タイムアタックモード


ゴールまでのタイムをゴーストカーと争うモードです。
ステージ毎に登場するゴーストカーは最速データを記録しています。
ゴーストカーよりも速いタイムを出すと、プレイヤーの走行データがゴーストカーデータとして記録され、再生されます。
ネームエントリーで名前を入力すると自分の名前がゴーストカーにつくので、張り切って最速を目指しましょう!

ゴーストカーは、タイプ別(NORMAL/TUNED)ミッション別(AT/MT)に用意されています。
(公式より)




共通事項


  • AT(オートマティック・トランスミッション)かMT(マニュアル・トランスミッション)のいずれかを選択
  • F50、Enzo Ferrari、360 Spiderは6速トランスミッションを採用、それ以外の車種は5速トランスミッションを採用
  • 6速車はシフトアップの回数が多い分、スタートダッシュがやや不利
  • その他の性能は、基本的に全車種共通

  • 5面モード選択時と、15連続モード選択時とでは、ドリフト時の車体の挙動が微妙に異なる
  • Rの緩いコーナーではほとんど差異が見られないが、Rのきついコーナーでは違いが顕著になる
  • コーナーによっては、モード毎にドリフト起動地点を変更する必要性が生じる
  • 5面モードではドリフト旋回角度が付きやすく、速度が落ちやすい
  • 15連続モードではドリフト旋回角度が付きにくく、速度が落ちにくい



セッティング


ノーマル


  • ハンドリング重視
  • 最高速度は293km/h
  • グリップ走行中に一定量以上ステアリングを切ると、速度が落ちる特性を持つ
  • チューンド車に比べて加速性能が高い
  • チューンド車に比べてグリップ旋回力が高い
  • チューンド車に比べてドリフト旋回力が低い

チューンド


  • 最高速重視
  • 最高速度は300km/h
  • グリップ走行中にステアリングをどれだけ切っても、速度が落ちない特性を持つ
  • ノーマル車に比べて加速性能が低い
  • ノーマル車に比べてグリップ旋回力が低い(アンダーステア)
  • ノーマル車に比べてドリフト旋回力が高い(オーバーステア)



基本テクニック


ロケットスタート


  • スタートダッシュは、成功/失敗の2種類ではない
  • スタート時のタコメーターの回転数が、ある値にどのくらい近いかどうかでダッシュ力(=スタートダッシュの成功度合い)が変わる
  • 基本的なタイミングは、スタート時のカウントダウン「3」「2」「1」「GO!」の「1」が消える時くらいにアクセルをベタ踏み
  • 数字の周囲に放射線状に広がっている白線の直径が、「1」の数字にかかって10円玉ほどに小さくなったタイミングが目安
  • タイミングは全車種共通なので、どの車種でも同じ条件

ブレーキングドリフト


  • 通称ブレドリ
  • アクセルペダルを離すと同時に、ブレーキペダルを踏む
  • 即座にステアをコーナー方向に切り、アクセルペダルを踏む
  • カウンターを当ててグリップ走行に戻る

  • ギアドリに比べてアンダーステア
  • グリップ回復に必要なカウンター量が少ない
  • コーナーリング中の減速幅が小さいメリット
  • コーナーリング中に旋回角度を調整しづらいデメリット
  • コーナーリング中にステアを切り返すと速度が上がる(切り返し特典)


ギアドリフト


  • 通称ギアドリ、直ドリ(じかどり、ちょくどり)
  • MT車限定、ブレーキ操作なしでドリフトすることができる
  • コーナーの直前でシフトダウン→アップと素早く操作(ギアガチャ)
  • 即座にステアをコーナー方向に切る
  • カウンターを当ててグリップ走行に戻る

  • ブレドリに比べてオーバーステア
  • グリップ回復に必要なカウンター量が多い
  • コーナーリング中に旋回角度を調整しやすいメリット
  • コーナーリング中の減速幅が大きいデメリット

ドリフト再入力


  • MT車限定、コーナーリング中に再びギアドリフトを始動することができる
  • S字コーナーの途中でステアを逆方向に切り返し
  • 車体がコース(車線)に対して正面を向くタイミングでギアガチャ

  • 通常の切り返しに比べてオーバーステア
  • グリップ回復に必要なカウンター量が多い
  • コーナーリング中に旋回角度を調整しやすいメリット



応用テクニック


ディレイドリフト


  • 通称早ドリ(はやどり)、先ドリ(さきどり)
  • MT車限定、ギアドリ受付時間の長さを利用した応用技
  • ノーマル車に有効

  • コーナーの手前でシフトダウン→アップと素早く操作(ギアガチャ)
  • 約1秒ほどステアリングを動かさずに直進した後、コーナー方向へ切る
  • 最高速度(293km/h)からギアガチャした場合、通常の起動速度(288km/h)よりも高い速度まで回復することができる
  • ギアドリ受付時間を過ぎると失敗、ドリフトが起動しない
  • 旋回性能はブレドリに近く、直ドリに比べてアンダーステア

左足ブレーキ


  • アクセルペダルを離さずに、左足で一瞬ブレーキペダルを踏み込む
  • グリップでコーナーリング中、アンダーステアを軽減させることができる

アクセルオフ


  • グリップでコーナーリング中、アンダーステアを軽減させることができる
  • ドリフトでコーナーリング中、アクセルオフ&カウンターによって、フルアクセルよりも素早くグリップ回復が可能となる
  • ドリフトでコーナーリング中、アクセルオフ&切り返しによって、フルアクセルよりも鋭角にコーナーリングすることができる
  • フルアクセルのドリフトに比べて復帰速度が落ちるデメリット

フェイントドリフト


  • コーナーの手前でステアをアウト→イン、又はイン→アウト→インと振る
  • フェイントを入れた状態でステアを固定すると、一時的にグリップ走行よりも鋭角にコーナーリングすることができる(フェイント粘り)
  • フェイント粘りからドリフトを起動すると、通常よりも素早く車体の向きを変えることが出来る

維持ドリ


  • ドリフトさせて角度変化が落ち着いたところで、アクセルオフ&カウンター
  • すぐさまアクセルオンしてステアを進行方向に戻す
  • 成功すると一時的に速度が落ちずにドリフトする
  • 長いコーナーでは連続して複数回入力する
  • その際にはカウンターのあて角が変化する



分岐イベント


  • ステージ分岐を走行中、前のステージの走り方に応じて以下のキャラクターが出現する。

UFO ノーミス走行かつゴーストを更新した場合
戦闘機(アフターバーナー) ゴーストとの差が小さい場合?
プロペラ飛行機(プロペラアリーナ) コース外の路肩を踏んだ場合
ジャンボジェット機(スカッドレース) 大きくコースアウトした場合?
気球 壁に接触した場合
飛行船 クラッシュした場合
ハンググライダー 出現条件不明