bioboon @Wiki ・21話~30話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

39 名前:21話[] 投稿日:2006/06/18(日) 17:56:37.59 ID:xBIwDyQu0
ベタッ!!
ベタッ!!
ベタッ!!

ガラス窓の外側に人がだんだんと増えていく。

レン(会社員「何だこいつら!!ガラス窓に次々と張り付いていっていやがる!!」

スータン(学生「ヒィイィッ!!ゾンビだァッ!!」


ミルコ店長「落ち着いてください!!
数分後に警察が助けに来てくれます!!

どうかそれまで辛抱を!!


マイク!!木の板を持ってきてくれ!!バリケードを貼る!!」

マイク(店員「はい!!」

41 名前:22話[] 投稿日:2006/06/18(日) 18:01:24.89 ID:xBIwDyQu0
客達が皆混乱している中、一人だけ冷静な人物がいた。

('A`)(ハッカー「(・・・先ほどの食人鬼も『感染』の影響か

この窓ガラスの外側からベタベタしてる奴も『感染者』だな

となるとウィルスの症状は


人を食おうするため

  • 食を求める

手が真っ黒に変色していため

  • 皮膚の壊死

ガラス窓に気づかないため

  • 知能の低下

43 名前:23話[] 投稿日:2006/06/18(日) 18:02:56.93 ID:xBIwDyQu0
カンッ!!カンッ!!

釘を打つ音がドグオの脳を揺さぶる。


('A`)(ハッカー「(店長は『触れると感染』言っていたが

実際に猟奇殺人事件は3ヶ月くらい前からすでにおきていた。

『空気感染』というのはスピードがかなり早い。

そのため、今回はじっくり感染が進んでいったことになる

それを考えると『触れると感染』というのは正しいだろう


ウィルスの発生原因だが・・・

やはり闇サイトの奴か?・・・」

53 名前:24話[] 投稿日:2006/06/18(日) 18:06:59.05 ID:xBIwDyQu0
マイク(店員「木が足りないです!!店長!!」

ミルコ店長「テーブルを壊して使え!!」


マイク(店員「はい!!」

ミルコ店長「この店には一丁と銃数発しかありませんが・・・」

そういって店長は赤色の箱を客達に差し出した。


レン(会社員「何だこれは?」


ミルコ店長「拳銃です」

55 名前:25話[] 投稿日:2006/06/18(日) 18:08:13.25 ID:xBIwDyQu0
('A`)(ハッカー「グロック 17か?」


ミルコ店長「はい、確かそんな名前です」

ミート(学生「そっそんな物騒なの持ちたくない・・・」

オーム(警備員「・・・同じく」

('A`)(ハッカー「店長が持っとけよ」


( ^ω^)(ニート「いや、俺が欲しいお」

56 名前:26話[] 投稿日:2006/06/18(日) 18:08:41.83 ID:xBIwDyQu0
内藤ホライゾンがめずらしくが興味を示した。

さっきまで静かだったのに

ミルコ店長「?・・・どうぞ」

店長はその赤い箱を彼に手渡した。

箱を開けるとその中にはピカピカの拳銃が入っていた。


('A`)(ハッカー「まったく触っていないようだが・・・」

ミルコ店長「所詮自己防衛用に買ったものなので」

58 名前:27話[] 投稿日:2006/06/18(日) 18:09:29.29 ID:xBIwDyQu0
内藤ホライゾンはその拳銃を持ち上げ、調べ始めた。

( ^ω^)(ニート「・・・どうやって撃つんだお?これ」



ダァンッ!!


重い轟音がレストラン内に鳴り響いた。


('A`)(ハッカー「バッ・・・バカ!!」

( ^ω^)(ニート「いや~すまないお~」

63 名前:28話[] 投稿日:2006/06/18(日) 18:10:10.97 ID:xBIwDyQu0
('A`)(ハッカー「人に当たってたらどうするつもりだ!!」

ミルコ店長「感染どころじゃなくなっちゃいますよ!!」



( ^ω^)(ニート「いやっほんとにすまないお」
腰をクネクネしながらニヤニヤ笑いで謝った。


ミルコ店長「キメェwwww」

64 名前:29話[] 投稿日:2006/06/18(日) 18:10:43.66 ID:xBIwDyQu0
('A`)(ハッカー「(・・・?待てよ・・・確かグロック 17は3つの安全装置がかかってるはずだ


トリガー前方の小さなレバーを引きながらでないとトリガーが引けないトリガーセーフティ

ファイアリングピンの開放をブロックするドロップセーフティ

ファイアリングピン(撃針)の前進を常時ブロックし、暴発しないようにするファイアリングピンセーフティ

内藤はこれらを全て解除したのか?・・・)」


内藤ホライゾンは説明書を持っていた。

だが、それでもすぐにできるシロモノではないはずだが・・・

65 名前:30話[] 投稿日:2006/06/18(日) 18:11:42.18 ID:xBIwDyQu0
('A`)(ハッカー「怖いから俺が持っとくぞ」

ドグオは内藤から銃をパシッと奪い取った。

( ^ω^)(ニート「ああ・・・」


その銃を見るとやはり安全装置が全て外れている。

('A`)(ハッカー「おい・・・内藤?」

( ^ω^)(ニート「な」


ダァンッ!!