3rd-G


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【用語名】 3rd-G
【読み方】 サードギア
【母体概念】 『鉱物は命を持つ』『鉱物は生きている』『金属は生きている』
【原型】 ギリシャ神話
【神州世界対応論】 瀬戸内海
【Low-G対応国】 ギリシャ

【詳細】

金属に命と意思を宿し、更に行動するために軽度の重力制御能力が与えられる概念を有した世界。
ギリシャ神話の原型とされるGで、Low-Gではギリシャ、神州世界対応論では瀬戸内海に対応する。
ある一定まで続く空に幾つかの大陸が浮遊する世界で、古代にはどうやってかは不明だが海も存在していた。

3rd-G人類はギリシャ系の容貌を持ち、個々に細分化された概念核を有していた。
その恩恵としてそれぞれが3rd-Gの自然の1つを操る特殊能力と、数千年単位の長寿を有し、
各々が持つ概念核(の断片)は保有者の死を持って概念核本体に還り、
そして新生児に付加されるというサイクルが存在する。

これらの事から3rd-G人類は概念核を「冥府(タルタロス)」と呼び、
概念戦争中は冥府を制御するための装置「冥府機構(タルタロス・マキナ)」が建造された。
Top-Gを除けば唯一武神自動人形を開発するほどの卓越した技術を有した世界で、
開発の理由は人数が少ない上に浮遊大陸であるという世界構造から不足していた労働力を補うためである。
武神は単体での労働力を補い、自動人形は人手の増加を果たすために開発された。

政治大系は王族に定められた一族による全浮遊大陸の統治であるが王の権限は非常に強く、
誰も王の暴走を止められる者はいなかった。

数字の上ではGの中でも下位に属するが、工学や技術力では当時最高位に君臨しており、
概念戦争当初はその抜きん出た技術力で概念戦争に勝利しようとしていた3rd-Gだったが、
元々各々が数千年単位での長命であったため世界をギリギリ維持できる程度の必要最低限の人口しか人類がおらず、
概念戦争での犠牲に加えて原因不明の出産率の低下による人口の減少、
そして9th-Gにより空中大陸の1つが破壊された事で余裕を失った。

当初王だったクロノスは息子のゼウスに幽閉され、そして新たな王となったゼウスは概念戦争に生き残るため、
3rd-G人類は元より他Gの捕虜の肉体を武神の部品とする大量虐殺(ホロコースト)の禁忌に触れ、
更には自分の娘(レアとの子で飛場・美影の事)をクローン技術で増産し、
自分との子を産ませて人口を増やすという近親相姦による人口回復の計画も練った。

しかし結局はそれでも概念戦争で優勢を得る事は出来ず、
3rd-G人類が王族のみになった頃にゼウスは敵対していた9th-Gに恭順することとなったが
美影を取り戻すため単身乗り込んできた飛場・竜徹によって
ゼウスやアポルオンは殺され、概念核の半分も奪われたため3rd-Gは滅んだ。

上記の通り、概念戦争中に犯した数々の罪からかなりの数のギアから恨みを買っており、それが全竜交渉の最大の足かせとなる。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。