビ朝日「相棒」プロデューサー 松本 基弘
テレビ東京「ガイアの夜明け」プロデューサー 加増 良弘
朝日放送「探偵!ナイトスクープ」プロデューサー 松本 修
北海道テレビ「水曜どうでしょう」ディレクター 藤村 忠寿
放送作家(「SMAP×SMAP」ほか)鶴間 政行
NHK副会長 今井 義典
NHK「日本の、これから」プロデューサー 松尾 雅隆

【キャスター】
三宅 民夫
武内 陶子

※さらに一般参加者がくわわる。

一般ゲストの質問に反論できないTV製作者

スタジオに出演した一般参加者が 奈良の騒音おばさんの報道を、「テレビはあのおばさんをおもちゃにした」
例に出しましたが、テレビ的に触れてはいけないまずい話題だったのか、発言はなかったこととして番組は進行しました。

↓前後を含めた5分版版
「騒音おばさんについての突っ込みに答えられずスルー」
http://www.youtube.com/watch?v=8sYrxekEkmA

【浅野氏発言①】

「母親が子供を殺すという報道があれば、我々視聴者は憤ります。
実際そういう報道があって、皆けしからんと怒った。
しかし、私は後にネットなどで、その親子が共に重い障害を持っていたなどの事情を知った。
テレビは意図的にそれを報じず、情報をつまみ食いして視聴者の怒りをあおっていたわけです。
これについてテレビ局の方はどう思います?」(恐らく福岡の公衆便所脇、男児殺人事件)

司会者「その話は次のコーナーで。」

で、結局スルー。

【浅野氏発言②】

「数年前、騒音叔母さんという報道がありましたよね?ショッキングな映像でした。
報道だけでなく、バラエティ番組にまで流用されて、笑い者にしていましたが、
彼女がどうしてそのような行動に至ったのかなどの詳細は報じられませんでした。
しかし、ネットにはそれらの情報が溢れており、それら情報を総合すると・・・
彼女はテレビの視聴率稼ぎの材料としてもてあそばれたという結論に達しました。
テレビ局のみなさんは、それについてどう考えますか?」

司会者「えーと、具体的な事例について質問されても・・・
 その事件を覚えてらっしゃる方はいらっしゃない・・じゃないですかね・・」
で、スルー。

※その後の浅野氏の指摘の「詳しいことは番組のホームページをご覧ください 」というのはBS1で見るABCの報道番組やアメリカ公共放送の報道番組では司会者が普通に言ってる事。

以降、浅野氏が挙手をするも、発言を許されることはありませんでした。

同氏以外の一般参加者からも様々な意見がでましたが
全体として製作者と視聴者の意識の隔たりが浮かび上がりました。

締めの制作者側からのコメント(抜粋)

 鶴間政行(放送作家)「テレビは視聴者におびえ(=おもねら)なくてもよい」
 きくち伸(フジテレビ)「制作者としては、自分が作った番組を見てくれるのなら、テレビでもネットでもなんでもいい」
 糸井重里(コピーライター)「とにかくテレビは、あった方がいい」

騒音おばさんに関してはTVで映されていた
表面的な「異常」を切り取った報道の裏に実際は何があったのでしょう。
「騒音おばさん」で検索するとTV報道とは異なる多数の情報が出てきます。
多数の製作スタッフの沈黙からすると
真実がなんであれ「テレビはあのおばさんをおもちゃにした」ことは間違いないでしょう。

関連サイト

(↓自動検索による外部リンクリストです。)

  • 「テレビの、これから」を含む口コミが見つかりません。
  • 「騒音 浅野」を含む口コミが見つかりません。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー