BitBang Mode AVR-Writer on Mac


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(2013.12.2更新)
『外付けAVRライタ無しでBootloaderを書き込む』
http://www.geocities.jp/arduino_diecimila/bootloader/
http://www.geocities.jp/arduino_diecimila/bootloader/index_old.html
をMacでやりたい。

環境は、
  • Arduino2009
  • macbook OSX 10.4.11 -> 10.9 (2013.12.2更新)
です。

ドライバの準備

ダウンロード


インストール

ReadMe.rtfに従ってインストールする。
(libftd2xx.0.1.6.dylibを/usr/local/libにコピー。
libftd2xx.0.1.6.dylib -> libftd2xx.dylib にシンボリックリンク。
ftd2xx.hとWinTypes.hを/usr/local/includeにコピー。)
% ls -l /usr/local/lib/libftd2xx*
-rwxr-xr-x   1 root  wheel  212748  2 24 01:47 /usr/local/lib/libftd2xx.0.1.6.dylib
lrwxr-xr-x   1 root  wheel      36  2 24 01:50 /usr/local/lib/libftd2xx.dylib -> /usr/local/lib/libftd2xx.0.1.6.dylib

% ls -l /usr/local/include/(ftd*|Win*) 
-rwxr--r--   1 root  wheel   2230  2 24 01:49 /usr/local/include/WinTypes.h
-rwxr-xr-x   1 root  wheel  23433  2 24 01:48 /usr/local/include/ftd2xx.h

テスト

(成功例)
% cd D2XX/Samples/BitMode
% make
% ./bitmode 
ucMode = 0x0
% cd D2XX/Samples/Simple

追記:このフォルダにあるRules.makeを以下のように修正しないとmakeが失敗する。
修正前:CFLAGS=-Wall -Wextra -L. -lftd2xx -Wl,-rpath /usr/local/lib
修正後:CFLAGS=-Wall -Wextra -L/usr/local/lib -lftd2xx -Wl,-rpath /usr/local/lib

% make
% ./simple
Device 0 Serial Number - A9005bvI
Opened device A9005bvI
^CClosed device
↑こうなれば成功なのだが、Arduinoのシリアルドライバがインストールされている場合うまくいかない。

(失敗例)
% cd D2XX/Samples/BitMode
% ./bitmode                                                        
FT_Open(0) failed = 3
% cd D2XX/Samples/Simple
% ./simple 
Device 0 Serial Number - A9005bvI
Error FT_OpenEx(3), device

USBシリアルドライバとD2XXドライバは排他的なので同時に使うことができません。
ターミナルから以下のコマンドでUSBシリアルドライバをアンロード/ロードできます。
sudo kextunload /System/Library/Extensions/FTDIUSBSerialDriver.kext
sudo kextload   /System/Library/Extensions/FTDIUSBSerialDriver.kext

2013.12.2更新:MavericksではOSにFT232RL用のドライバが標準で添付されるようになった。これをunloadするには、
sudo kextunload -bundle com.apple.driver.AppleUSBFTDI
を実行する。追記:両方ともunloadする必要がある。
参考[1]: http://libusb.6.n5.nabble.com/libusb-Accessing-managed-devices-with-OS-X-td5712602.html
参考[2]: http://www.oversea-pub.com/free/environment/2083.html

(アンロード&テスト)
sudo kextunload /System/Library/Extensions/FTDIUSBSerialDriver.kext
% cd D2XX/Samples/BitMode
% ./bitmode 
ucMode = 0x0

bitbangを使い終わったらふたたびArduinoを使えるように、
sudo kextload   /System/Library/Extensions/FTDIUSBSerialDriver.kext
としてUSBシリアルドライバをロードしておきます。

avrdude-6.0.1のビルド

avrdude 6.0.1が2013年9月17日にリリースされています。
これはFT232R/245Rのbitbangモードに対応しましたので、以下のserjtagパッチは不要となりました。
(詳しくはhttp://savannah.nongnu.org/forum/forum.php?forum_id=7719を参照)

ソースからconfigure;make;(sudo?)make installでビルドして使えるようになりました。
"ft232r"あるいは"ft245r"というプログラマ名で使えます。SPI接続は付属のavrdude.confを見てください。
追記:2014年3月28日に再確認したら、3月12日に6.1がリリースされていました。リリースノートは見つかりませんでしたので、何が変わったのかは不明です。ダウンロードはhttp://download.savannah.gnu.org/releases/avrdude/から。

serjtag-0.3 + avrdude-5.3.1のビルド

mkdir mac_bitbang
cd mac_bitbang
wget http://www.nmj.sakura.ne.jp/suz-avr/serjtag/serjtag-0.3.tar.gz
# wget http://www.geocities.jp/arduino_diecimila/bootloader/files/serjtag-0.3.tar.gz
wget http://ftp.twaren.net/Unix/NonGNU/avrdude/avrdude-5.3.1.tar.gz
# MD5 (avrdude-5.3.1.tar.gz) = 58c2be9f7a864b930ed9e6f1858f5cc7
# MD5 (serjtag-0.3.tar.gz) = 7228de34ad8221598401cd631dd6f55e
tar xvzf avrdude-5.3.1.tar.gz
tar xvzf serjtag-0.3.tar.gz
cd avrdude-5.3.1
patch -p1 < ../serjtag-0.3/avrdude-serjtag/src/avrdude-5.3.1-usb910.patch
patch -p1 < ../serjtag-0.3/avrdude-serjtag/src/avrdude-5.3.1-avr910d.patch
patch -p1 < ../serjtag-0.3/avrdude-serjtag/src/avrdude-5.3.1-serjtag.patch
patch -p1 < ../serjtag-0.3/avrdude-serjtag/src/avrdude-5.3.1-ft245r.patch
patch -p1 < ../serjtag-0.3/avrdude-serjtag/src/avrdude-5.3.1-baud.patch
mv ser_posix.c ser_posix.c.ORIG
grep -v B3000000 ser_posix.c.ORIG > ser_posix.c
./configure CFLAGS="-g -O2 -DSUPPORT_FT245R" LIBS="-lftd2xx"
make
./avrdude -v 
↑ターミナルにコピペしたらOK

配線

Arduino tiny2313V mega88 mega88p
5V Vcc 20 7,20
Gnd GND 10 8,22
(X3:2) SCK 19 19
(X3:1) MISO 18 18
(X3:3) MOSI 17 17
(X3:4) RESET 1 1

avrdude.confを編集

#arduino diecimila
programmer
 id="diecimila";
 desc  = "FT232R Synchronous BitBang";
 type  = ft245r;
 miso  = 3;  # CTS X3(1)
 sck   = 5;  # DSR X3(2)
 mosi  = 6;  # DCD X3(3)
 reset = 7;  # RI  X3(4)
;
追加する。

実行

~/tmp/mac_bitbang/avrdude-5.3.1/avrdude -C ~/tmp/mac_bitbang/avrdude-5.3.1/avrdude.conf -c diecimila -p t2313 -vv -B 4800
~/tmp/mac_bitbang/avrdude-5.3.1/avrdude -C ~/tmp/mac_bitbang/avrdude-5.3.1/avrdude.conf -c diecimila -p t2313 -vv -B 4800 -U flash:w:main.hex:i

リセットが解除されない

なんかリセットが常にLOWのような気がする。
プルアップ10kを付けてもだめ。
配線を外すと書き込んだプログラムが動き始める。


うごかないときは

ReadMe.rtfにヒントがあった。
Q. Cannot open a port even though installation has been successful.
A1. This is possibly due to the FTDI serial driver holding the port with your VID and PID. Solution is to uninstall
the serial driver (see www.ftdichip.com knowledgebase on how to do this). To completely eradicate the possibility of
this occurring in future it is recommended a new VID and PID is used to distinguish between devices.
A2. Another possibility is an incorrect VID/PID. Try changing your application to use the FT_SetVIDPID API call to
quickly determine if this is the case.


参考サイト

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。