※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マジック:ザ・ギャザリング ミラディンの傷跡 ブースターBOX 日本語版/英語版あみあみ楽天
Scars of Mirrodin: The Quest for KarnAmazon

MOMIR Basic/10マナは計12体存在する。


クリーチャー一覧(12)

神(1)

[サイズ][回避]《大祖始/Progenitus》

文句無しのノンストップアタッカー。こいつを除去するには、《ケデレクトのリバイアサン/Kederekt Leviathan》といった数少ない全体除去クリーチャーを引き当てるしかない。

優秀(3)

[回避]《深海のクラーケン/Deep-Sea Kraken》

サイズはこのマナ域では地味な6/6だが、ブロックされないのは非常に強い。優秀アタッカー。

[サイズ]《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》

12/12で滅殺4。合体ブロックされたとしても、相手の被害は甚大だろう。

[マナ能力]《ウラモグの種父/Spawnsire of Ulamog》

滅殺は1だしサイズも地味だが、トークン生産能力が強力。土地が無くても15マナまで伸ばすことが可能となるし、チャンプブロッカー量産機としても悪くない。

普通(1)

《大いなるガルガドン/Greater Gargadon》

要注意(2)

[飛行][維持コスト]《ドラゴンの暴君/Dragon Tyrant》

6/6飛行二段攻撃、加えてパンプアップ持ちと言う事無しに見えるが、維持コストが厳しい。

[サイズ][維持コスト]《クローサの雲掻き獣/Krosan Cloudscraper》

特大サイズを誇るが、毎ターン2マナを消費するのは厳しい。

ハズレ(5)

[大ハズレ]《ブルードスター/Broodstar》

場のアーティファクト数がパワー&タフネスなので、運が良くても1/1か2/2。

《激憤明神/Myojin of Infinite Rage》

パワーはあるが、タフネス4はいただけない。

《風見明神/Myojin of Seeing Winds》

ただの3/3。

《刈り取りの王/Reaper King》

《ストラタドン/Stratadon》


まとめ

苦労して10マナまで伸ばしても、約半分がハズレともいえるラインナップ。維持コストの厳しい《ドラゴンの暴君/Dragon Tyrant》をうまく運用できれば悪くない。つまり、ここまで何枚《山/Mountain》をプレイしているかにかかってくる。2体のアンブロッカブルや、大アドバンテージを狙える2体のエルドラージは文句無く優秀なのだが、反面、不利な盤面をひっくり返すクリーチャーは存在しない。

また、意外にも飛行持ちクリーチャーが前述の《ドラゴンの暴君/Dragon Tyrant》しかいない。もし相手飛行クリーチャーに対応しようというなら、10マナより9マナの方が良いだろう。

要素 サイズ 飛行 他回避 除去 マナ 手札 神能力 ハズレ
3 1 2 0 1 0 0 5
確率 25% 8% 16% 0% 8% 0% 0% 42%

関連項目


外部リンク