携帯電話用外部リンク

周知協力は1日1クリック

目次


メディアリテラシー


情報操作は大前提


メディアの腐敗構造


代表的報道問題例

椿TV朝日報道局長の発言内容

報道されぬ事件・問題

外国人参政権をめぐる報道されぬ国会映像

311震災関連項


宗教とメディア


各メディアごとの事例

  テレビの、これから

人・企業と報道問題


対外報道問題

石川県沖で日本漁船と中国貨物船が衝突、報道が不自然に寡少
中国の指示でNHK拘束を隠蔽

海外メディア


ネット上の挑戦者

行動の参考に


【このページの閲覧者】
総数 -
昨日 -
今日 -

アクセストップ10



QRコード

姉妹WIKI



編集&情報管理に

翻訳・辞書リンク集
英語以外もわりとOK。
国内メディアとの比較に
国別ドメイン一覧
URLからのメディアの国籍割り出しに

ウェブ魚拓
株式会社アフィリティーが2006年より運営しているウェブページを保存・引用するためのツール。
ネット上のデータは削除や修正が行われる場合もあるので、元データのキャッシュ「魚拓」をとって利用しています。たまに保存できないページもありますが、簡単に利用できるので、情報管理にお勧めです。
また、すでにだれかが取得済みの魚拓を取得しようとすると同URLの魚拓一覧が表示されます。 現時点で消えてしまったページも同様にURLを入力すれば、誰かが魚拓をとっていれば閲覧可能です。
また魚拓内に保存されているサイトを調べる方法例は例えば、はてな日記でWeb魚拓にキャッシュされている日記を調べる場合Googleで「d.hatena.ne.jp」&
「site:megalodon.jp/」などと検索すればよい。

「丸ごと」で魚拓取得できないサイトは「引用」する事もできますが、記事名を検索し、goo,livedoor等のポータルサイトでニュース配信されているページの魚拓を取得するのも手です。

また最近消えたサイトはGOOGLEのキャッシュには残っているかもしれません。

魚拓関連サービス10選





ここを編集
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国内メディアとチベットの関連問題
国内主要マスコミではチベット報道はほとんどタブーです。
それどころか朝日新聞はかって中国のチベット侵略を「開放」と報道しすらしていました。

この項の目次


2009「聖地チベット〜ポタラ宮と天空の至宝〜」の欺瞞に対する抗議運動

平成21年9月19日(土)から平成22年1月11日(月)まで上野の森美術館において 「聖地チベット 〜ポタラ宮と天空の至宝〜」展が開催。
展示は現在 平成22年1月23日(土)から3月31日(水)大阪に続き、その後仙台2010年4月20日(火)~5月30日(日)が最終地となります。
「チベット文化を総合的に紹介する」と謳いながら、中国がチベットを侵略 した歴史や、ポタラ宮の主であったダライ・ラマについては全く触れていません。
中国政府はこの展覧会を通じ、文化面から「チベット支配の正当性」を世界に認知させようとしています。
主催に朝日新聞社・TBS・NHKが加わり、上野展会場の上野の森美術館はフジサンケイグループという大手マスコミのスクラムによる中国プロパガンダの実態と抗議の隠蔽は主催に連名しないマスコミまでも、一切取り上げていません。
詳しくは三民族連帯まとめWIKI 聖地チベット展の欺瞞


協賛企業各社宛の公開質問状(7/31)

http://seichi-tibet.com/news/2009/07/corporate_openlette/

チベット展実行委員会(大広)からの返信きたる!
http://seichi-tibet.com/news/2009/08/27/


9月18日聖地チベット展プレス内覧会で実行委員会チベット人女性に対し「チベット人は存在しない」



『チベットの真実を訴えるピースウォーク』

展覧会が隠すチベットの歴史の真実を、広く訴えかけるピースウォークが行われました。
主 催
 IAATE(「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝」展に抗議する国際連盟) 日本有志の会
http://seichi-tibet.com/news/2009/09/919_peace_walk/


聖地チベット展への抗議行動「世界平和巡礼 in 上野の森」

期日:平成21年9月19日(土)~平成22年1月11日(月・祝)までの毎週土曜日と日曜日
時刻:午後3時~4時
集合場所:上野恩賜公園内、西郷さんの銅像前。

http://www.youtube.com/watch?v=WbB-y3ja7aQ&feature=player_embedded#t=214
(読経後の僧侶のコメントは7:30以後から)

一心祈願 興隆仏法
一心祈願 世界平和
一心祈願 国家安泰
一心祈願 フリーチベット
一心祈願 フリーウイグル
一心祈願 フリーモンゴル
一心祈願 フリーチャイナ
(読経より)

主催:世界平和巡礼 in 上野の森 実行委員会
http://www.supersamgha.jp/2009/09/-in.html


マスコミも主催で中国のプロパガンダに参加


イベントにはNHKも参加

NHK学園 第9回 仏教特別講座『聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-』展
http://www.n-gaku.jp/life/event/2009/08/nhk.htm


共同通信から報道され全国配信されました!

