基本情報
  FAQ
  ゲーム情報
  バグ
  用語集

攻略
  樹海
      第1層-第4層
      第5層-第6層
  樹海マップ
      第1層-第4層
      第5層-第6層
  FOE攻略
  ボス攻略
  ミッション
  クエスト
  育成・TIPS

データ
  職業
      ソードマン
      レンジャー
      パラディン
      ダークハンター
      メディック
      アルケミスト
      バード
      ブシドー
      カースメーカー
  スキル
      スキルツリー
      スキル速度
      全体術式ダメージ
  装備
      武器
      防具
  アイテム
      消費アイテム
      採集アイテム
      ドロップアイテム
      重要アイテム
  素材逆引き
  モンスター
      スキル一覧

交流
  アンケート
  次回作妄想・要望
  持ち寄りクエスト
  掲示板ログ
  2chスレッド
  リンク集

その他
  パロディ・元ネタ
  テキスト集
  命名に困ったら
  AA
  マッピングツール
  発売前情報
  攻略本誤植一覧
  書き込み練習場

総数: -
今日: -
昨日: -

更新履歴
取得中です。

ダークハンター

 ▼ ソードマン  ▼ レンジャーパラディンダークハンターメディック





概要


そこそこの攻撃力と高い素早さを持つ前衛職。
「AGIブースト」こそ無いが、レンジャーと並んで全職業中最高水準のAGIを誇る。
装備の上昇効果を加えればシステム上限にも達する。

反面、HPや防御力は前列に立つことを考えるとやや心許ない。ちなみにダークハンターの最強体防具は、レアドロップを10個も集める必要があり、他職と比べてかなり入手しづらい。
その為、攻撃される前に倒したり、状態異常にすることで被ダメージを抑えていく戦い方が基本となる。

一撃の威力ではソードマンやブシドー等に劣るが、最大TPが多くTPブーストの性能も高いのは利点と言える。
また低コストで使い勝手の良いスキルが多く、TP残量をあまり気にせずスキルを連発していける点も良い。
搦め手で攻めるタイプなので、自身の性能に依存するよりもパーティ全体で支援することで真価を発揮するだろう。

使用武器は剣と鞭。剣と鞭は完全に習得条件が分かれているので、どちらかに絞って育成しよう。

剣は相手に状態異常を与えるスキルが多いが、意外とオーソドックス。
他キャラと連携しなくてもそれなりに戦える。

一方、鞭はそのままでは剣に火力が劣るため、パーティーによる支援がほぼ必須。
真価を発揮させたいならカースメーカーと組ませてやろう。

序盤はカースメーカーも使えず、封じ効果もあまり必要性がないので剣を選ぶと良いだろう。
休養すれば終盤に鞭使いに変える事ができる。




◆ ステータス
Lv HP TP STR VIT AGI LUC TEC
1 23 11 8 7 9 7 9
20 123 46 26 23 29 23 29
30 188 64 35 31 39 31 39
40 259 82 44 39 49 39 49
50 333 100 54 48 60 48 60
60 409 118 63 56 70 56 70
70 484 136 68 60 75 60 75


