※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

21 :1◆2XbomQws8I:2006/07/03(月) 17:58:09.48 ID:2b+m3qzr0
では報告。
昨日の最後の安価メール返事なくてちょっと気まずいと思いながら
家を出た。しかしいつものとこにいるはずのMがいなかった。
ちょっと待っても来ず、とりあえず駅に行くことにした。
駅に着くとMはホームに一人で突っ立ってた。
俺「今日はどうした?一人で行きたい気分とか?」
M「なんていうか・・・他に言うべきことがあるんじゃない?」
俺「今日はいい天気だな、とか?」
M「いや、曇りじゃん。…じゃなくて!メールのことだよ。」
俺「そんなに料理ができないのを指摘されたのが気に障った?」
M「別にそれはいいんだけど・・・って、真面目に言ってる?」
俺「うーん、昨日は眠かったからあまりよく覚えてないなぁ。」
俺とはなんとなく安価のセクロスを暗示するメールの古都を
朝から話題にする気になれんかった。
M「・・・私としてはせっかく恋人同士になったんだから、
なんていうか…メールとかももっと考えてもらいたいんだけど。」
俺「そか。」
M「・・・」
俺「・・・」
その後それぞれ別の友人と合流。んで学校へ。
27 :1◆2XbomQws8I:2006/07/03(月) 18:04:45.15 ID:2b+m3qzr0
学校ではMとは話さなかった。
んでテスト終わった後、Iさんに話しかけられた。
I「昨日の午後私、Mと一緒にいたからメール見ちゃったんだけどさ、
あの内容はないと思うんだけど。」
俺「そうかな。」
I「Mも初めての彼氏なんだし、もっとMが喜ぶようなメール送って
あげなよ。ね?」
俺「俺も初めてだからようわからんのです。」
I「そっか。あともっと一緒にいる時間作ってあげなよ。
だいたい学校じゃ全然話さないよね?」
俺「まあ考えとくよ。」
そんな感じだった。んで帰り。
そうは言われても朝の流れから一緒に帰るとも思えなかったので
普通にとっとと一人で帰宅。このスレに書いたあと友人とサッカー。
今に至る。
90 :1◆2XbomQws8I:2006/07/03(月) 18:31:22.14 ID:2b+m3qzr0
このまま終わりっていうのも寂しいしな
んじゃたまには安価なしでMっち突撃してくる
かえってきたら報告する
395 :1◆2XbomQws8I:2006/07/03(月) 22:43:44.50 ID:2b+m3qzr0
んじゃ報告。メールで「行くぜ」とか送って「来るな」とか言われても
困るから連絡なしで突撃することに。
しかし気まずい気がしてMの家の玄関の前で数分うろうろしたw
これでは不審者なのでとりあえずM家のペットである柴犬の
天(♂、2歳)をなでて落ち着くことに。またしても数分そうしてたw
なんかもう帰ろうかなと思ってたら、M家からMの妹が出てきた。
妹「天ちゃーん、散歩だよ♪」
俺「あ、こんにちわ。」
妹「あれ?こうちゃん?こんちわ、今日は天ちゃんに用事?」
俺「そうそうw こいつが俺を呼んでる気がしてな。」
妹「今から散歩行くんだけど一緒に行く?」
ああ、そうする…と言いそうになったが
それではミッション失敗なのは明らかだ。
俺「いや、俺ホントはMに用事があってさ。」
妹「そうなんだ。ゆっちゃん部屋にいるよ。」
俺「そうか。ねえ、昨日と今日M機嫌悪くなかった?」
妹「え?そんなことないけど?」
Mはキレてる時は家でも機嫌悪くなるので
そう聞いて意外な感じがした。それと少し安心した。
妹「じゃあ私は行くね。あと、お母さんは八時頃帰ってくるって。」
M母の帰宅時間を俺に教えてどうしろと。
しかしこれでもう行くしかなくなった。俺は意を決してM家へ侵入した。
418 :1◆2XbomQws8I:2006/07/03(月) 22:53:42.61 ID:2b+m3qzr0
Mの部屋のドアをノックする。
M「はーい。」
俺「あ、M?俺だけど。」
M「え、もしかして1?」
俺「入るぞ。」
M「ちょ、ちょっと待った!」
しばらくバタバタとした音がして、ドアが開いた。
M「どうぞ。」
Mは半そでのTシャツにジーパンの格好だった。
Mの部屋に入ってテーブル越しに向かい合わせで座った。
この時点で七時のようだった。俺は何分家の前でうろうろしてたんだw
M「で、急に何の用?」
俺「昨日と今朝の話かな。」
M「・・・」
俺「昨日のメールはホントごめん。単なる出来心っていうか…
悪ノリだったんだけど、言い訳にならないよね。それに今朝の態度も
悪かったと思ってる。反省してます。」
M「ふーん。それで?」
俺「何ていうか…俺Mの古都好きだし、今みたいに気まずいままだと
嫌っていうか、とにかく俺のこと許してほしいんだ。」
M「・・・」
俺「本当にごめんなさい!俺もっと考えてメールするし
Mの古都大事にするから!」