◆報道◆ チベット展に抗議相次ぐ 「動乱や亡命に触れず」

+...
 「上野の森美術館」(東京)で開催中の「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」展(中華文物交流協会、朝日新聞社など主催)が、展示説明や図録でチベット動乱やダライ・ラマ14世のインド亡命など歴史的事実に触れていないとして、チベットの人権状況改善を訴える支援団体や有識者などから抗議を受けていることが19日、分かった。

 同展は、世界遺産のポタラ宮やチベット博物館(いずれも中国チベット自治区)などが所蔵する仏像や仏具など約120点を展示し、日本の国宝に当たる「国家一級文物」も含まれる。しかし、チベットの近現代史や現状の説明は、会場や図録にはない。

 これに対し支援団体などは9月の開会以来、毎週末に美術館付近でデモを行ったり、チベット史やチベット問題を解説する講演を開催するなど抗議活動を展開。国際的な支援団体も美術館や主催者側に公開要請状などを送った。美術館には中立的な展示を求める文書などが、これまでに約300通届いたという。


共同通信はNHKや民放TV局や読売新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、産経新聞社等ともニュース提供契約していますが今のところ全国紙やキー局での報道は未確認です。
しかしこの報道は共同通信から47NEWS(よんななニュース)その他へ提供され以下の47NEWS参加社ニュースサイト等で次々と取り扱われています。

北海道新聞 | 室蘭民報 | 河北新報 | 東奥日報 | デーリー東北 | 秋田魁新報 | 山形新聞 | 岩手日報 | 福島民報 | 福島民友新聞 | 産業経済新聞 | 日本経済新聞 | ジャパンタイムズ | 下野新聞 | 茨城新聞 | 上毛新聞 | 千葉日報 | 神奈川新聞 | 埼玉新聞 | 山梨日日新聞 | 信濃毎日新聞 | 新潟日報 | 中日新聞 | 中部経済新聞 | 伊勢新聞 | 静岡新聞 | 岐阜新聞 | 北日本新聞 | 北國新聞 | 福井新聞 | 京都新聞 | 神戸新聞 | 奈良新聞 | 紀伊民報 | 山陽新聞 | 中国新聞 | 日本海新聞 | 山陰中央新報 | 四国新聞 | 愛媛新聞 | 徳島新聞 | 高知新聞 | 西日本新聞 | 大分合同新聞 | 宮崎日日新聞 | 長崎新聞 | 佐賀新聞 | 熊本日日新聞 | 南日本新聞 | 沖縄タイムス | 琉球新報 | 共同通信

確認できている各社の配信
※上の47NEWS参加社のニュースサイトには自動配信されているようなので特別な事情がなければ未確認の社も扱っていると思われます。


北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/culture/206221.html
中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/PN2009121901000175_Culture.html
高知新聞
http://203.139.202.230/?&nwSrl=179882&nwVt=npd
山陽新聞
http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_k/news/d/2009121901000065/
福島民報
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4161&blockId=4816334&newsMode=article
福島民友新聞
http://www.minyu-net.com/newspack/2009121901000065.html
佐賀新聞
http://www.saga-s.co.jp/news/global/corenews.0.1501608.article.html
茨城新聞
http://www.ibaraki-np.co.jp/zenkoku/detaile.php?f_page=main&f_key=7&f_file=CN2009121901000065.1.N.20091219T062733.xml
大分合同新聞
http://www.oita-press.co.jp/worldCulture/2009/12/2009121901000065.html
北日本新聞
http://www.kitanippon.co.jp/contents/kyodonews/20091219/527963.html
山梨日日新聞
http://www.sannichi.co.jp/kyodo/news2.php?genre=Culture/Entertainment&newsitemid=2009121901000065
福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news4/article.php?topicsid=9800&pack=CN&storyid=285817
静岡新聞
http://www.shizushin.com/news/culture/national/2009121901000065
岩手日報
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_s.cgi?s_culture_l+CN2009121901000065_1
山陰中央新報
http://www.sanin-chuo.co.jp/newspack/modules/news/article.php?storyid=1016915014
デイリースポーツオンライン
http://www.daily.co.jp/society/culture/2009/12/19/0002591113.shtml


北京五輪とチベット報道

聖火リレーの世界的なフリーチベット運動や善光寺のボイコットなどを背景に一時的な報道はあったが
その後再びマスコミは沈黙している。五輪以後も依然、中国によるチベットでの虐殺はつづいている。

大マスコミに報道されなかった声

北京五輪の報道においては中国と五輪スポンサーへの配慮で、NHK含め関東のTVでは否定的な情報はかなり抑制されていました。
世界的なフリーチベットコールや善光寺の勇断などは辛うじて報道されていましたが、その裏で、報道されぬ様々な情報があったのです。

エベレスト清掃登山でTVでもたびたび扱われた野口健氏による、チベット弾圧を非難する発言も報道される事はありませんでした。
野口健ブログ チベット動乱~北京五輪出場への条件~

【チベット問題】天台宗僧侶の涙ながらの声明【生放送】


関西テレビの提供による関西ローカルの情報番組―青山繁晴『ぶったま!』2008年4月5日

皮肉なことに五輪スポンサーと関わりの薄い関西局では、中国に批判的な報道を堂々と行っていたのです。
チベット問題に対して天台宗の僧侶がスタジオ生放送で涙ながらに抗議声明を行っていたことは
ネット上でこうした動画を見る以外では、関西以外の人間には知る由もないでしょう。

またほかにも日光修験道などの宗教団体がHPでチベット弾圧への抗議声明を出していた事も報道はされませんでした。

タイのTV番組 日蓮宗とタイの団体が中国に抗議運動

この件も国内メディアは全く取り上げていません。

(↑緑字が翻訳)
日本の宗教者グループとタイの団体が抗議‐ニコニコ動画(ββ) http://www.nicovideo.jp/watch/sm2762186

一方、長野聖火リレーでは中国人応援団によるフリーチベットを訴える人達への暴行や様々な違法行為が警察にもマスコミにも野放しにされていた




マンガが伝えてきたチベット

マスコミからネット同様に悪のレッテルをはられるマンガには
TV・新聞よりはるかに、真摯にわかりやすく伝えてきた作品があります。

業田良家 チベット漫画 「慈悲と修羅」

小林よしのり 「見ぬふりされてるチベットでの民族浄化」

↓業田氏、小林氏両作品がネット上で読めます。是非ご覧ください
http://www.geocities.jp/my_souko/

ゴルゴ13

ゴルゴ13「白龍昇り立つ」(1996年5月作品)もチベット問題をわかりやすく描いています。
http://tibet.turigane.com/golgopanchen.html
↑このエピソード以外でもゴルゴでは定期的にチベットを題材にしたエピソードがあります。



テキサス親父

もチベット問題をとりあげています。

(コメントを消して動画を見る場合は、右隅のヒヨコのマークをクリックしてください。)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3027474

本来このような問題を率先してとりあげなければいけない大マスコミはいったい何をしているのでしょうか?


朝日新聞はダライ・ラマがノーベル平和賞に選ばれた際に授与反対

89年、ダライ・ラマ14世がノーベル平和賞に選ばれた際には授与反対の論陣を張った。
〈平和のための賞が結果として、チベットの緊張を高めるおそれさえある。(中略)「平和賞」の名が泣こう〉
2008.4.12 08:42 産経
http://megalodon.jp/2008-0412-0914-41/sankei.jp.msn.com/culture/books/080412/bks0804120842003-n1.htm



関連サイト

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
http://www.tibethouse.jp/home.html

宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会
http://www.supersamgha.jp/

チベット・ウイグル・モンゴル三民族連帯まとめWIKI
http://www28.atwiki.jp/3minzoku/

チベット事件のまとめガイドライン
http://www8.atwiki.jp/zali/pages/1.html

中国(民主化・人権)・台湾・チベット・ウイグル・内モンゴル情報wiki
http://www26.atwiki.jp/cttum/

大規模OFF板【胡錦濤来日時に東京をチベット旗だらけにするOFF 】@ wiki
http://www8.atwiki.jp/tibet_wiki/pages/1.html

(↓自動検索による外部リンクリストです。)


  • 「チベットマスゴミ」を含む口コミが見つかりません。



※以下広告
添付ファイル




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー