※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 高校一年の川平順一(カワヒラジュンイチ)は、クラスメイトである
近藤 真織(コンドウマオリ)に密かに想いを寄せていた。真織のほう
もまんざらではないらしく、初々しい二人の交際がスタートする。
 秋の香り溢れる空の下、二人は寄り添って歩いた。

 そんなある日、真織の様子が突然変化する。冷たくなり、順一には顔
も向けない。何も言わない人形のよう。
 そして数日後、順一は放課後に誰かに呼ばれ——


「復讐、したいの?」
 それは誰の言葉だったか。


  • 伝奇恋愛ノベル
  • 攻略キャラは3人だと思われる。あんまり恋愛要素はない。
  • 全年齢
  • FWで製作

【おおまかなあらすじなど】
 主人公はプロローグの後(放課後に呼ばれた時)、真織に殺害される。
 殺害された後に「藤本夕(ふじもとゆう)」と名乗る少女に復讐するか
しないか聞かれ、結局復讐する事に。
 夕は「霊使(れいし)」という職業に就いていて、順一の強い未練から順
一に自らの身体を貸す事にしたのだと言う(後述)。
 其処から夕と順一の復讐劇が始まるっつーなんともありがちと言うかそ
んな物語です。

【霊使について】
  • 人(霊)に自分の身体を貸す職業。
  • 自分の身体を貸すのは、霊使でなければ出来ない(霊が一方的に承諾無し
に身体を借りるのは無理)。
  • 強い未練の霊にだけ身体を貸す。その際殺されないように戦闘能力は高い。
  • 霊使の半径三メートル以内に常に霊は居なければならない。
  • 霊使に憑いた霊を見たり触れたり話したりできるのは霊使のみ。霊使は自分
に憑いていない霊は見る事が出来ない。
  • 身体を貸す際、乗り移り状態になる。霊使はそのとき自我を持っており、霊
が霊使の身体を殺そうとした時のためにいつでも対応できるようにしている。
  • 霊使は特別に選ばれた人間。ある日突然「霊使です」と呼ばれる事もある。
  • 霊使を管理しているのは「霊使庁」の特別霊使。普通の人間や霊使には見えない
 場所に建っている建物。
  • 霊使を研究している人間も居るが、彼等は霊使によって見張られ、少しでも
 機密事項に触れようとすると殺される。
  • 霊使同士で戦う(お互いに霊を乗り移らせて居るのが条件)場合、必ず着物を
着る。着やすく裾を結んだりするなどの事は許可。
  • 給料は月々15万円程度。ただし働きように寄っては20万に上がったりする。
  • 互いの承諾無しに他の霊使に襲いかかった場合、特別な銃を使い霊と霊使の
存在を消す。
  • 霊が霊使に乗り移って人間を殺した場合、霊使と霊は特別な銃を使い存在を消される。
殺された人間の霊は「未練が強い場合」霊使と組んで復讐する事が許される。
復讐する場合、霊使庁は復讐に手を貸さない。復讐しようとして返り討ちにあった場合は
犯罪者の霊と霊使を消すという処置に至る。
  • 政府にも言っていない特別な機関のため、霊以外の口外は禁止。
  • 戦闘をしているとき、霊使の姿は一般人には見えない。
それは着物を着ているからである。着物は特別なもの。


【今語り編・進行表】
  • 第一章 真織と付き合い始めるところから。真織選択肢+10、     
     普通にいちゃいちゃ。真織に殺されてから第二章へ。真織CG一枚。
  • 第二章 夕と契約〜めまぐるしい一日終了。あとお見舞い。夕選択肢+10。
     中川さんと邂逅。今語りで中川さんが出てくるのはここだけ。
     あんま楽しくない。夕と契約するときにCG。
  • 第三章 真織に襲撃を受ける。 
     真織&夕選択肢+10
  • 第四章 楽しいお買い物。の途中にヤクザに絡まれる。夕は武器を出せず。
     そのとき、主人公が夕に憑いてヤクザ撃退。夕選択肢+10
     そのあと夕の母の元へお見舞い。何か言葉を言いかける。夕選択肢+5
  • 第五章 最初の戦闘シーン。真織と。夕CG1枚。真織CG1枚。
     夕・真織選択肢+10
     夕・真織選択肢+10
  • 第六章 星空のもと、夕と会話。お母さんについて。夕選択肢+10
     真織について 真織選択肢+10

(ここで分岐)(夕は35以上、真織は30以上)
(どっちもムリだったらバッドエンド)

『夕シナリオ』
  • 第七章 あの夜から夕の仕草がちょっと変わる。
     夕のバイトを手伝う 夕選択肢+10
     夕に「ありがとう」と言われる。ちょっと恋愛フラグ?
  • 第八章 真織に襲撃を受ける。最期の戦い。
     CG1枚。終わってから真織と沙絵を銃でターン!
     夕CG一枚。泣くとき。主人公はまともに成仏。

『真織シナリオ』
  • 第七章 真織の考えている事をまともに考える。夜、部屋に本物の真織が訪れる。
    (夕は寝ている)。真織選択肢+15
     「明日、戦おう」
  • 第八章 最期の戦い。主人公はあきらめきれず、真織の側に立とうとする。
     契約をとき、真織の側に憑く 契約CG
     んで夕に銃でターン。真織CG

【昔語り編】
『昔語り』
  • 第一章 結婚式の日から。幸せそうな二人の日常。
     選択肢+10
  • 第二章 始まる日常。ただ二人で買い物に行くだけの話。CG一枚
  • 第三章 霊使について明かされ始める真実。沙絵が特別出勤
     する話。CG一枚 選択肢+10 選択肢+5
  • 第四章 子供が出来る話。夕焼けのもと、沙絵と会話。CG一枚。
     選択肢+10 選択肢+5
(ここで分岐 だめだったらバッドエンド 30以上でいいほうへ)
  • 第五章 沙絵といちゃいちゃする話。沙絵とお弁当を食べにいったり。
     沙絵が哀しそうな笑顔を見せる。選択肢+10
  • 第六章 沙絵が襲われ、死亡する話。CG一枚

【末語り編】
『末語り』
  • 第一章 夕シナリオでの最後の戦い直前、屋上でかわされる夕と主人公の会話。
     選択肢+10 
  • 第二章 戦いの日、監視と称してやってくる園次郎。選択肢+10
     園次郎の姿を見て足早に逃げていく真織 CG一枚
  • 第三章 捜査を始める園次郎、手伝いをする夕。
     夕の母について、夕に詳しい事を聞く。選択肢+10
     霊使庁からの帰り際に母にお見舞い。前のを言う選択肢+10
     夕が眠っている表現をして、四章へつなげる。
  • 第四章 夕が過去を語る。幼少時からの視点。
  • 第五章 園次郎の家に遊びに(?)いく話。資料だとかで奥さんとの過去を
     垣間見る 選択肢+10
     帰り際にファミレスで食事。選択肢+10
(ここで分岐。50以上だといいほうへ)
  • 第六章 六章のみ真織視点。ここで霊の正体が沙絵だと発覚。CG一枚
     殺しをしたあの日の気持ち、戦闘の日の気持ち。を別視点で。
     真織の本性等もここで。
  • 第七章 園次郎の家でいろいろ会話。
     奥さんの好きだった場所へ行き、奥さんとの想い出話を聞く。
     主人公も自分がこれからどうしたいのかを語る。(夕に憑いて)
  • 第八章 沙絵の好きだった場所にまた3人で集まっているときに真織登場。
     戦闘に。CG3枚。その後真織(中身沙絵)が園次郎に抱きついて
     告白。CG一枚。そして本物の真織が主人公に抱きついて
     告白。CG。
     園次郎が真織を抱きしめる。CG。消えていく真織もCG。
     大泣きする夕もCG。
     そして舞台は未来へ。
  • エピロ 夕と園次郎のアフター。園次郎も夕も幸せに暮らしている。
    「もしかしたら、これはハッピーエンドなのかもしれません」
     そうして、物語は終了。