※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

About StyleShare

ここはSleipnir用プラグイン、StyleEditorのスタイルファイルを共有するための
Wikiです。

このプラグインの持つUIは、プログラミング支援用のIDE(統合開発環境)ライクになっていてとても多機能です。

付属のドキュメントだけでは使い方がよくわからない方のために、画像を多用して解説も作成してみました。

また、各自が作成したユーザースタイルを配布して共有していただけるように専用のページを設けてあります。

ファイルの登録法は多少煩雑ですが、Sleipnirユーザー同士で活用して頂けたらと思います。
※注:フェンリル株式会社の公式ではありません。
現在、左メニューのテンプレート案およびSandBox、右メニューからアクセス出来るスタイルファイル配布ページはどなたでも編集可能です。

いずれはほとんどのページの編集権限を解放するつもりでいましたが、一部のページにおいてエスケープした文字が編集画面を開くと元に戻ってしまうという、このWiki特有の痛い仕様に遭遇してしまいましたので、ある特定のページにおいては編集できない場合があることをあらかじめご了承ください。

StyleEditorについて

StyleEditorとは、Fenrir.incがフリーウエアとして提供している、高機能タブブラウザー、Sleipnir上でユーザースタイル作成(CSS編集)/適用環境を提供するプラグインです。

また、個人が作成したスタイルファイルを、オンライン上に公開する事で、共有することができる機能があります。

対応しているのはSleipnirのunicode版+IE7以上のレンダリングエンジン(Trident V以降)のみですので、Windows98/Me、ならびにGeckoでの利用はできません。

どういう物かを知るには、実際にインストールして見るのが早道なので、とりあえず下記リンクからStyleEditorをインストールしてみましょう。

[StyleEditorをインストール]

インストール後にSleipnirを再起動して、この下のセル左下にあるuser.styleファイルへのリンクをクリックして、StyleEditor用のスタイルファイルをインストールします。

その後ページを最新の情報に更新すると、このページの下部に表示されていたGoogle Adsense広告が見えなくなっているはずです。

2009/02/10現在、Cycloneと併用しているとスタイルが適用されないことを確認しています。
※2009/02/12付けのCyclone 0.1.9にて対策がなされました。


この例では広告の非表示をして見ましたが、実際はもっと色々な事が可能になります。
HTMLを編集できるわけでは無いので、サイトの構造自体を書き換えることは出来ませんが、CSSを一部書き換えることによって、サイトの背景色や文字サイズ、文字色などを自分好みに「リデザイン」することが可能となります。

詳細は左メニューのStyleEditorドキュメント、およびStyleEditorの使い方を参照してください。

StyleShare 概要
StyleShare_test.png
このWiki内の各ページに現れるGoogle Adsense広告およびフッタに現れるWiki関連タグクラウド表示やWiki宣伝用エリア、さらには編集画面の邪魔な広告画像を非表示[display:none]にします
author:StyleShareOwner
user.styleをインストール 広告非表示系:CSSリデザイン系

 解説に使用している画像はStyleEditorのバージョンが0.0.6時点のものです。