ライブラリの編集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。







回路図からライブラリを抜き出す

デザイン→プロジェクトライブラリの作成。
回路図中に書かれた部品をひとまとめにしたライブラリを瞬時に生成できる。

部品のパラメータを一括で変更する

  • ツール→パラメータマネージャまたはフットプリントマネージャ。
セルをダブルクリック、または右クリック→編集で選択すると編集できる。
部品説明やフットプリント、デジグネータなどをプロジェクト全体で一括管理、変更できる。

抵抗の値やコンデンサの表示を一括で編集

編集したい部品の一つを右クリック→類似オブジェクトの検索。
「一致範囲セレクト」チェックボックスをオンにしたら、
選択したい素子のパラメータを「Any」「Same」「Different」から選び、検索実行する。
検索結果に一致する部品のみハイライトされるので、その状態でパラメータを上書きすると、
一括して編集ができる。
電源ラインやグラウンドの名前をまとめて変更したり、
抵抗のコメント(Res semiなど)をまとめて非表示にしたりと便利な機能。


部品ドラッグ時に線を追従させる

デフォルトではCtrlを押しながらドラッグすることで配線を部品に追従させるが、
Circuit Makerのようにドラッグのみで線を追従させたい場合、以下のように設定を変更する。

ツール→プリファレンス→Schematic→Graphical Editing、でオプションの「常にドラッグ」チェックボックスをオン。