ムー帝国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


メザロア
王室奴隷騎士団団長
マヤ連合に『処刑の女神(ギロチンマリア)』と呼ばれている
奴隷騎士団史上最強と謳われる
王(隆)とそれ以外での扱いの格差が激しく、特にマヤ連合に対しては容赦をしない
『鷹の記(ホルス)』を常に携行しており、その奇跡で剣を操っているものだと思われる
表情を崩すことが滅多になく常に無表情であり、感情を表に出すこともほとんど無い
しかしその恐らく例外であった「ええ!? カ、カエ・・・えええ!!?」のシーンで立ち絵がないことを非常に残念に思う。
12021歳。



アリアリ
王室奴隷騎士団の1人
マヤ連合に『暴虐の才媛(デスタレント)』と呼ばれている
隆に対してタメ口で喋りかけ、冗談や悪戯が好きだが、"不安"が募ると怒鳴ったりもする
兵器の開発や宮殿の改造を行っている
開発や研究において『神奥百科事典(ナラヤナシリーズ)』の奇跡の力を流用できないかと試行錯誤中
その開発・研究において作られた技術が『再生(リプライン)』や『箱舟(ノアシステム)』である
また、『桜の記(コノハナサクヤヒメ)』の奇跡により王の診察や治療も行った
本人曰く、12018歳くらいとのこと



イザナヒメ
王室奴隷騎士団の1人
どう見ても猫だが猫と言われると怒ります
12000年前『猫の記(バステト)』で猫の姿に変容中に敵に攻撃を受け、『猫の記(バステト)』を落としたために元の姿に戻れなくなった
見た目をごまかせたり、聴覚や嗅覚が鋭くなる以外は特にメリットがなく、大幅に戦闘力が落ちた
ただし、翼を生やしたり尻尾が伸びたり顎が巨大化したりする
人間の姿なら団長メザロアと対抗することができるほどの強さだったようだ
猫の姿でもアリアリやクリス・カヌには後れをとらないらしい
隆は声から「やや幼いが、物静かな女の子」という印象を受けたらしいが年齢不明



クリス・カヌ
王室奴隷騎士団の1人
マヤ連合に『神速の槍主(スカイランサー)』と呼ばれている
神槍『月落としの牙(ドレスムーン・ランス)』は海を切り裂き天をも貫くと言われるが、隆を傷付ける危険性があることから使うことを拒んでいる
奴隷の中での処理対象としては恐らく一番低い№.7だがそれでもかなりの強さを誇る
隆の居場所を特定し、迎えるために日本に上陸したカヌだったが、様子がおかしかったので民啓学園の生徒として紛れ込んだ
そこで転校してまもなく民啓学園3大アイドルの頂点になってしまった
基本的に隆に付きっ切りで護衛をしており、銃撃などの攻撃からは『象の記(ガネーシア)』の奇跡・母神沐浴(モーダカスキン)の効果で護っている
「私・・・閨でのご奉仕は未経験でして・・・」と言っているので多分処女。顔を赤らめる立ち絵が欲しかったような気もしないこともない
かなりの心配性
騎士団の中では一番若い・・・かも。12016歳



ラムゥ
12000年前の帝国の王
お父上が早くに瞑目、12歳で即位、13歳で孕ませた
その時の妻に関しては語られておらず不明
マヤ連合からは『魔王ラムゥ』と呼ばれたり、アリアリの話からするとかなり冷酷な性格だったようだ
また、『心臓』の壁画の前でニヤニヤしたり、不機嫌そうにしていたらしいが理由は不明
保身よりも戦争終結を望み、『最終戦争』をマヤ連合に仕掛けた
しかし『救世の勇者』メギド率いるマヤ連合に攻められ、国を滅ぼされた
そしてラムゥの心は王子アアクの体に移され、『鷲の記(フェニックス)』の奇跡により未来へと転送された
鷲の記(フェニックス)の【悠久なる護人の旅(グリム・ゾニア・トリップ)】で飛ばされたラムゥは30歳くらい



アアク
帝王ラムゥの息子にして、ムー帝国の王子
ラムゥとは似つかない心優しい性格(現在の隆の優しい性格はアアクに似ているという)
現在のリュウの容姿=アアクである



ラムゥの娘(王女)
帝王ラムゥの娘にして、王子アアクの妹君
ムー帝国のお姫様
最終戦争終盤、マヤ連合によってエデンが攻められるのとほぼ同じときに協力者とともに反乱を起こした
反乱の理由は不明
反乱の理由について問い詰めた際、すごく穏やかな顔をしておりイザナヒメでさえ感情を読むことが出来なかった
そして"海"が宮殿に達した瞬間、窓から飛び出し、自ら海に飲み込まれていった
その後、生死不明
海に飲まれてそのまま死んだのか、自分も転生させたのか、あるいはマヤの地へ逃げ込み普通の人間として天寿を全うしたのか
現在『鷲の記(フェニックス)』を使うことが出来た人は歴史上判明している範囲では王女のみである



王女の協力者
王女と共に反乱を起こした
どんな手段を使ったかは分からないが、クリス・カヌに打ち勝った
他の奴隷らが駆け付けた際には既にいなくなっていた
詳細不明







ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。