CP2 必殺技

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

+目次

下記の技の攻撃力の数値は、全段当てた際のものである。

コマンド表


技名 コマンド 同技 補足
技名 コマンド 同技 補足
スープラレイジ 623C 空中可
グラビティシード 214A or B or C
技名 コマンド 同技 補足
スパイクチェイサー 214D
シックルストーム 236D
クレセントセイバー 空中214D
技名 コマンド 同技 補足
アクトパルサー 特定の技後に 66 or 44
ディストーションドライブ コマンド 同技 補足
レガシーエッジ 236236D
カラミティソード 632146D
アストラルヒート コマンド 補足
滅びの剣 214214D 打撃投げ

必殺技

スープラレイジ

■空中可
■地上版頭無敵
■空中ガード不可
後退しつつ頭上をバックウェポンで切り裂く。
威力アップ。地上相手にも密着なら当たる。chヒットせずともソードサマナーで追撃可能。
地上版は頭無敵の発生が1Fからとなり空中攻撃には負けないように。ガードされたらカウンターヒット確定なのは変わらず。
動作後半は空中にいるため、ラピッドキャンセル空ダJBのびっくり中段に使えなくもない。

対空性能が上がり、リターンも上がった。6Aや2Cで落とせない相手にはこの技を狙っていこう。
空中版は頭無敵がない代わりに乗算補正が良い。6B等のjc可能技から繋いで浮かせた相手にソードサマナーで追撃できる。

グラビティシード

重力場を設置し、範囲内に居る相手の横方向の速度を大きく制限する。
Aで出せば手前、Bで画面中央、Cで画面端手前 にそれぞれ設置する。
全ての必殺技ヒット時にこの技でキャンセル可能。
前作より重力場の影響発生が早く、相手が影響範囲内にいなくとも長い時間残るようになった。
代わりに横軸移動への制限が緩くなった?
使用の際は重力ゲージ(使った際にヒートゲージ真上に表示)が減り、全て溜まるまで使えなくなる。

前バージョンのFLの代わりを務める。動作後半をガード以外の行動でキャンセル可能。
ゲージ回復はかなり早い。相手が重力場の中ならばさらに高速回復し1コンボ中に2回以上使うことも出来る。
特定の技をヒット・ガードさせずにアクトパルサーが使用できる。


スパイクチェイサー

■ホールド可
■C追加可
■同技補正有り
溜めた後地面から巨大な剣を召喚する設置系飛び道具。
CP1.1よりも乗算補正が良くなり、コンボに組み込むと火力を伸ばしやすい。
同技補正は通常・ホールド・C追加で個別。

通常版は既存と同じ広範囲の設置飛び道具の牽制技。
巨大な剣がニュー手前から4本順番に出現して画面半分ほどを攻撃する。
この技を避けようとする所を刺したり、ガードした相手に触りに行ったり、状況を作ることができる。
密着でガードされると状況が悪い。

ホールド版は前作までのC追加版と同様、射程なしとなる。
巨大な剣がニュー手前から次々に出現して画面を横切る。
攻撃発生時にはニューが動けるようになるので飛び道具の壁とともに攻め込むことができる。

C追加版はコンボパーツと接近行動潰し。
CP1.1のルナフォルマと同様剣が2本だけ出現する。
溜めモーションの途中(ニューが手を下げて黒い何かが見える状態)から強制的に発動させる。
ダメージが若干下がるものの一部通常技から繋ぐことができるほど発生が早い。
スパイクの溜めモーションを見て攻撃してくる相手を迎撃することも出来る。
ただし攻撃後の硬直が長く、重力キャンセルしないと密着でない限り拾うことが出来ない。
受身不能時間そのものは長い為、対空から高めでこの技を当てるとダッシュ通常技で拾うことが出来る。
CP1.1のルナフォルマスパイクと違い、直前ガードされる一部通常技が確定する程度には不利なので注意。

シックルストーム

■ホールド可
■C追加可
■同技補正有り
高速で地を這う下段判定の飛び道具。
同技補正は通常・ホールド・C追加で個別。

通常版
ニューの手前から画面端まで高速で移動する。
CP1.1より威力が下がったが壁バウンドを誘発するようになった。
近距離でガードされると大幅不利。

ホールド版
ニューの手前で停滞した後、通常版よりも速く画面端まで移動する。
画面中央でも壁バウンドを誘発する。補正もダメージも通常版よりも良くなる。
壁バウンドをソードサマナーやダッシュ通常技で拾うことが出来る。
密着でもガード時は微有利だが直前ガードで不利。

C追加版
ニューの逆側の画面端近くからニューに向かって移動する。
発生位置は必ず画面外ではなく、ニューから一定距離離れた前方から。
よって端端になった状況では相手に当たらない。
ニューを通り過ぎても画面外に行くまでは消えないので、振り向かずに撃つなどしてこの技をニューの後ろでガードさせると有利フレームを取れる。
CP1.1よりダメージが下がったが、ニューの足元に高速で相手を引き寄せるようになり追撃しやすくなった。

クレセントセイバー

■ホールド可
■C追加可
■同技補正有り
高速で鎌を振り下ろす空中限定の飛び道具中段技。
ニューの近くにポケット地帯があるため、密着すると当たらない。
カウンターヒットすると受身不能になり、追撃が可能となった。
最低空で出さないとガードされた時の不利Fが長くなる。
OD時には受身不能となり、ノーゲージで追撃可能。
同技補正は通常・ホールドで個別。

C追加版
技の発生前エフェクトのみ出す。所謂フェイント。俗に言うクレキャン。
空中ソードサマナーがガードされたときの隙消しや崩しのアクセント、対空ずらしに使用する。
CP1.1では空中前後にダッシュ可能であったが、削除された。

ホールド版
C追加版にみせかけて威力を上げたクレセントセイバーを出す。
ニューが着地する前後で発生する為、ガードさせるとニュー大幅有利。

アクトパルサー

■空中可
一部技をキャンセルして出せる高速移動技。
キャンセル元は各種ソードサマナー、6C、重力等
移動中に一部無敵がある。必ず一定距離を移動して相手が途中にいた場合すりぬける。
後ろアクトパルサーが斜め後方に飛び上がるようになった。


ディストーションドライブ


レガシーエッジ

ニューから2キャラほど前に魔法陣を展開。そこから多数の剣を召喚して前方に飛ばす。
ポケット地帯があるため、相手のすぐそばで出すと硬直を晒すだけになる。
CP2.0から暗転前まで弾無敵がついた。飛び道具系DDの暗転返しに使えるかもしれない。
代わりに乗算補正が悪化。コンボレートタイムがFになった。
OD版は召喚する剣の数が増え、結果的に威力が上がる。ガードさせたときの拘束時間も長くなる。
通常版・OD版共に発生保障が有り、特に拘束時間の長いOD版は相手にガードキャンセル攻撃をくらっても消えずに相手に当たってくれる。
またOD版では弾無敵が完全無敵になっている。用途は謎。

カラミティソード

■空中可
画面1/3程前に巨大な剣を召喚して上から押し潰す。
発生まで無敵だが攻撃位置が遠い為切り替えしには使い辛い。
OD版はニューの目の前から4本の剣を召喚して連続攻撃。ポケットがない為切り返しに使える。
また4本全て中段判定の為rcから擬似ガー不にも持ち込めるものの相手側にODやヒートゲージがあると意味をなさない為実用性は薄い。
保障ダメージが高くコンボの〆に有効。
CP2.0から地上版の保障ダメージが上がった。
代わりにOD版の保障ダメージが下がった。

アストラルヒート

滅びの剣

相手は死ぬ