いっとくけどセクロスのためにこういうこといってるんだぞw
448 :1◆2XbomQws8I:2006/07/03(月) 23:06:46.56 ID:2b+m3qzr0
M「そっか・・・」
俺「・・・」
M「ふーん・・・」
俺「な、なに?」
M「1なりに私のこと少しは考えてくれてるんだなーと思って」
俺「も、もちろんだよ!俺お前の彼氏だから当然だよ。」
M「ぷ・・・ははははw」
俺「へ?なに?」
M「だって、1がそんなに真面目なのがおかしくて・・・
しかも顔真っ赤だしw」
俺「あのー・・・怒ってたんじゃ?」
しばらく笑った後、Mは答えた。
M「まあ確かに昨日のメールは余りにひどかったから全く怒ってないと
いえば嘘になるけど、私が1と何年一緒にいると思ってるんだよ?
1がどうしようもなくアホでいい加減な奴だってわかってるから
今さら下らない悪ふざけ一つでそこまで激怒はしないよ。」
1「そ、そうですか。では先ほどまでの態度は?」
M「それは、こうやって反省させないと1がずっとこのままだって
思ったから。これで私の大切さがわかっただろ?w」
1「はい、そうですね…」
M「まあこれからは反省して素直に私のことを大事にするんだなw」

なんですかこいつは。マジ俺のドキドキを返せ。遅くてすまん。
483 :1◆2XbomQws8I:2006/07/03(月) 23:19:06.58 ID:2b+m3qzr0
俺「お、おまえなぁ・・・」
M「あははw ごめんね、なんか緊張してたみたいだもんねーw」
とりあえずむかついたので八時まで俺は楽しむことにした。
まず俺はMを抱きしめた。
M「え?いきなりどうした?」
俺「俺、ホントにMを失っちゃうかと怖くて…」
ここでできる限りの演技をした。
M「え…ごめんね、でも1だって悪いんだからね?っていうか1が
悪いんだけど。」
俺「ちっ、面白くない奴。」
M「悪かったなw」
その後結構密着した感じのまま雑談してた。しかし緊張状態も解けて
二人っきりでいたら当然村村してきた。そこで俺はふいにキスをした。
M「・・・」
俺「こないだキスまでならいいって言ったもんな?」
M「言ったけどさー」
そんなこと言いながらもまずは舌は入れないながらも
唇を堪能するようにして農耕なキスを数分した。
俺はギンギンにおっき。時計を見るともうすぐ八時だった。
俺「俺Mのことさ、本当に好きだから。」
M「うん・・・」
そのあとM母が帰宅してくるまでべろちゅーしてた。
俺は勉強してましたとか言ってM母が来ると早々と帰還。
M妹は俺達に気を使って?か知らんが替えって来なかった。
言ってないが付き合ってることくらいわかったのかな。
587 :1◆2XbomQws8I:2006/07/03(月) 23:52:42.83 ID:2b+m3qzr0
そんなたいした話はしてないが。
M「そういえばさ、誕生日はペアリング買い行くんだよね?」
俺「ん?そうだったな。」
M「彼女に誕生日直接聞いてきたもんねー、1は。」
俺「しょうがないだろ、知らなかったんだから。
お前だって俺の誕生日知らんくせに。」
M「知ってるよ。五月七日でしょ?」
俺「え?何で知ってるの?ストーカー?」
M「ちげーよw 昔ちっちゃい頃に誕生日会一緒にやってたじゃん。」
俺「それっていつの話?」
M「幼稚園くらいだと思うけど。とにかく、七日は
私が部活終わるまで待ってる古都!そんで一緒に買い物ね。決定!」
俺「はいはい。」

つうわけだ。ペアリング一緒に買うだけでおk?
しかしあいつも誕生日とか無駄なことは覚えてやがるぜ
866 :1◆2XbomQws8I:2006/07/04(火) 01:28:09.62 ID:zB8yJH8r0
わかりた
「勉強してるのか?頑張れよ。
あまり無理はするな。明日の朝会おう。おやすみ。」
とこのスレのいってたことをおくた
888 :1◆2XbomQws8I:2006/07/04(火) 01:43:03.40 ID:zB8yJH8r0
返事はすぐきてた
「そっちも頑張れよ!私は二時ごろ寝るわ。
また明日ねー♪おやすみ。」

まあ面白みのない普通のメールですまんね