スキル一覧

  ※ スキル名をクリックすると詳細説明に飛びます

名前 効果 必要スキル 消費TP 備考
Lv 1 Lv10
HPブースト .
MAXHPにボーナス値を加算するスキル
.
- - Max 130%
TPブースト .
MAXTPにボーナス値を加算するスキル
.
- - Max 150%
ATCブースト .
物理攻撃のダメージを増加するスキル
.
- -
鞭マスタリー 鞭の攻撃力にボーナス値を加算するスキル
鞭スキルの取得にも必要となる
- -
剣マスタリー 剣の攻撃力にボーナス値を加算するスキル
剣スキルの取得にも必要となる
- -
ブーストアップ .
ブースト値の増加にボーナスを得るスキル
.
ATCブーストLv3 - Lv9→Lv10 変化なし
憤怒の力 自分のHPが少ない程
攻撃力にボーナス値が加算されるスキル
ATCブーストLv5 -
シャドウエントリ  敵の死角に潜み、自分が敵に狙われる
確率を下げる強化スキル
TPブーストLv3 2 3 著しく効果が低い
アナコンダ 鞭専用・毒を塗った鞭で打つ斬攻撃
中確率で毒効果が付着する
鞭マスタリーLv1 4 6
ヘッドボンデージ 鞭専用・鞭で頭を絡めとる斬攻撃
中確率で頭封じ効果が発動する
鞭マスタリーLv2 3 5
レッグボンデージ 鞭専用・鞭で脚を絡めとる斬攻撃
中確率で脚封じ効果が発動する
鞭マスタリーLv3 3 5
アームボンデージ 鞭専用・鞭で腕を絡めとる斬攻撃
中確率で腕封じ効果が発動する
鞭マスタリーLv4 3 5
エクスタシー 鞭専用・頭/腕/脚を封じた無防備な
敵に強力な鞭一撃を加える斬攻撃
鞭マスタリーLv5
ATCブーストLv5
8 12
ジエンド 鞭専用・HP残量の少ない敵に対し
高確率で即死/吸収効果のある斬攻撃
鞭マスタリーLv10 6 8 Lv10 効果発動HP25%
ヒュプノバイト 剣専用・剣の閃きが眠りを誘う突攻撃
中確率で睡眠効果が付着する
剣マスタリーLv1 3 5
ショックバイト 剣専用・神経を突き麻痺させる突攻撃
中確率で麻痺効果が付着する
剣マスタリーLv2 3 5
ミラージュバイト 剣専用・恐怖を与える剣捌きの突攻撃
中確率で混乱効果が付着する
剣マスタリーLv3 4 6
ドレインバイト 剣専用・与えたダメージを快楽として
自分のHPに吸収する突攻撃
剣マスタリーLv4 4 6 Lv10 吸収率100%
トラッピング 剣専用・自分と左右の味方に罠をはり
敵の攻撃にカウンターを行うスキル
剣マスタリーLv5
ATCブーストLv5
8 12
カタストロフ 剣専用・全身の筋を硬化させる突攻撃
中確率で石化効果が付着する
剣マスタリーLv10 6 8
採取 アイテムポイントで
草花等を採取できる探索スキル
- - LvUP 採取成功率↑
    1日の採取数+2


+  ▽スキルツリー



スキル詳細

  ※ スキル名をクリックすると前提スキルを表示します




パッシブスキル



HPブースト
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
HP倍率 110% 111% 112% 113% 119% 120% 121% 122% 123% 130%
+  ▽詳細

  • 装備やVITの面では他前衛クラスに劣るが、Lv10でも130%のため1振りが無難。
  • 鞭なら封じの抑制効果、剣ならドレインバイトで与ダメ分のHPを吸収でき、単純な数値より耐久力はある。




TPブースト
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
TP倍率 110% 112% 114% 116% 128% 130% 132% 134% 136% 150%
+  ▽詳細

  • ダークハンターのスキルは鞭剣ともに燃費が良く、ザコ戦でも連発していけるためLv1以上は好みで。
  • 伸ばすなら他のキャラの持久力に合わせること。1人だけTPが余っても仕方ない。




ATCブースト
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
STR上昇率 10% 11% 12% 13% 19% 20% 21% 22% 23% 30%
+  ▽詳細

  • どの時期でも『武器攻撃力>STR』のため先に武器マスタリーを伸ばしきってから振ると良い。
  • それまでは10%増えてSP的にお得なLv1か、スキル前提分で止めておくべし。




鞭/剣マスタリー
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
武器攻撃力
上昇率
10% 11% 12% 13% 19% 20% 21% 22% 23% 30%
+  ▽詳細

  • これをLv10にするのは、常用スキルをLv10まで伸ばし終えた後でいいだろう。
  • 鞭なら「アーム/ヘッドボンデージ」、剣なら「ドレインバイト」あたりを真っ先にLv10にすると便利。




ブーストアップ
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ブースト判定値  +1   +2   +3   +4   +5 
+  ▽詳細

  • 一見すると地味だが、ブーストすればあらゆる役割能力が強化されるためかなり重要。
  • ブースト時の通常攻撃は威力が2倍になる。属性付与と組み合わせると良い。
  • ブーストで発動したスキルは「スキルLv+5の効果」として扱われ、威力だけでなくバステ・封じの成功率も飛躍的に高まる。
  • このスキルと装備のブースト↑効果を利用すれば、3~4ターン毎にブーストが可能。
    • ブースト↑効果のある装備は「クイーンズボンテージ(+15)」「エトリアの王冠(+10)」。
    • Lv5+「クイーンズボンテージ」でスキルを使えば、確実に4ターンでゲージが100溜まるのでLv5で止めるのもアリ。

  • 各行動時のブースト基本上昇値
    • 通常攻撃+5、スキル使用+7、DEFENCE+3、被ダメ+2/(100溜まるとBOOST可能)




憤怒の力
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
STR上昇率 10% 15% 20% 25% 30% 20%
効果HP域 30% 34% 38% 42% 46% 50%
+  ▽詳細

  • 火力が上がるのは良いが、上手く効果発動域になってくれるかは運頼み。
    • 狙って発動させるのは難しいので、ボス戦などでHPが減ったときに与ダメージが多少増えると考えればいい。
    • 偶発的な効果を期待するなら、Lv3~5くらいにしておくのも手。
  • 「トラッピング」や「ドレインバイト」の攻撃/回復量を増やすという使い道もある。
    • 特に「トラッピング」は条件を満たしやすく、複数回反撃すれば火力アップの恩恵もかなり大きい。




補助スキル


シャドウエントリ
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費TP 2 3
+  ▽詳細

  • このスキルはプログラム上の設定ミスにより、効果が発生しない…と長年言われ続けてきたが、実際はある模様。
  • しかし、実際はこのスキル以上に残HPや乱数等の他要素の影響が大きく、このスキルのみでのヘイト制御効果は低い。
  • 検証の模様(動画内ではパラディンの挑発を用いているが、シャドウエントリも同様の効果があった旨のコメントあり)
  • いずれにしても、以前同様にSPを優先的に割く価値が低い事には変わりないというのが現状である。




鞭スキル



アナコンダ
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15
消費TP 4 5 6
dam倍率 130% 135% 140% 145% 150% 155% 160% 165% 170% 180% 210%
毒dam 11 17 23 29 39 45 51 57 63 77 103
+  ▽詳細

  • 毒の付着率は高いが、毒ダメージは最大でも77と中盤以降では明らかに物足りない。
  • ザコ戦なら中盤でも77ダメージは意外と影響があるのだが、毒のダメージはターン終了時なので持ち前の速度は活かせない。
  • また、ボスは基本的に『バステ耐性>封じ耐性』であり毒は効きにくい。
  • 封じは速度を活かせてボス戦でも有効なため、ボンデージ系の方が総合的に使い勝手は良いだろう。




ヘッド/アーム/レッグボンデージ
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15
消費TP 3 4 5
dam倍率 130% 135% 140% 145% 150% 155% 160% 165% 170% 180% 210%
+  ▽詳細

  • 鞭の基本スキル。消費TPが低めなのでザコ戦でも多用していける。
  • 封じ率はなかなか高い(Lv10でザコにはほぼ確実)。一度入った封じは概ね4~5ターンは継続する。
    • 敵は封じを受けていてもスキル選択で1ターンを無駄にするため、封じる部位によっては実質的な無力化となることも。
    • 付加効果として頭は命中率、腕は物理攻撃力、脚は速度・回避率がそれぞれ下がる。

  • F.O.Eやボス相手にも確率は落ちるが封じは有効。
    • Lv10+ブーストで更に成功率が上がるので「ブーストアップ」も活用したい。
    • ボスによっては特定部位を封じることで行動が変化する場合もあり、この点には注意が必要となる。




エクスタシー
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15
消費TP 8 9 10 11 12
dam倍率 500% 510% 520% 530% 590% 600% 610% 620% 630% 700% 820%
+  ▽詳細

  • 世界樹Iにおける浪漫スキル枠。
  • ゲーム内でも最高峰の火力だが、発動条件は非常に厳しくダークハンター単独で決めるのは現実的とは言えない。
    • 実際にはカースメーカー、別のダークハンター、斧ソードマン、青眼ブシドー、レンジャーなど、
      自身の他にも封じスキルを使えるキャラのサポートが必要になるだろう。
    • 「重苦の呪言」を取得しているカースメーカーが居れば、封じの持続時間が伸びるためかなり決めやすくなるだろう。
  • ややネタバレになるが、裏ボスは封じ無効のため、これが通用しない。




ジエンド
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15
消費TP 6 7 8
有効HP域 5% 6% 7% 8% 14% 15% 16% 17% 18% 25% 30%
+  ▽詳細

  • FOEであろうと耐性さえ無ければ確実に即死させるスキル。
  • ザコにはほとんど出番がないが、5~6層のF.O.Eは最大HPが高いため、Lv10で25%ともなればかなり役に立つだろう。
    • Lv10における発動域の目安はHP赤ライン(HP25%以下)のあたりと覚えておけばいい。
  • 速度が低いため、レンジャーの「アザーズステップ」と組み合わせるのも有効。
  • Lv10+ブーストで30%から屠れるようになる。ブーストゲージが溜まっているようなら狙っていきたい。




剣スキル



ヒュプノバイト
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15
消費TP 3 4 5
dam倍率 140% 145% 150% 155% 165% 167% 170% 173% 176% 190% 216%
+  ▽詳細

  • 簡単に取得できてダメージ、燃費、追加効果、いずれも優秀となかなかに便利なスキル。
  • 睡眠には行動不能、物理ダメージ1.5倍、回避不可の効果がある。
    • ただし世界樹Iの睡眠は、眠ったターンに攻撃で起こしてしまうと対象の行動を阻害できないという点には注意が必要。
    • 特にダークハンターは素の行動速度が高いので味方の行動も考慮すること。
  • 剣スキルでのバステ発生率は、いずれもボンデージ系の封じ率と同じくらい(敵の耐性が同じ場合)。




ショックバイト
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15
消費TP 3 4 5
dam倍率 140% 145% 150% 155% 165% 167% 170% 173% 176% 190% 216%
+  ▽詳細

  • 麻痺は一定の確率でそのターンの行動がキャンセルされる効果。
  • 麻痺の成功率自体は他のバステ系剣スキルと同じだが、対象の行動を阻害するという意味では若干信頼性に欠けるか。
  • 継続的な行動の阻害と捉えれば有りだが、ザコ戦での利便性を考えると睡眠や石化には劣る。




ミラージュバイト
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15
消費TP 4 5 6
dam倍率 140% 145% 150% 155% 165% 167% 170% 173% 176% 190% 216%
+  ▽詳細

  • 混乱は通常攻撃しかできなくなり、ターゲットの選択が敵味方ランダムになる。
  • 威力は他と同じだが決まれば継続的にスキルを封じられる。スキルの頻度が高いFOE・ボス戦ではそれなりに有用か。
    • ザコ戦では普通に通常攻撃が飛んでくるため、抑制性は低い。
    • ただしボスは基本的に封じよりもバステの方が耐性が高いので、封じと同じ感覚で入るワケではない。




ドレインバイト
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15
消費TP 4 5 6
dam倍率 140% 145% 150% 155% 165% 167% 170% 173% 176% 190% 216%
吸収率 50% 52% 54% 56% 68% 70% 72% 74% 76% 100% 134%
+  ▽詳細

  • ダークハンターの打たれ弱さを補強してくれる優秀なスキル。剣ダクならLv10推奨。
  • Lv10で与ダメをそのままHPに還元できる。FOE・ボス戦でも、攻撃の手を緩めることなく攻めと守りを両立できて非常に便利。
    • また与ダメージの上昇がそのまま耐久力の上昇にも繋がるため、強化弱体職との相性も良い。
  • 「トラッピング」や「憤怒の力」と組み合わせるのも噛み合いが良い。
  • 唯一にして最大の欠点とも言えるのは、突属性耐性の高い相手にはダメージも自己回復も満足にできないということ。




カタストロフ
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15
消費TP 6 7 8
dam倍率 140% 145% 150% 155% 165% 167% 170% 173% 176% 190% 216%
+  ▽詳細

  • 石化した敵は死亡扱いとなるため、事実上の即死攻撃。
  • 消費は高めだが、HPの高いザコや物理に強い耐性を持つ敵には、石化が決まった時のリターンもかなり大きいだろう。
  • ブシドーの「首討ち」に比べると、構えの必要がない代わりに速度自体はこちらの方が極端に低い。
    • ダメージ倍率は十分なものがあるので、FOEへ攻撃しつつ即死にも期待する場合にはこちらのほうが便利。

  • 石化耐性を持つ敵は多くなく、かなり低確率だが大体のF.O.Eには効く。
    • 特に後半の、HPの減少を機に危険なスキルを使用してくる敵に対しては積極的に使っていきたい。
    • なおボスには効かないので、ボス戦では「ドレインバイト」などに切り替えていくこと。




トラッピング
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15
消費TP 8 9 10 11 12
dam倍率(自身) 200% 210% 220% 230% 250% 260% 270% 280% 290% 320% 400%
dam倍率(左右) 70% 100% 110% 120% 130% 140% 160% 230%
+  ▽詳細

  • 全体攻撃や複数のザコに対しては絶大な合計ダメージを期待できる、剣ダク屈指の火力スキル。
    • 全体攻撃に対しては「エクスタシー」にも匹敵する威力を出すことが可能。
    • 前列を3人にし、中央にダークハンターを配置するのが基本陣形。
  • 味方が攻撃を受ける事が前提となるので、「フロントガード」や強化・弱体化、腕封じ等でダメージを軽減した上で使用したい。
    • ダークハンター1人で火力を出せるため、防御寄りのパーティと相性が良い。
    • 反面、敵が攻撃を外すと反撃が発動しないため、頭封じや盲目、回避系のスキルとは相性が悪い。

  • 総じて初見には不向き。敵の行動を知った上で、対策も整えた状態で使いたいスキルである。
    • その性質上、敵に依存するギャンブル要素があるのは否めない。ダメージ平均、TP効率面からは安定度が低いと言える。













| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー