基本情報
  FAQ
  ゲーム情報
  バグ
  用語集

攻略
  樹海
      第1層-第4層
      第5層-第6層
  樹海マップ
      第1層-第4層
      第5層-第6層
  FOE攻略
  ボス攻略
  ミッション
  クエスト
  育成・TIPS

データ
  職業
      ソードマン
      レンジャー
      パラディン
      ダークハンター
      メディック
      アルケミスト
      バード
      ブシドー
      カースメーカー
  スキル
      スキルツリー
      スキル速度
      全体術式ダメージ
  装備
      武器
      防具
  アイテム
      消費アイテム
      採集アイテム
      ドロップアイテム
      重要アイテム
  素材逆引き
  モンスター
      スキル一覧

交流
  アンケート
  次回作妄想・要望
  持ち寄りクエスト
  掲示板ログ
  2chスレッド
  リンク集

その他
  パロディ・元ネタ
  テキスト集
  命名に困ったら
  AA
  マッピングツール
  発売前情報
  攻略本誤植一覧
  書き込み練習場

総数: -
今日: -
昨日: -

更新履歴
取得中です。

台詞、イベント等(ミッション関連)


各種イベント、NPCの台詞などを書き込む場所です。
当然ながらネタバレ要注意。


執政院ラーダ

  • 初回のみ
ここは執政院ラーダ。
この街の統治を司る場所だ。

新たにエトリアを訪れし者よ。
君もまた世界樹の迷宮を
目的としてきたのだろう。

だがギルドを組んだばかりの冒険者など
我らは冒険者として認めはしない。

名ばかりではなく、本当の意味で
冒険者と認めてほしくば、我らの
出すミッションをクリアしたまえ。
(注:4頁3行「ミッション」はテキストの色がオレンジ。通常は水色)

新米冒険者の心得

  • ミッション「新米冒険者の心得」受領
君たちが引き受けた地下1階での
地図の作成、これは我々が樹海へ
挑む冒険者に課す試練だ。

樹海探索に必須である地図。
これを作る事が出来ないものは
冒険者として認めることはできぬ。

地下1階を君たち自身で探索し
全ての要素を書き写すがいい。
それが以後の探索に役立つはずだ。

では、樹海の地図を授けよう。
これを君たちの手で
より細かく描いていきたまえ。

(迷宮の地図を手に入れた)

では、樹海に行くがいい。
詳しくは地下1階で待つ兵士に聞け。

  • ミッション「新米冒険者の心得」コンプリート
兵士から報告は受けている。
無事に地図を作成したようだな。

無謀と勇気が同意語ではないと知り
引くときと進むときをわきまえた
一人前の冒険者として認めよう。

(ギルド名)といったね。冒険者に
必要な品物を用意しよう。

これを持って、シリカ商店に
届けるといい。これからの冒険に
必要なものを売ってくれるだろう。

そこで準備を整え、これからは
我らのために迷宮探索に
はげんでくれたまえ。

(執政院からの親書を手に入れた)
(500エン手に入れた)

スノードリフトの恐怖!

  • ミッション「スノードリフトの恐怖!」受領時
そうか、君たちが
引き受けてくれるか。

ありがとう。
では、詳細を話すことにしよう。

樹海の三階以降に、我々が
フォレストウルフと呼ぶオオカミの
群れが多数目撃されている。

それだけならばいいのだが…
そのオオカミの群れを率いる
魔物がいるようなのだ。

スノードリフトという名のボス
それがオオカミを操り、樹海の5階で
冒険者を待ち受けているらしい。

無論、ヤツらを倒す力を持つ冒険者を
執政院では雇っている。
君たちが出会った二人組みがそうだ。

しかし、全ての魔物を彼女たちが
倒したのでは…、多くの若い冒険者が
経験をつみ育つことができない。

そこで彼女達には
若き冒険者たちのサポートを
するように命じてある。

彼女たちの助力を得て
君たち若き冒険者が、
スノードリフトを倒してくれ。

密林の魔物ケルヌンノスを倒せ!

  • B9Fに初めて到達
飛竜の巣をを越えて
無事、地下9階へと
到達したようだな。

ならば、君たちに
伝えておくことがある。

原始の大密林と呼ばれる第二階層
その最終階に、恐ろしい魔物が
存在しているという事実を。

我々の知るだけで何組もの
冒険者たちが、地下10階で
その魔物の前に倒れた…。

そこで、その魔物を
倒すためのミッションを
執政院では発動することにした。

君たちに、かつてない困難に
立ち向かう勇気があるなら
受領してくれたまえ。

新規ミッションが発動しました。
メニューのミッションの受領を
選んで詳細を確認してみて下さい。
(ミッション「密林の魔物ケルヌンノスを倒せ!」が発動する)

  • ミッション「密林の魔物ケルヌンノスを倒せ!」受領
そうか、君たちが
引き受けてくれるか。

ありがとう。
では、詳細を長から
話してもらうことにしよう。

(グラフィックが眼鏡から長に替わる)

(ギルド名)の諸君。
ひさしぶりだね。

諸君がケルヌンノス退治を
引き受けてくれたと聞き
我らも喜んでいる。

地下10階に存在するその魔物、
我々は、古の神の名をかりて
ケルヌンノスと呼んでいる。

その昔…、腕の立つ何名かの冒険者は
地下10階の奥まで
言ったと聞いているが…。

ケルヌンノスが地下10階に
鎮座するようになって以来…

…二人の例外を除き
この街の冒険者で第三階層に
到達した者はいない。

諸君らがケルヌンノスを倒し
第三階層への道を切り開いて
くれることを期待している。では…

(グラフィックが長から眼鏡に戻る)

では、お願いする。
気をつけてくれたまえ。
(注:5頁3行「ケルヌンノス」はテキストの色が黄色。通常は水色)

  • ミッション「密林の魔物ケルヌンノスを倒せ!」コンプリート
ケルヌンノス…、あの密林の魔物を
退治してくれたようだね。

ありがとう。あの魔物の存在は
我らも非常に頭を悩ませていたのだ。

つい先日、この街にきたばかりと
思っていたが、君たちも十分立派な
冒険者に育ったようだね。

お陰で樹海のさらに奥、
第三階層を調査することが
可能になった。

その働きに報いるため
些少ではあるが報酬を出そう。

3500エンを手に入れた

君たちのお陰で進めるようになった
樹海の第三階層。

これまで調査できなかった所を
今後、調べていく予定だ。

といえど、右も左も解らない場所
とりあえずは地図を作成することから
始めていくよう指示をしている。

…実はすでに何名かの兵士に、
地図を作るよう命じて
探索に行かせているのだが…

…彼らだけではこころもとない。
どうだろうか?

密林の王を倒した君たちが
協力してくれないだろうか?

新規ミッションが発動しました。
メニューのミッションの受領を
選んで詳細を確認してみて下さい。
(ミッション「新たな階層の地図をつくれ!」が発動する)

新たな階層の地図をつくれ!

  • ミッション「新たな階層の地図をつくれ!」受領
そうか、君たちが
引き受けてくれるか。

ありがとう。
では、詳細を話すことにしよう。

樹海の地下11階、12階は
我々執政院にとっても
謎の地域なのだ。

その昔、足を踏み入れた
冒険者がいたと聞いているが…

今の我々にその情報は
残っていないのだ。

そこで、何人かの勇気ある兵士に
まず地下11階へおもむいて
地図を書くよう指示したのだ。

しかし、新たな地の探索は
彼らだけには荷が重い。

ぜひ君たちが、彼らと協力して
地図を完成させるよう努力してくれ。

  • ミッション「新たな階層の地図をつくれ!」コンプリート
さすが(ギルド名)だ、ありがとう

私はね、常々考えているのだ。
この樹海がなぜ
存在しているのか…と。

不思議な生物たちに、延々と
下へ続く奇妙な構造。

君たちは、これが自然にできた
ものだと本当に思うかね?

…私は、樹海には何か
大きな秘密が隠されていると
思っている。

そして、それを突き止めることが
この街のために
なるとも考えている。

だが、長は…、あの方は違うようだ。

あまり話される方ではないが
樹海はこのままでいい。
秘するが花だといっておられた。

あの方はもしかしたら
今以上樹海の探索を進めることを
望んでおられぬのかもしれない。

…すまない、そんな話を君たちに
しても仕方がないことだ。

とにかく、この地図のおかげで
また一つ、樹海の資料が完成した。

その働きに報いるため
些少ではあるが、報酬を出そう。

5000エンを手に入れた

ところで、引き続いて
お話があるのだが聞いてくれるかね?

樹海の地図を作成するために
樹海の各地に兵士を派遣したところ…

どうやら、樹海の奥に人ではない
謎の生物がいるらしいとの報告を
受けたのだ。

見た目は人とほぼ変わらない
しかし人ではない生物。

これが事実だとするならば
驚くべき大発見となる。

どうか君たちで
樹海のさらなる奥に進み
その謎を探ってくれないか?

新規ミッションが発動しました。
メニューのミッションの受領を
選んで詳細を確認してみて下さい。
(ミッション「樹海に住む謎の生物を調査しろ!」が発動する)

樹海に住む謎の生物を調査しろ!

  • ミッション「樹海に住む謎の生物を調査しろ!」受領
そうか、君たちが
引き受けてくれるか。

ありがとう。
では、詳細を話すことにしよう。

先にも伝えたことだが
第三階層の奥、我らの調査が及ばぬ
地域に謎の生物がいるようだ。

樹海の内部に住む亜人間。
我らとしては放っておけぬ。

それにどういった対処をするか
現在、長と相談している所だ。

君たちは、とりあえずその生物の
詳細を調べ、報告して欲しい。

ただし、注意せよ!
謎の生物が友好的とは
限らないのだからな。

  • ミッション「樹海に住む謎の生物を調査しろ!」コンプリート
謎の生物と遭遇したのか。
そして、これがその生物が
落とした石版…。

なにか不思議な文字が
彫ってあるようだね。

…それについては
こちらで調査してみよう。

その文字を調べれば
その生物について
何かわかるかもしれない。

この石版は執政院であずかる。
君たちは、引き続き
樹海の探索を進めて欲しい。

そうそう…、その働きに報いるため
些少ではあるが報酬を出そう。

8000エンを手に入れた

モリビトせん滅作戦

  • B16Fでフラグを立ててから執政院に入る
(眼鏡)
樹海探索は続けているかね、君たち?
我々も、先日頂いた石版の文字の
解読作業を進めているところだ。

…なに?樹海の奥に進むために
あの石版が必要かもしれない?

…ちょっと待ってくれるか?
私の一存では決めかねる。
この執政院の長と相談してほしい。

(長)
久しぶりだな
(ギルド名)の諸君。

…さて、貴君らが先日
入手してくれた石版の話だったね。

それを調べて少し解ったことがある。
聞いてもらえるだろうか?

…貴君らが遭遇した者は、モリビトと
呼ばれる森の住人…、人とは違う形で
進化した生物のようだ。

彼らは森に住み、森を聖地とあがめ
そこに来る人間を敵対者として
始末しようと考えているらしい。

これまでも、樹海の奥で冒険者が
倒れることがあったのだが…
全てモリビトの仕業だったようだ。

我々としては、発見した樹海の
さらなる奥を調査したいのだが…。

…樹海の先を探索するためには
そのモリビトたちとの戦いを
覚悟せねばならないだろう。

そこで…、石版を返す代わりに
貴君らに頼みがある。

今より発動するミッションを
引き受けてもらいたいのだ。

詳しくは後に任せる。
よろしくお願いする。


新規ミッションが発動しました。
メニューのミッションの受領を
選んで詳細を確認してみて下さい。


(眼鏡)
そういう訳だ。
君たちの判断に期待する。

  • ミッション「モリビトせん滅作戦」受領
そうか、君たちが
引き受けてくれるか。

ありがとう。
では、詳細を話すことにしよう。

といっても、詳細は先ほど
長が話した通りだ。

地下16階の先、モリビトたちが
住む区域に潜入し、ヤツらを
退治してもらいたい。

…正直、私としては戦う前にまず
モリビトたちと接触し、平和的な
解決法を求めたいのだが…。

長は彼らを危険視し、私の意見は
甘いとおっしゃる。

世界樹の迷宮あってのこの街。
全ては街のためだと長はいわれる。

…ならば、私としても依存はない。
長に従い、努力するのが
我らラーダの役割だ。

(ギルド名)の諸君。
よろしく頼んだぞ。

  • ミッションを受領し、B17Fでモリビトの少女に遭遇後
ご苦労だね、君たち。
樹海の第四階層の探索は
順調に進んでいるかい?

…何?モリビトの少女と
出会っただって?

人とモリビトの協定…
古き時の約束、か。

…私はね、世界樹の迷宮の奥には
今の時代には失われた、過去の
何かが眠っていると感じている。

それが何なのか…
君たちの協力によって
解明したいと考えている。

だが、長は…。
正直、どう考えておられるのか
私にはわからない。

最近、二人組の冒険者を呼び
何か話し込まれているようだが…。

とにかく、長をお呼びしよう。
君たちからも話を聞いてみたまえ。

(グラフィックが眼鏡から長に)
報告は聞いている。
順調に探索を進めているそうだな。

モリビトと出会ったか。
そして、ヤツらは樹海が
自分たちの物だと主張したと……。

…古き盟約。それが事実だとすれば
樹海は彼らのものだというのか。

………。

…そんなはずはない。
それを認めては、この街は成立たぬ。

樹海とそれをめぐる冒険者…
それにより街はうるおい
発展してきたのだ。

今さあら、樹海はモリビトの物だなどと
認めるわけにはいかない!

諸君…、前に受けてもらった依頼
覚えているだろうな?

この街のためにモリビトを
何としても駆除してくれ。

ヤツらの存在は…
危険なのだ。

(グラフィックが長から眼鏡に)
…話は終わったようだね。

私の意見とは違い、やはり長は
問答無用でモリビトを
倒すつもりらしい。

人ではないとはいえ…
人に似た者たちと戦うとは。

君たちにも迷いがあるかもしれないが
君たち以外に頼める者もいない。

危険な戦いになるだろうが
よろしくお願いする。

…しかし、長があの二人組に
頼まないのは何故なのだろうか。

  • 上記イベント後「外に出る」
(グラフィックが長に)
………。

誰も足を踏み入れたことのなかった
第四階層、モリビトの所まで
たどり着くとは…。

(ギルド名)か…、あの者たちを
これ以上、放置する訳にはいかぬ。

モリビトによって
倒されるならそれで良し。
モリビトをも倒すようならば……。

…あの二人に頼む必要がある。

…それでも、それすら乗り越え
樹海の秘に到達するかもしれん。

…おろかなことだ。

秘密を暴いた所で何も生まれぬ、
誰も幸せになれぬというのに………。

  • ミッション「モリビトせん滅作戦」コンプリート
お疲れ様です、みなさん。

第四階層で、モリビトの守護をを
打ち倒したそうですね。
他の者たちから話は聞きました。

モリビトたちの数が減り
迷宮を探索しやすくなったと…
長に代わり礼をいいます。

…これで、ついに誰も
到達したことのない第五階層に
挑むことができますね。

しかし、長はどこに
行ってしまったのか…。

迷宮に用があるといって出かけたきり
未だに戻らないのです。

迷宮の謎が解けるなら
自分がその目で見届けたい…
そう考えたのかもしれません。

みなさん、どうでしょう?
このまま迷宮を探索して頂くついでに
長を探してい頂けないでしょうか?

これは、私の個人的なお願いですが
どうかよろしくお願いします。

長あっての街…、長がいないため
みなが不安に思っています。

どうか、よろしくお願いします。

15000エンを手に入れた







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー