携帯電話用外部リンク

周知協力は1日1クリック

目次


メディアリテラシー


情報操作は大前提


メディアの腐敗構造


代表的報道問題例

椿TV朝日報道局長の発言内容

報道されぬ事件・問題

外国人参政権をめぐる報道されぬ国会映像

311震災関連項


宗教とメディア


各メディアごとの事例

  テレビの、これから

人・企業と報道問題


対外報道問題

石川県沖で日本漁船と中国貨物船が衝突、報道が不自然に寡少
中国の指示でNHK拘束を隠蔽

海外メディア


ネット上の挑戦者

行動の参考に


【このページの閲覧者】
総数 -
昨日 -
今日 -

アクセストップ10



QRコード

姉妹WIKI



編集&情報管理に

翻訳・辞書リンク集
英語以外もわりとOK。
国内メディアとの比較に
国別ドメイン一覧
URLからのメディアの国籍割り出しに

ウェブ魚拓
株式会社アフィリティーが 2006年より運営している ウェブページを保存・引用するためのツール。
ネット上のデータは削除や修正が行われる場合もあるので、元データのキャッシュ「魚拓」をとって利用しています。たまに保存できないページもありますが、簡単に利用できるので、情報管理にお勧めです。
また、すでにだれかが取得済みの魚拓を取得しようとすると同URLの魚拓一覧が表示されます。 現時点で消えてしまったページも同様にURLを入力すれば、誰かが魚拓をとっていれば閲覧可能です。
また魚拓内に保存されているサイトを調べる方法例は例えば、はてな日記でWeb魚拓にキャッシュされている日記を調べる場合Googleで「d.hatena.ne.jp」&
「site:megalodon.jp/」などと検索すればよい。

「丸ごと」で魚拓取得できないサイトは「引用」する事もできますが、記事名を検索し、goo,livedoor等のポータルサイトでニュース配信されているページの魚拓を取得するのも手です。

また最近消えたサイトはGOOGLEのキャッシュには残っているかもしれません。

魚拓関連サービス10選





ここを編集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原発 海外からの支援申し出・日本の要請等、報道まとめ


福島原発関連を中心に各国とのやりとりの報道を まとめています。

政府の政治的思惑とシンクロするように相手国によって報道の寡少や報道傾向の偏差が 。
特に 「愛華訪中団」に東電・政府・マスコミの癒着構造が伺えます。
欧米の支援を拒否や遅らせ、中国・韓国に支援要請をする方針。民間企業から支援申し出があったコンクリートポンプ車も、中国への要請後に後回しの上、一度はキャンセル。清水社長名義で礼状を出し寄贈式まで行い盛んに報道される中国のポンプ車に比しベトナムのポンプ車は国籍を伏せた報道ばかり。 結果的に政府・東京電力・マスコミに「原発危機管理よりも中国重視」の姿勢が疑われます。

愛華訪中団専門まとめ項新設


福島原発関連、各国とのやりとり簡易まとめ

3/11  東電の勝俣恒久会長を団長とする約20人(中部電力や東京・中日新聞、西日本新聞の幹部や毎日新聞の元役員、月刊誌編集長、元週刊誌編集長など)の「愛華訪中団」は6日から12日まで中国にいた
    冷却材 日本がアメリカへ要請 → その後 日本側は「水なら海にいくらでもあるが……」とキャンセル
    原発事故直後、 日本政府が米の支援申し入れ断る    
3/12 米国の原子力規制委員会(NRC)は12日、専門家2人派遣
    日本がアメリカへ要請した米軍無人機の映像、 日本政府が公開に慎重
    「原子力の専門家を支援に首相官邸に常駐させたい」この日以降、米駐日大使は官房長官らに何度も電話。枝野「官邸の中に入るのは勘弁してほしい」
    医師や原発専門家派遣申し出 ロシアとウクライナ
3/14 日本政府がIAEAに専門家派遣を要請
3/15 消火作業に米軍と米のポンプ車参加
    日本政府 ホウ素数十トン 韓国へ要請
3/16 韓国、ホウ酸53トンを緊急支援
    米国とロシア、日本に原発専門家を派遣。米原子力規制委員会(NRC)のメンバー7人が新たに到着
    東電職員、米軍から放水車の操作教わる
3/17 米軍、核専門要員先遣隊の9人を日本派遣 。 約450人を日本に派遣する準備に
    三重県の建設会社コンクリートポンプ車提供を申し入れ
    フランスが日本へ専門家の派遣、原発事故に対応するロボットを含む資材130トンに送付    
3/18  日本は前日のフランスの申し出を拒否
     日本の空港当局 中国旅客機の臨時便などを受け入れる為にロシアの支援便許可2日間遅らす
     米政府は、福島第1原発の1号機に続き3号機も損傷の恐れが出てきた時点で、原発制御の全面支援を日本政府に打診。原子力規制委員会(NRC)の専門家を待機させた。しかし、原発制御で「日本が支援受け入れの意向を伝えてきたのは(3月)18日だった 」(米紙ウォールストリート・ジャーナル)という。
3/19 政府、東電が協議しベトナムへ要請し (横浜港にあった) 58メートルコンクリートポンプ車採用
     東電が中国「三一重工」へ62メートルコンクリートポンプ車要請 &東京電力の清水社長名義で礼状
3/20 17日以来 政府および東電の了承を得られず“待機”を余儀なくされていた 三重県の建設会社 のコンクリートポンプ車が20日夜採用決定
3/21  米軍の無人放水機も借り受け投入へ
    ロシア戦闘機、放射性物質採取か 防空識別圏侵入
3/22 横浜にあったベトナム所属のコンクリートポンプ車、放水作業開始
    一方現地入りして待機していた 三重の中央建設の2台は、「もういい」と引き返させた
    中国に要請したコンクリートポンプ車上海から出発
3/23  中国の三一重工が東京電力に贈呈するポンプ車の寄贈式が23日に東京で行われた
3/24 防護服を6万着緊急輸入  追加発注20万着  中国へ要請
     結局政府は1号機にトラブルが発生したといって、一度は 三重に戻っていた2台を24日になって呼び戻している
3/25 12日からの米軍無人機の映像、日本政府は公開する方針に
     仏から防護服、線量計2万セット届くも放置。4/6まで現場に届かず
3/28 東京電力から支援要請 フランスへ要請
3/29 米国、軍用の爆発物処理ロボットを29日に発送したほか、放射線の測定ロボットの投入も準備している。
3/30  東京電力勝俣会長、中国旅行の際にマスコミ関係者の一部旅費を負担したことを認める
    北沢防衛相は、米軍グローバルホークが撮影した映像について、 映像を公開しない考えを示した
    フランスの原子力企業「アレバ」のトップ、ロベルジョンCEO=最高経営責任者が、専門家チームとともに来日
    国際原子力機関(IAEA)は避難地域に指定されていない福島県飯舘村について、高い濃度の放射性物質が検出されたとして、避難勧告するよう日本政府に促した
3/31 直ちに避難の必要ない=飯舘村の放射性物質、IAEA勧告に―官房長官
    日本政府の要請でIAEAは海水分析の専門家を派遣
    IAEA「福島・飯舘村の測定値、200万ベクレルと言ったのは間違いでした」→2000万に修正
    日米両政府は米軍放射能専門部隊、140人を日本派遣へ合意
    米軍「トモダチ作戦」、原発事故に重点へ、作戦に携わる人員を現在の約1万8000人から5000人程度に
    日本の原子力当局がフランスの機械製造会社エリプスなどが開発した無人小型観測ヘリコプターを発注
4/1 「市民は兵糧攻めの状態だ」屋内退避は理不尽  南相馬市長がユーチューブで海外に訴え
4/2 米国のコンクリート関連業者は2日までに、地上70メートルの高さからの注水操作が可能な世界最大規模のコンクリートポンプ車を現地に空輸する準備を進めていると述べた。世界最大規模の輸送機とされるアントノフ225型機に積まれて福島へ向かう。※アントノフ225はロシアの世界唯一&最大の輸送機
4/3 米人材会社、福島第一原発への専門家募集・派遣福島第一原発の現場で事故対策にあたる専門家の募集を始め、選ばれた数人が3日、日本へ向かうことに
   第1原発原子炉設計の米GEイメルト会長、東電に支援申し出
4/4 ロシア、作業員用に400個の放射線量計とマスク5000個を日本に送る。 日本側の要請で汚染水処理施設の提供も検討
4/6 原発事故支援、仏がロボット3台提供を準備
    海江田経産相3月25日に仏から届いた防護服、線量計2万セットを2週間も放置し、国会で指摘を受けて4月6日になって慌てて福島に送る。
4/8 「恥も外聞もなく、 世界中に助けを求めてほしい 」福島の町村会、東電に直談判
4/9 東京電力は9日、原子炉建屋などの状況を監視、撮影するため、米ハネウェル社製の軍用無人ヘリを投入すると発表
4/12 松本剛明外相が東日本大震災での復興支援、福島第1原発事故を踏まえた防災・原子力での協力などを協議に5月に中国と韓国をそれぞれ訪問する方向で検討に入ったことが、12日分かった。
4/16 原発事故収束が「最優先」=復興への決意、16日までに米紙ワシントン・ポストと国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(いずれも電子版)に寄稿―菅首相
4/17 無人ヘリを使って使用済み核燃料プールから燃料を取り出すための大型クレーン設置や、汚水を一時的に蓄える仮設タンク建設案を、米政府提案
    ロボットは、米iROBOT社から無償提供を受けた遠隔操作ロボットで原子炉建屋内の調査開始 原子炉建屋内の様子を直接調査するのは初めて。
4/19 中国系TVで枝野官房長官 汚染水放出伝達の遅れを謝罪、援助に「重ねて心からお礼を申し上げる」「中国とは(互いに利益を得る)ウィン・ウィンの関係をつくっていきたい」

