迷い誘われ夢 情報収集編 シア・流奈編 最終章

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

迷い誘われ夢・情報収集編 

第2章 ヴァイシャリーの湖に纏わる謎

キマク 商業地区・酒場「心のオアシス」

タラスの案内で流奈と凛は酒場に到着した・・。しかし、何なら騒がしいようだが?

流奈「何の騒ぎかしら」

凛「どうやらあの娘が原因みたいね・・。」

凛がそういうとカウンターのほうに指を指す、そこにはシアが酔いつぶれて叫んでいる。

シア「ひっく・・ベットでねたいぃ~!」

ルナア「ちょっと!シアちゃん!こんなところで寝ちゃだめよ!」

注文のミスのせいか・・飲み間違えたのか、カフェオレとカルアミルクを飲み間違えしまいシアは酔っ払ってしまったのだ・・。

マスター「困りましたね・・。どなたかこの方を二階の宿に」

そういうと二人組みの男がシアを二回の宿へと連れていった。

それについていくルナア、男二人組みに抱えられたシアは夢は中だがなぜかうなされている・・。

カウンターが空いたので流奈達はそこに座って今後を話し合うことにした。

マスター「いっらっしゃいませ、ご注文は?」

流奈「ウーロン茶と凛とタラスは?」

凛「私はカシスソーダ」

パコン

凛がお酒を頼もうとするとなぜかメガフォンで叩かれた。

流奈「遊牧民の人を助けるまでお預け!!」

凛「ケチィ~」

凛はヤキモチを妬く・・。せっかく酒場まで来たのにお酒を頼めないのは残念らしい。

タラス「僕はお水。」

流奈「あら、謙虚な子ね・・マスター、この子にはオレンジジュースね。」

マスター「かしこまりました。」

そういうとマスターはその場で飲み物の支度し始めた。

タラス「お姉ちゃん、いいの?」

流奈「いいの、いいの。こういう場合はお姉さんのいうことを聞くものよ」

そういう流奈はタラスの頭をなでる。

数分後

流奈「怪しいと思うのは湖ね。心を奪うモンスターだなんて・・聞いたことないし」

凛「私も・・なんか胡散臭そう・・。」

マスター「それでしたらあちらの方にお話を聞かれては?」

マスターがとある男に指を指す。

指した方向には右目に眼帯をし、黒装束を来た男だった。

流奈「じゃあ、私が聞いてくるわ。」

凛「じゃあ、お願いね。」

そういうと流奈は眼帯をした男の元へと移動した。

眼帯をした男「なんのようだ?」

流奈「ねえ、ヴァイシャリーの湖について聞きたいんだけど?」

眼帯をした男「あそこには宝珠の園と呼ばれる迷宮がある。そこで行方不明者が何百人いると聞く。生きて帰れるかわからぬぞ。」

流奈「それでもいくわ!」

眼帯をした男「・・・。それなら星の入った宝石は見るな。」

流奈「星の入った宝石?」

眼帯をした男「見たらすぐに目をつぶってまっすぐ走れ、後ろはむくな。」

流奈「ありがとう。助かったわ」

眼帯をした男「礼には及ばん、気をつけろよ。」

そういうと眼帯をした男はマスターに代金の入った袋を投げ、酒場を後にした。

流奈「これだけでは情報が少ないわね、もう少し聞き込みをしよう。」

流奈は周囲を見ながら情報通の冒険者を探すのであった。

続く

アトガキ

アクションの都合で伸びてしまいました・・。

次回もどうなるかはアクションしだいです。