自動人形


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種族名】 自動人形
【読み方】 じどうにんぎょう
【登場巻】 第1巻・上~

【詳細】

3rd-Gが作りだした人型機械。
人型の無機物に魂を宿した種族の総称。
情報処理能力に長け、、共通記憶と呼ばれる同型タイプの自動人形同士のネットワークを持つ。
感情はないが個体ごとの性格は存在し、登場する自動人形達は基本的にアグレッシブな性格のものが多い。

3rd-Gの自動人形は一部にしか名前がなかったが、月読・京が来た時に花の名前をつけられる。

また共通の能力として共通記憶のほかに重力制御があり、それを用い掃除や武神の整備を行ったり戦闘に転用させる。
基本的に3rd‐Gの自動人形は日常生活のサポート用として開発されたので戦闘用の個体は少ないが、
Top-Gレヴァイアサンが作りだした自動人形は戦闘用として生み出されたため
重力制御は強力かつ広範囲に発生可能。

Low-Gでも自動人形は何体か作っている。技術は独逸UCATが特に発展している。
そこで作られたのがSf

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。