※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空海(くうかい、宝亀5年6月15日(774年7月27日)
承和2年3月21日(835年4月22日))は、
「弘法大師(こうぼうだいし)」の諡号(醍醐天皇、921年)でも知られる
日本真言宗の開祖。
俗名は佐伯真魚(さえき・の・まお、佐伯眞魚)。最澄(伝教大師)とともに、
旧来のいわゆる奈良仏教から新しい平安仏教へと
日本仏教が転換していく流れの劈頭に位置し、中国から真言密教をもたらした。
また、書道家としても能筆で知られ、
嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられる。

また空海とは称号であり一子相伝で引き次がれる名前である。
現在の空海【ku-kai】は28代目である。


※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 へのリンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B5%B7
http://en.wikipedia.org/wiki/Kukai
http://de.wikipedia.org/wiki/Kūkai
http://fr.wikipedia.org/wiki/Kūkai