日時不明
地震の翌週韓国政府も原発専門家を派遣する意向があることを日本側に伝えた。 日本政府からは無回答
首相は「放置したら原子炉が溶解し、アメリカが(原発を)占領しに来るぞ」と周辺に漏らしている。
米国はこのほど初めて、4号機の監視に、ビール樽型の超小型無人機(MAV)『RQ-16 T-Hawk』利用を提案、すでに日本に向かっているという。
英QinetiQ社の米国支社は先週、軍用ロボットの『TALON』、『Dragon Runner』、米Bobcat社製の建設機械をリモコン制御のロボットに変えるキットを日本に送った。
中国軍のロボット提供断る=福島原発事故で日本政府
4/24以前~ 放射性物質の流出で人が近づけない福島原発内部に韓国の建設装備が入り作業を行っている。
4/25以前   日本の建設会社から福島原発から約60キロ離れた仮設住宅建設や宅地造成工事の依頼 を受け、韓国の建設会社が韓国の求人サイトに作業員募集→批判殺到、原発危険と求人中止



ソースリスト


福島原発 海外とのやりとり報道履歴 2011年 3月~


書式
〇/〇  ※日付は記事発表時ではなく要請や申し出に関する時点

要請や申し出の見出し ※太字で
概要(ソース記事の要約)
ソースメディア、記事日付
ソースURL


東電の勝俣恒久会長を団長とする約20人(中部電力や東京・中日新聞、西日本新聞の幹部や毎日新聞の元役員、月刊誌編集長、元週刊誌編集長など)の「愛華訪中団」は6日から12日まで中国にいた
愛華訪中団 ← 専門まとめ項新設


3/11

冷却材 日本がアメリカへ要請 → その後日本がキャンセル、実施せず
クリントン国務長官は11日朝、冷却材を提供したことを明らかに
2011.03.12 Sat posted at: 09:24 JST ワシントン(CNN) 
http://megalodon.jp/2011-0330-0441-23/www.cnn.co.jp/usa/30002114.html
在日米軍、地震被害の原発への冷却剤輸送は実施せず=米政府高官
米政府高官は11日、東北地方太平洋沖地震で被害を受けた原子力発電所への在日米軍による冷却剤輸送は実施しなかったことを明らかに。これより先クリントン米国務長官は、冷却剤を輸送したと述べていた。
冷却材の供給について日本側から要請があり、米軍も同意し輸送を開始すると国務長官は聞かされていたもようだと説明。その後、日本側から冷却材は不要との連絡があったものの、国務長官の耳に入っていなかったとしている。
2011年 03月 12日 12:56 ロイター
http://megalodon.jp/2011-0312-1441-54/jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT885857220110312
米「菅政権の反応が鈍い」…支援提供打診も
クリントン国務長官が地震直後、「在日米空軍の装備を使い、冷却材を日本の原発に運ばせた」と発言したのは、これに関連しているとみられる。しかし、 日本側は「水なら海にいくらでもあるが……」(日本政府関係者)と危機意識が薄く、結局、この緊急計画は発動はされなかった。
読売新聞 4月1日(金)8時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110401-00000137-yom-pol

原発事故直後、日本政府が米の支援申し入れ断る
米政府の支援の打診は、11日に東日本巨大地震が発生し、福島第一原発の被害が判明した直後に行われた。米側の支援申し入れは、原子炉の廃炉を前提にしたものだったため、日本政府や東京電力は冷却機能の回復は可能で、「米側の提案は時期尚早」などとして、提案を受け入れなかったとみられる。
読売新聞 3月18日(金)7時8分配信
http://megalodon.jp/2011-0318-0900-35/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000096-yom-pol


3/12

原発危機に初動から後手の政府、いらだつ米
3月12日午前9時前、 米太平洋軍のウィラード司令官は、折木良一統合幕僚長に電話し、情報開示を求めた。「米国の原子力の専門家を支援に当たらせる。首相官邸に常駐させたい」この日以降、ルース米駐日大使は枝野官房長官らに何度も電話をかけた が、枝野は「協力はありがたくお願いしたい。ただ、 官邸の中に入るのは勘弁してほしい
読売新聞 4月10日(日)3時14分配信
http://megalodon.jp/2011-0410-0414-33/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110410-00000101-yom-pol

米国の原子力規制委員会(NRC)は12日、専門家2人派遣
2011.03.13 Sun posted at: 11:31 JST (CNN)
http://megalodon.jp/2011-0314-1051-43/www.cnn.co.jp/usa/30002127.html

日本がアメリカへ要請した米軍無人機の映像、日本政府が公開に慎重
米空軍は日本政府からの要請を受け、グローバルホークを震災の翌12日から、被災地周辺に飛行させている。
毎日新聞 2011年3月19日 東京朝刊
http://megalodon.jp/2011-0319-0827-59/mainichi.jp/select/jiken/news/20110319ddm012040016000c.html

医師や原発専門家派遣申し出 ロシアとウクライナ
ウクライナも、医師団のほか、原発・放射能の専門家や関連物資を送る方針を示した。
ロシアは大統領の指示で、医師や心理学者を含む200人以上の捜索・救援チーム医療設備などを積んだ航空機6機を派遣する方針
2011.3.12 23:46 共同
http://megalodon.jp/2011-0330-0420-12/sankei.jp.msn.com/world/news/110312/erp11031223470015-n1.htm


3/14

日本政府がIAEAに専門家派遣を要請
国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は14日、加盟国向けに声明を発表し、福島第1原発の事故で、日本政府から専門家チームの派遣要請を同日受けたことを明らかにした。IAEAは東日本大震災の発生直後から日本の原発の状況を注視。日本政府から要請があれば、支援する用意があると表明していた。 
時事通信 3月15日
http://megalodon.jp/2011-0315-0238-22/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000013-jij-int


3/15

米軍支援の報道の揺れ

この日の米軍の活動は報道されていないケースが多く報道内容にも変遷が

ポンプ車支援拒否 の報道→訂正

当初「【速報】原発、米軍ポンプ車の支援断る」 → 「日本側に引き渡され、ポンプ車は使用された」と訂正
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110315-748461.html
http://backupurl.com/r5nqe8
◆在日米軍報道部は15日、福島第1原発で起きた事故で現地派遣し、支援の申し出を断られたとしていた米軍ポンプ車について、日本側に引き渡され、ポンプ車は使用されたと訂正した。

米軍に触れていない報道例(多数派)

自然鎮火したなどの報道で米軍の参加自体をスルーしている報道が多いです。
+...
福島第一原発4号機でも火災 建屋の屋根付近に損傷
定期検査のため、運転停止中の福島第一原発4号機で15日午前6時ごろ、大きな音が発生、東電が確認したところ、原子炉建屋の5階屋根付近に損傷を確認した。その後、4号機の現場の状況を確認していたところ、9時38分ごろ、原子炉建屋4階北西部付近に出火を確認した。
2011年3月15日11時7分
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103150135.html

福島第一原発4号機で火災、天井損傷
東京電力は、爆発事故が続く福島第一原発の4号機でも、15日午前6時ごろ爆発音があったと発表した。調査の結果、5階部分にある天井が壊れているのが見つかった。さらに、午前9時38分に、4階部分から出火しているのが見つかり、消火活動の作業を検討中という
2011年3月15日11時15分
http://www.asahi.com/national/update/0315/TKY201103150144.html?ref=reca


首相「放射性物質漏洩、さらに危険高まる」 4号機火災
 菅直人首相は15日午前11時すぎから、首相官邸で国民に向けたメッセージを語った。この中で、首相は東京電力福島第一原子力発電所について「1号機、3号機の水素爆発に続き、4号機でも火災が発生し、周囲に漏洩(ろうえい)している放射能の濃度がかなり高くなっている。今後、さらなる放射性物質の漏洩の危険が高まっている」と語った
2011年3月15日11時18分
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103150149.html


4号機の自然鎮火を確認 福島第一原発
 東京電力は15日午後3時40分、4号機で起きていた火災が自然に鎮火しているのを同日午前11時に確認したと発表した。
2011年3月15日17時50分
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103150298.html


福島第一4号機の建屋、ふたつの大きな穴
 原子力安全・保安院は15日夕、福島第一原発4号機の建屋北西側の壁に、8メートル四方の穴が2カ所開いていることを明らかにした。同日午前6時14分に爆発音がした後、東京電力の従業員が現地で確認したと報告を受けた。4号機には使用済みの核燃料が保管されている。
2011年3月15日18時17分
http://www.asahi.com/national/update/0315/TKY201103150314.html

  • グーグルニュース検索「4号機 鎮火 15日」検索結果


米軍参加ソース例

  • グーグルニュース検索「4号機 鎮火 15日 米軍」検索結果

福島第一原発4号機火災、鎮火か 消火作業に米軍
東京電力は、火災が発生している福島第一原発の4号機の消火作業に米軍が従事していると発表した。鎮火したもよう。
2011年3月15日12時7分
http://www.asahi.com/national/update/0315/TKY201103150203.html
http://megalodon.jp/2011-0315-1357-23/www.asahi.com/national/update/0315/TKY201103150203.html
http://liveweb.waybackmachine.org/http://www.asahi.com/national/update/0315/TKY201103150203.html 

【地震】福島第一原発4号機の火災は鎮火 東京電力
15日午前6時ごろ、発電所内で大きな爆発音が起こり、定期点検で停止していた4号機の原子炉建屋の5階屋根付近が損傷しました。それに続いて午前9時半過ぎ、同じ建屋の4階付近で出火が確認されました。災害応援に入った米軍などが消火にあたり、午後0時の時点で、すでに火は消えているということです。
(03/15 17:37)
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210315076.html
http://megalodon.jp/2011-0315-2316-08/news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210315076.html

“原発SOS”最後の砦も…チェルノブ寸前! 米軍出動の非常事態
2011.03.15
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110315/dms1103151608015-n1.htm


3/15

日本政府 ホウ素数十トン 韓国へ要請
日本が韓国にホウ素支援を要請、「可能な限り支援」
日本政府が韓国政府に対し原子炉の冷却に必要なホウ素の緊急支援を要請した。
 知識経済部などが16日に明らかにした。日本政府は15日にホウ素数十トンの支援を要請してきたという。
聯合ニュース 3月16日(水)11時24分配信
http://megalodon.jp/2011-0330-0156-14/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110316-00000012-yonh-kr


3/16

韓国、ホウ酸53トンを緊急支援へ 福島原発事故、日本が要請 (※↑前日の要請)
韓国は16日、日本側の要請を受け、ホウ酸約53トンの緊急支援を決めた。ホウ酸が日本の原発などにそのまま投入できるかどうかを調べる必要があり、16日中にサンプルを日本に送ってチェックする。
2011/03/16 12:34 【共同通信】
http://megalodon.jp/2011-0330-0447-23/www.47news.jp/CN/201103/CN2011031601000451.html


米国とロシア、日本に原発専門家を派遣
米ロ、日本に原発専門家を派遣
2011/3/16 21:23
 ルース駐日米大使は16日、米独自の検査体制を導入したことを明らかにした。15日夜には空中・地上で放射能を探知する装備と、装備を運営する人員34人が日本に到着したという。
 16日には米原子力規制委員会(NRC)のメンバー7人が新たに到着。事故発生直後から来日している2人と合わせ、NRCは9人体制で福島原発の状況を監視する。このほか厚生省、エネルギー省の放射能専門家も12日から日本入りしている。
  一方、ロシアの国営原子力会社ロスアトムは16日、原発専門家を日本に派遣したことを明らかにした。
 ロスアトムのノビコフ報道官は「ロシア側は(事故対応に)不可欠な熟練した専門家を派遣するだけでなく、建設資材や無人機械を送って日本を支援することができる」と述べた。
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:kylk0IkwE0kJ:www.nikkei.com/news/latest/article/g%3D96958A9C9381959FE3E4E2E1868DE3E4E2E1E0E2E3E39494EAE2E2E2+%E7%B1%B3%E3%83%AD%E3%80%81%E5%8E%9F%E7%99%BA%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AE%B6%E3%82%92%E6%B4%BE%E9%81%A3&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&source=www.google.co.jp
http://backupurl.com/p11qgv

東電職員、米軍から放水車の操作教わる
北沢俊美防衛相は16日、首相官邸で記者団に対し、福島第1原発への散水について、東京電力職員が米軍横田基地(東京都福生市)で、放水車の操作方法の指導を受けたことを明らかにした。
2011.3.16 14:07 産経
http://megalodon.jp/2011-0330-0452-32/sankei.jp.msn.com/politics/news/110316/plc11031614100014-n1.htm


3/17

米軍、核専門要員9人を日本派遣
米国防総省、米軍の核専門要員9人を日本に派遣したと発表。状況分析や自衛隊への技術支援を行い、日本政府の要請があった場合、どのような追加支援が可能か助言するという。
2011年3月18日9時53分
http://megalodon.jp/2011-0330-0308-39/www.asahi.com/international/update/0318/TKY201103180108.html?ref=reca
米国防総省、放射能被害管理などを専門とする約450人を日本に派遣する準備に
2011.03.19 zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110319/dms1103191505005-n1.htm

フランスが日本へに送付 専門家の派遣、原発事故に対応するロボットを含む資材130トン
フランス外務省は17日、仏原子力大手アレバと仏電力公社(EDF)が同日、日本向けに放射線防護服などの物資を送ったと発表。EDFは専門家の派遣も準備。
 送付したのは防護服1万着のほか、核分裂反応を抑えるホウ酸100トン、防護手袋2万組、防護マスク3千個など。政府の核安全局も日本にヨード剤を送る予定。
http://megalodon.jp/2011-0330-0255-20/www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE3E5E2E7968DE3EAE2E1E0E2E3E39790E3E2E2E2;at=ALL


3/18

前日のフランスの申し出拒否  
EDFは18日、専門家の派遣、原発事故に対応するロボットを含む資材130トンの搬送など独自の救援計画を発表。が、ル・モンド紙によると日本側はこれを拒否したという。
スポーツ報知 3月29日(火)8時2分配信
http://megalodon.jp/2011-0329-1130-01/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000048-sph-soci


枝野官房長官、米政府の原発支援拒否報道「事実まったくない」否定
2011.3.18 11:42 産経
http://megalodon.jp/2011-0318-1410-20/sankei.jp.msn.com/politics/news/110318/plc11031811430019-n1.htm

琉球新報社説 米軍の災害支援 それでも普天間はいらない
2011年3月18日 琉球新報
http://megalodon.jp/2011-0318-1032-32/ryukyushimpo.jp/news/storyid-174892-storytopic-11.html

日本の空港当局 中国旅客機の臨時便などを受け入れ、ロシアの支援便許可2日間遅らす
ロシア政府は16日からイリューシン76型機を2機、極東のハバロフスク、ブラゴベシェンスクの2空港で出動待機させた。医薬品や毛布など被災者向けの緊急支援物資に加え、現地で活動しているロシア救助隊用の燃料や食料を積み、復路では日本に滞在中の自国民を避難させる計画だった。
 ところが、日本の空港当局からは周辺の地方空港を含め着陸許可が出なかった。18日午前(日本時間同日夕)になってようやく1機が成田空港に向けて飛び立ったものの、2日間近い貴重な時間が失われる結果となった。外交筋によると、「発着枠がいっぱい」との説明だったが、ロシア側が利用を希望した新潟空港は、中国旅客機の臨時便などを受け入れていた。
(2011年3月19日01時32分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110319-OYT1T00097.htm
http://backupurl.com/dgnexk

原発大国 思惑といらだち 福島第1支援 世界的危機/安全保障に/推進の妨げ
米政府は、福島第1原発の1号機に続き3号機も損傷の恐れが出てきた時点で、原発制御の全面支援を日本政府に打診。原子力規制委員会(NRC)の専門家を待機させた。しかし、米側は、日本からの情報不足や、支援申し入れにも明確な返答をしないことにいらだった。原発制御で「日本が支援受け入れの意向を伝えてきたのは(3月)18日だった」(米紙ウォールストリート・ジャーナル)という。
産経新聞 4月10日(日)7時56分配信
http://megalodon.jp/2011-0410-1020-51/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110410-00000104-san-int


3/19

政府、東電が協議しベトナムへ要請 58メートルコンクリートポンプ車 (横浜港にあった)
ドイツ・プツマイスター社関係者らによると、東南アジア向けに輸出する同社の圧送機が横浜港にあることが判明。19日午前、同港から現地に向かった
 同社関係者が(※下記事によると日本法人の元社長出口秀夫さん) 公明党を通じて政府に提案。政府、東電が協議して採用が決まった。
2011年3月19日 夕刊 中日新聞
http://megalodon.jp/2011-0319-1942-27/www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2011031902000189.html
プツマイスター社製の生コン圧送機が投入された。 背景には、同社日本法人の元社長出口秀夫さんの働き掛け
2011年3月23日 朝刊 (中日新聞社)東京新聞
http://megalodon.jp/2011-0330-0244-33/www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011032302000027.html
駐ベトナム大使は24日、福島第1原発の事故で、放水に使われている生コン圧送機の提供に関わったベトナム企業2社の社長に対し、感謝状を
ベトナムに輸入する途中で、ちょうど横浜港にあった。日本側からの連絡を受け、両社は協力に同意。
2011/03/24 21:58 共同通信
http://megalodon.jp/2011-0330-0232-02/www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/498809/

東電が中国へ要請 62メートルコンクリートポンプ車    
中国のポンプ車が上海から日本へ
日本の東京電力が3月19日に中国外交部に対して支援要請を行っていた
〔2011年03月22日掲載〕  上海 Explorer
http://megalodon.jp/2011-0325-0236-52/www2.explore.ne.jp/news/articles/16335.html?r=sh
陳健会長「19日(土)には、東京電力の清水正孝社長名義でお礼状をいただきました。」
http://megalodon.jp/2011-0405-1551-31/news.goo.ne.jp/article/nbonline/business/nbonline-219266-01.html


中国の援助を国と報道が連携して特に目立たせている状態


  • グーグルニュース検索「横浜 コンクリートポンプ車」

  • グーグルニュース検索「ベトナム コンクリートポンプ車」

  • グーグルニュース検索「中国 コンクリートポンプ車」

19日に横浜からコンクリートポンプ車が現地入りした報道は数あれど、それがベトナムの所有物である事はほとんど報道されていません。
一方で同日中国への要請し上海から輸送されたコンクリートポンプ車に関しては多くの報道があります。
そもそも三重の民間企業からのコンクリートポンプ車の提供申し出が17日にあったのにその採用は20日と最も遅らせその上キャンセルまでした東電や政府の姿勢も政治的ですが、報道もそれにシンクロしている状況です。  
(コンクリートポンプ車 使用の経緯は こちらhttp://www45.atwiki.jp/ganpatu/pages/18.html


3/20

三重県の建設会社 のコンクリートポンプ車提供申し入れ(17日)、政府および東京電力の了承を得られず、“待機”を余儀なくされている ことが20日、わかった。
http://megalodon.jp/2011-0322-1214-53/www.daily.co.jp/gossip/article/2011/03/21/0003881756.shtml

政府の対策本部は、三重のの車両を福島第一原発の冷却作業に役立てることを決め、20日夜、三重県四日市市の建設会社が所有する2台が、オペレーター3人とともに現地に向けて出発。
http://megalodon.jp/2011-0321-1322-18/www3.nhk.or.jp/news/html/20110321/t10014803543000.html


3/21
4号機にも放水、 米軍の無人機も投入へ
自衛隊は3/20、4号機に対して放水を行った。今後、アメリカ軍から無人で作業ができる放水機を借り受け、投入する方針。4号機に対する放水は3/20朝、消防車11台で約1時間行った。夜にも自衛隊と東京消防庁のハイパーレスキュー隊が放水を行う。放水作業は今後数か月続くとみられる。作業を加速するため、無人で海から海水を汲み上げ放水できる「無人放水機」をアメリカ軍から借り受け、投入する。
(20日17:20)
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:jRR2H2akumwJ:news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4679191.html+%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%80%80%E6%94%BE%E6%B0%B4%E3%80%80%E7%84%A1%E4%BA%BA%E6%A9%9F%E3%80%80%E3%80%80&cd=3&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&source=www.google.co.jp
http://backupurl.com/9exmyi

3/21

国際原子力機関(IAEA、本部・ウィーン)で21日開かれた各国外交団向けの技術説明会で、日本から初めて出席した経済産業省原子力安全・保安院の担当者が、日本語の資料を配布。
毎日新聞 3月22日(火)15時1分配信
http://megalodon.jp/2011-0330-0312-39/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000057-mai-soci

ロシア戦闘機、放射性物質採取か 防空識別圏侵入
2011年3月30日3時5分
http://megalodon.jp/2011-0330-1400-07/www.asahi.com/international/update/0329/TKY201103290500.html


3/22

横浜にあったベトナム所属のコンクリートポンプ車、放水作業開始。
中国に要請したコンクリートポンプ車上海から出発
現地には、ブームの長さが50mを超すポンプ車が計4台到着している。生コン圧送装置の製造などを手掛けるドイツの プツマイスター社が、輸出用に横浜港に保管していたブーム長58mのポンプ車1台のほか、中央建設(三重県四日市市)が2台、丸河商事(岐阜県恵那市)が1台 、それぞれブーム長52mのプツマイスター社製のポンプ車を派遣した。
今回は、プツマイスター社が横浜港から持ち込んだブーム長58mのポンプ車が注水作業に当たった。
東京電力は、中国湖南省にある重機メーカー「三一重工」からブーム長62mの生コンポンプ車の提供も受ける。3月22日に中国・上海の港を出港し、24日に大阪港に到着。26日までには福島県内に着くという。
http://megalodon.jp/2011-0325-0209-53/www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819499E0E1E2E3958DE0E1E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E4E1E2E5E0E6E2E0E7E2E6E0E2E3E2E2E2

現地入りして待機していた 三重の中央建設の2台は、「もういい」と引き返させた。
「選挙戦が激しさを増している三重県知事選は、岡田幹事長のお膝元で負けられない戦いだ。最初に申し出た中央建設は、自民推薦の鈴木候補の後援企業で、同社の機械が使われれば敵の手柄になる。圧送車を巡る混乱の背景に、政府内部の“配慮”があったことは間違いない。岡田さんも、政府・与党の協議でその経緯を知っていたはずだ」
http://megalodon.jp/2011-0405-1213-30/www.news-postseven.com/archives/20110405_16650.html
http://backupurl.com/f6jxku


3/23

三一重工が東京電力に贈呈するポンプ車の寄贈式が23日に東京で行われた
三一重工日本子会社の陳健社長(左から4番目)、日本赤十字社の代表(右から4番目)、東京電力の代表(右から3番目)が寄贈式に出席した。
2011-03-28 | チャイナネット
http://megalodon.jp/2011-0405-1535-29/japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-03/28/content_22238434_2.htm
http://backupurl.com/xxbrxi


3/24

結局政府は1号機にトラブルが発生したといって、 一度は 三重に戻っていた2台を24日になって呼び戻している 。
http://megalodon.jp/2011-0405-1213-30/www.news-postseven.com/archives/20110405_16650.html

防護服を6万着緊急輸入  追加発注20万着 中国へ要請
福建日報の報道によると、厦門市の防護用品メーカーに日本側から防護服の緊急注文が入り
できるかぎり早く防護服65400着を日本に輸出するよう旺盛があったとのこと。
その後、この会社には20万着の追加発注が来ており対応中
闽产6.54万套的连体防辐射服驰援日本
www.fjsen.com 2011-03-24 07:55
http://megalodon.jp/2011-0330-0154-18/www.fjsen.com/c/2011-03/24/content_4196067.htm


3/25
12日からの米軍無人機の映像、日本政府は公開する方針に
産経新聞 3月26日(土)7時56分配信
http://megalodon.jp/2011-0330-1627-19/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110326-00000058-san-soci


3/28

東京電力から支援要請 フランスへ要請  
東京電力が、フランス電力(EDF)や核燃料会社アレバ、原子力庁などフランスの原子力関連企業・機関に支援を要請したことが28日、分かった。
ベッソン担当相は「東電からの(フランス各機関に対する)支援要請は(事故発生後)初めて」と話した。
スポーツ報知 3月29日(火)8時2分配信
http://megalodon.jp/2011-0329-1130-01/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000048-sph-soci
http://backupurl.com/ndw3ur
フランスのベッソン産業エネルギー・デジタル経済担当相は28日、東京電力からの支援要請を受け、仏原子力大手アレバ社が専門家2人を日本に派遣すると明らかにした。
方、アレバ社は28日、本紙に対し、同社などが原発事故用に開発した作業用ロボットの提供を申し出たのに対し、東京電力が拒否したと明らかにした。(※スポーツ報知記事によれば18日)
読売新聞 3月29日(火)10時38分配
http://megalodon.jp/2011-0329-1205-16/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000309-yom-int


3/29

米国、軍用の爆発物処理ロボットを29日に発送 したほか、放射線の測定ロボットの投入も準備している。
2011.4.1 07:07  産経
http://megalodon.jp/2011-0401-1245-07/sankei.jp.msn.com/affairs/news/110401/dst11040107120010-n1.htm
http://megalodon.jp/2011-0401-1245-10/sankei.jp.msn.com/affairs/news/110401/dst11040107120010-n2.htm


3/30

フランスの原子力企業「アレバ」のトップ、ロベルジョンCEO=最高経営責任者が、30日、専門家チームとともに来日
フランスは、すでに放射線を測定する専門の車両や発電機、それに防護服などを日本に送っていますが、専門家を派遣するのは今回が初
3月30日 20時7分 NHK
http://megalodon.jp/2011-0330-2047-33/www3.nhk.or.jp/news/html/20110330/t10015003301000.html

飯舘村に避難勧告を=IAEA
国際原子力機関(IAEA)のフローリー事務次長は30日、ウィーンの本部で記者会見し、事故を起こした福島第1原発の北西約40キロにあり、避難地域に指定されていない福島県飯舘村について、高い濃度の放射性物質が検出されたとして、住民に避難を勧告するよう日本政府に促した。
 同事務次長は「飯舘村の放射性物質はIAEAの避難基準を上回っている」と指摘。日本側からは調査を開始したとの連絡があったことを明らかにした。 
時事通信 3月31日(木)1時18分配信
http://megalodon.jp/2011-0331-0204-00/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00000008-jij-int

米軍無人偵察機グローバルホークの映像公開しない 北沢防衛相
2011.3.31 00:37 産経
http://megalodon.jp/2011-0331-0205-15/sankei.jp.msn.com/politics/news/110331/plc11033100400000-n1.htm

東京電力】勝俣会長、中国旅行の際にマスコミ関係者の一部旅費を負担したことを認める
東電会長「深くおわび」=「誠意もって補償」、人災は否定-社長不在のまま謝罪会見
震災発生時の行動を聞かれた際には、やや慌てた様子を見せ、同社が費用の一部を負担し、マスコミOBと中国に出掛けていたことを認めた。 
時事通信 3月30日(水)18時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110330-00000143-jij-soci

会見書き起こし
産経新聞 3月30日(水)17時37分配信
http://megalodon.jp/2011-0330-1906-53/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110330-00000575-san-soci

田中記者「事故当時マスコミ幹部を連れて中国力に行っていましたか?しかもその旅費は東電持ちだったのか?」
会長「全額持ちではない。」
田中記者「一部持ったてことですか?」
会長「詳細はわからないが大目には出してると思う。」
田中記者「マスコミとの癒着をお認めになるわけですね」
会長「マスコミ幹部とは若干ちがい、OBや研究会・勉強会のメンバーです」
田中記者「具体的に局と名前名前を公表していただけますか?」
会長「私のプライベートにかかわる問題であり私から出すわけには行かない」
2011/03/30 東京電力勝俣会長記者会見
1:07 から
http://www.ustream.tv/recorded/13656174


2011/03/30(水) 開場14:45 開演 15:00 番組ID:lv44904420
東京電力 勝俣恒久 取締役会​長らによる記者会見 生中継
http://live.nicovideo.jp/watch/lv44904420#1:08:21
田中「そういう旅行があったから原発はクリーンだ、クリーンでエコなエネルギーというふうにテレビが
ずっと国民に摺り込んできたんです…」
※nicovideoだとここでフリーズ。 上のustreamはフリース無し


3/31

直ちに避難の必要ない=飯舘村の放射性物質、IAEA勧告に―官房長官
時事通信 3月31日(木)12時12分配信
http://megalodon.jp/2011-0331-1245-08/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00000048-jij-pol

海水分析の専門家を派遣 IAEA
 IAEAによると、日本政府の派遣要請に基づくもので、専門家は調査船に同乗するという。
 IAEAは福島県などに放射線測定チームのほか、食品や土壌の汚染分析や対策を専門とする国連食糧農業機関(FAO、同ローマ)との合同チームを派遣している。
2011.3.31 20:32 (共同)
http://megalodon.jp/2011-0331-2156-31/sankei.jp.msn.com/affairs/news/110331/dst11033120340064-n1.htm

IAEA「福島・飯舘村の測定値、200万ベクレルと言ったのは間違いでした」→2000万に修正
IAEA、検出物質はヨウ素 福島・飯舘村の測定値修正
2011/4/1 6:39
http://megalodon.jp/2011-0401-1106-27/www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819499E2E3E2E2E68DE2E3E2E6E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

米軍放射能専門部隊、140人を日本派遣へ
読売新聞 3月31日(木)16時42分配信
http://megalodon.jp/2011-0331-2335-16/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00000724-yom-pol

米軍「トモダチ作戦」、原発事故に重点へ
 日米両政府は、東日本巨大地震を受けて米軍が展開中の支援「TOMODACHI(トモダチ)作戦」の比重を、捜索・救助から東京電力福島第一原子力発電所の事故対処に移す調整に着手した。
 作戦に携わる人員を現在の約1万8000人から5000人程度にする。複数の日米関係筋が31日、明らかにした。時期は4月中旬で、三陸沖で救難や物資輸送などを行っていた原子力空母「ロナルド・レーガン」など海軍の部隊を中心に縮小する方向だ。
読売新聞 4月1日(金)3時12分配信
http://megalodon.jp/2011-0401-0456-44/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00001088-yom-soci

アームの長さは62メートル世界最大級のコンクリートポンプ車、独から福島原発へ
http://megalodon.jp/2011-0405-1638-25/news24.jp/articles/2011/04/01/10179901.html

無人観測ヘリを緊急空輸へ 仏企業、福島事故で日本の原子力当局が3月31日、同社に発注。
2011/04/07 00:13 【共同通信】
http://megalodon.jp/2011-0407-1857-08/www.47news.jp/CN/201104/CN2011040601001110.html


以上2011年 ~3月まで


4/1

「市民は兵糧攻めの状態だ」 屋内退避は理不尽 南相馬市長がユーチューブで海外に訴える
http://megalodon.jp/2011-0401-1043-46/sankei.jp.msn.com/affairs/news/110401/dst11040109310019-n1.htm
SOS from Mayor of Minami Soma City, next to the crippled Fukushima nuclear power plant, Japan
http://www.youtube.com/watch?v=70ZHQ--cK40


4/2

米国のコンクリート関連業者は2日までに、地上70メートルの高さからの注水操作が可能な世界最大規模のコンクリートポンプ車を現地に向けて空輸する準備を進めていると述べた。世界最大規模の輸送機とされるアントノフ225型機に積まれて福島へ向かう。 fromアメリカ ※アントノフ225はロシアの輸送機、世界唯一&最大
http://megalodon.jp/2011-0405-1639-29/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110402-00000007-cnn-int


4/3

米人材会社、福島第一原発への専門家募集・派遣
米国の原子力専門人材派遣会社が、福島第一原発の現場で事故対策にあたる専門家の募集を始め、選ばれた数人が3日、日本へ向かうことになった。ロイター通信が3月31日、報じた。
読売新聞 4月1日(金)13時35分配信
http://megalodon.jp/2011-0401-2246-26/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110401-00000502-yom-int

第1原発原子炉設計のGEイメルト会長、東電に支援申し出
 東京電力福島第1原子力発電所の原子炉の製造などを担当した米ゼネラルエレクトリック(GE)のイメルト会長兼最高経営責任者(CEO)が来日し、東京電力本社で3日、勝俣恒久会長、武藤栄副社長らと会談した。
 イメルト会長は原発事故への支援を申し出、事故対策について協議した。
 東電は電力の供給力不足解消を目指して、火力発電所の増強に向けた支援を要請し、GE側も協力を約束した。両社で今後、具体策などについて協議を進めるという。
2011.4.3 19:59 産経
http://megalodon.jp/2011-0404-1542-32/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000540-san-bus_all


4/4

汚染水処理施設の提供検討=福島第1原発に―ロシア
 【モスクワ時事】ロシア国営原子力企業ロスアトムのノビコフ広報局長は4日、 放射能汚染水の処理能力を持つ浮体構造施設を福島第1原発に送ることを検討していると述べた。日本側が要請してきた という。タス通信が伝えた。
 この施設は、ロシア極東の退役原潜解体支援事業の一環として、1990年代末に日本の援助で建造された液体放射性廃棄物処理施設「スズラン」。放射能を含んだ液体を化学処理し、セメントで固形化する。自力航行能力のない浮体構造施設で、船でえい航する。ロシア側によると、処理能力は1日70トン。
 ノビコフ局長は、日本側との調整がうまくいけば「極めて短期間での輸送が可能だ」と述べた。
 同局長はまた、ロスアトムが福島原発で 事故処理に当たる作業員用に400個の放射線量計とマスク5000個を同日、航空機で日本に送った ことを明らかにした。 
時事通信 4月4日(月)22時48分配信
http://megalodon.jp/2011-0404-2345-14/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000129-jij-int


4/6

いいかげんにしてほしい。 3月25日に仏から届いた防護服、線量計2万セットを2週間も放置し、国会で指摘を受けて4月6日になって慌てて福島に送ったのは誰なのか。 「現場の使命感よくわかった=福島原発視察、目に涙-海江田経産相」 (時事通信) http://goo.gl/uI9aM
twitterみんなの党・衆議院議員の柿沢未途(かきざわみと)
http://megalodon.jp/2011-0410-0444-34/retweeter.unicco.in/user/310kakizawa
衆議院経済産業委員会 自民党西村康稔議員の追求でソースあり 43:45から
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14099223


原発事故支援、仏がロボット3台提供を準備
 【パリ=三井美奈】フランス政府は福島第一原発事故の支援策として公約したロボット派遣について、放射線汚染地域でも活動できる屋外用1台と屋内用2台の計3台を提供する方向で準備を進めている。
 ロボットはチェルノブイリ原発事故を教訓に開発されたもので、今回が本格運用になるという。
 仏原子力庁と原発業界が共同出資する原子力事故ロボット開発機構「GIEイントラ」によると、屋内用は電池式で4~7時間の連続作業が可能。全長約1・5メートル、重量約300キロで、長さ2メートルの操作アームやカメラを搭載している。屋外用は無限軌道で10キロ・メートル圏内を移動しながら10時間、連続して土木作業ができるという。
読売新聞 4月6日(水)19時40分配信
http://megalodon.jp/2011-0406-2031-13/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110406-00000870-yom-int


4/8



4/9

原子炉建屋の状況把握に無人ヘリ投入へ
投入されるのは米ハネウェル社製の軍用無人ヘリ「Tホーク」。操縦は米国から派遣された同社員が担当する。
読売新聞 4月9日(土)11時33分配信
http://megalodon.jp/2011-0409-1602-04/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110409-00000340-yom-soci


4/12

松本外相 中韓訪問を検討 復興支援、原発協力要請へ
松本剛明外相=外務省で2011年3月10日、梅田麻衣子撮影
 松本剛明外相が5月に中国と韓国をそれぞれ訪問する方向で検討に入ったことが、12日分かった。政府高官が明らかにした。中国で楊潔※外相、韓国で金星煥(キム・ソンファン)外交通商相と会談し、東日本大震災での復興支援、福島第1原発事故を踏まえた防災・原子力での協力などを協議する。中韓両国は福島第1原発からの低濃度汚染水放出に関する日本の事前通報のあり方に懸念を表明しており、改善点も説明する考えだ。
毎日新聞 4月13日(水)2時31分配信
http://megalodon.jp/2011-0413-2238-20/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000003-maip-pol


4/16

原発事故収束が「最優先」=復興への決意、米紙に寄稿―菅首相
米紙ワシントン・ポストと国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(いずれも電子版)は16日までに、福島第1原発事故について菅直人首相が「可能な限り早く収束させることが私の最優先事項」と早期沈静化の決意を表明、東日本大震災からの復興に全力を挙げる方針を示した寄稿文を掲載した。
時事通信 4月17日(日)7時14分配信
http://megalodon.jp/2011-0417-1001-09/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110417-00000007-jij-int
原文/ワシントンポスト 4/15
http://megalodon.jp/2011-0417-1000-53/www.washingtonpost.com/opinions/japans-road-to-recovery-and-rebirth/2011/04/14/AF9CJ2kD_story.html


4/17

無人ヘリでクレーン設置 米政府提案、燃料搬送へ
 東京電力福島第1原発事故で、無人のつり下げ物資輸送ヘリを使って4号機などの使用済み核燃料プールから燃料を取り出すための大型クレーン設置や、汚水を一時的に蓄える仮設タンク建設案を、米政府が政府と東京電力による「統合連絡本部」に打診していることが16日、分かった。
2011年4月17日 02時08分 共同通信
http://megalodon.jp/2011-0417-0937-31/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011041601000759.html


遠隔操作ロボットで原子炉建屋内の調査開始
 東京電力は17日、遠隔操作できる米国製のロボットを使い、放射線量が高く内部に人が入れない福島第一原子力発電所3号機の原子炉建屋内の調査を始めた。
 東日本大震災後に水素爆発が起きて以来、原子炉建屋内の様子を直接調査するのは初めて。
  ロボットは、米iROBOT社から無償提供を受けた。 カメラ、放射線量や酸素濃度の測定器などを備え、最大60度の傾斜やがれきを乗り越えることができる。遠隔操作により2台1組で原子炉建屋の扉を開けて中に入り、調査を行う。
読売新聞 4月17日(日)13時25分配信
http://megalodon.jp/2011-0417-1513-59/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110417-00000352-yom-soci
産経新聞 4月17日(日)11時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110417-00000352-yom-soci


4/19

汚染水放出伝達の遅れを謝罪=中国系TVで枝野官房長官―香港
 【香港時事】香港の中国系テレビ局、鳳凰衛星テレビ(フェニックス・テレビ)によると、枝野幸男官房長官は19日までに同テレビのインタビューに応じ、福島第1原発の汚染水を海に放出したことについて「事前に関係国に伝える努力はしたが、必ずしも十分ではなく、心配と迷惑を掛けた」と謝罪した。
 中国からの各種の援助に対しては「重ねて心からお礼を申し上げる」と述べ、「中国とは(互いに利益を得る)ウィン・ウィンの関係をつくっていきたい」と強調した。
時事通信 4月19日(火)14時34分配信
http://megalodon.jp/2011-0419-1544-45/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110419-00000050-jij-int



日付不明ソース


地震の翌週

韓国政府も原発専門家を派遣する意向があることを日本側に伝えた。日本政府からは無回答。
2011/03/31 11:25:23 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://megalodon.jp/2011-0331-1305-46/www.chosunonline.com/news/20110331000045


東日本大震災の発生に伴う事故から間もなく

米国から、米アイロボット社が米軍向けなどに開発している運搬用ロボットなどが日本に送り込まれた。 日本の原子力安全技術センターも、放射能を測定できるロボット「防災モニタリングロボ」2台を現地に送り込んだ。
 米社のロボットは、100キロ以上の物体を運ぶ能力があり、高い放射線量が検出されている場所で、消防ホースを運ぶ役割などが期待される。ただ、 ロボット操縦用に派遣された社員6人は待機している状況だ。
2011.4.1 07:07
http://megalodon.jp/2011-0401-1245-07/sankei.jp.msn.com/affairs/news/110401/dst11040107120010-n1.htm



ドイツのメルケル首相は、原子炉の修復などに使える高性能ロボットの提供を日本政府に申し出た。
http://megalodon.jp/2011-0401-1245-10/sankei.jp.msn.com/affairs/news/110401/dst11040107120010-n2.htm



<東日本大震災>被災者支援出遅れ 菅政権の1カ月
毎日新聞 4月10日(日)12時23分配信
首相は後に「放置したら原子炉が溶解し、アメリカが(原発を)占領しに来るぞ」と周辺に漏らしている。
http://megalodon.jp/2011-0410-1507-13/mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110410k0000e010016000c.html



軍用ロボ、フクシマに投入 米ハイテク企業が名乗り
2011年4月1日8時44分 朝日
http://megalodon.jp/2011-0411-1912-37/www.asahi.com/special/10005/TKY201103310637.html

『Xbox』コントローラー利用、遠隔から原発作業を支援
福島第一原発の事故を受け、英QinetiQ社の米国支社は先週、軍用ロボットの『TALON』と『Dragon Runner』、ならびに、米Bobcat社製の建設機械をリモコン制御のロボットに変えるキットを日本に送った。
共同通信の報道によると、米国政府はこのほど初めて、日本政府に対して、福島第一原発4号機の監視に、ビール樽型の超小型無人機(MAV)『RQ-16 T-Hawk』を利用することを提案
CNETの報道によると、RQ-16 T-Hawkはすでに日本に向かっているという。
2011年4月11日
http://megalodon.jp/2011-0411-1906-39/wiredvision.jp/news/201104/2011041121.html
http://megalodon.jp/2011-0411-1906-27/wiredvision.jp/blog/dangerroom/201104/20110411110021.html



中国軍のロボット提供断る=福島原発事故で日本政府―香港紙
時事通信 4月16日(土)13時58分配信
http://megalodon.jp/2011-0416-1516-46/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000052-jij-int



韓国斗山インフラコア、建設装備を福島原発に投入  中央日報 2011/04/25
放射性物質の流出で人が近づけない福島原発内部に斗山(ドゥサン)インフラコアの建設装備(写真)が入り、復旧作業を行っている。 
 斗山インフラコアの関係者は24日、「遠隔操縦が可能な建設装備2台が先週から福島原発内部に入り、がれきの除去など復旧作業をしている」と明らかにした。 



韓国、作業員募集に批判殺到 原発危険と求人中止

 【ソウル共同】韓国の建設会社がインターネットの求人サイトに、福島県内で東日本大震災の被災者用の仮設住宅建設工事に従事する作業員の募集広告を出したところ、福島第1原発事故のため危険だとする批判の書き込みが殺到、募集中止に追い込まれた。聯合ニュースなどが25日までに報じた。
 同ニュースなどによると、募集はプレハブ施設建設の経験者100人余りで、条件は来月初めから4カ月間、月給400万~650万ウォン(約30万~約49万円)。現場は原発から約60キロ離れた場所だった。
 しかしネット上で「日本人が働くべきなのに、なぜ韓国人を募集するのか」「その程度の金で誰が命を懸けるのか」などの書き込みが相次ぎ、募集中止を求める署名運動まで起きた。建設会社は24日に広告を取りやめたが、同日までに80人以上の応募があった。
 同社は日本の建設会社から仮設住宅建設や宅地造成工事の依頼を受け、「収益が上がる」と判断して、作業員の募集を行ったという。



311震災関連項







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー