携帯電話用外部リンク

周知協力は1日1クリック

目次


メディアリテラシー


情報操作は大前提


メディアの腐敗構造


代表的報道問題例

椿TV朝日報道局長の発言内容

報道されぬ事件・問題

外国人参政権をめぐる報道されぬ国会映像

311震災関連項


宗教とメディア


各メディアごとの事例

  テレビの、これから

人・企業と報道問題


対外報道問題

石川県沖で日本漁船と中国貨物船が衝突、報道が不自然に寡少
中国の指示でNHK拘束を隠蔽

海外メディア


ネット上の挑戦者

行動の参考に


【このページの閲覧者】
総数 -
昨日 -
今日 -

アクセストップ10



QRコード

姉妹WIKI



編集&情報管理に

翻訳・辞書リンク集
英語以外もわりとOK。
国内メディアとの比較に
国別ドメイン一覧
URLからのメディアの国籍割り出しに

ウェブ魚拓
株式会社アフィリティーが 2006年より運営している ウェブページを保存・引用するためのツール。
ネット上のデータは削除や修正が行われる場合もあるので、元データのキャッシュ「魚拓」をとって利用しています。たまに保存できないページもありますが、簡単に利用できるので、情報管理にお勧めです。
また、すでにだれかが取得済みの魚拓を取得しようとすると同URLの魚拓一覧が表示されます。 現時点で消えてしまったページも同様にURLを入力すれば、誰かが魚拓をとっていれば閲覧可能です。
また魚拓内に保存されているサイトを調べる方法例は例えば、はてな日記でWeb魚拓にキャッシュされている日記を調べる場合Googleで「d.hatena.ne.jp」&
「site:megalodon.jp/」などと検索すればよい。

「丸ごと」で魚拓取得できないサイトは「引用」する事もできますが、記事名を検索し、goo,livedoor等のポータルサイトでニュース配信されているページの魚拓を取得するのも手です。

また最近消えたサイトはGOOGLEのキャッシュには残っているかもしれません。

魚拓関連サービス10選





ここを編集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ネット「世論操作」 請け負う会社の正体

J-CASTニュース より引用

ネット上の世論を操作するために「工作員」が暗躍してカキコミをする。こうした仕事を企業から請け負っている会社があるのは間違いないようだ。「ネット風評監視サービス」を売り物にするある会社はJ-CASTニュースの取材に、情報操作のカキコミまで業務としてやっていることを認めた。

「ネット世論操作」の問題は、ボクシングの亀田興毅選手の試合判定を巡ってクローズアップされた。試合を放送したTBSや亀田選手に対するバッシングカキコミが渦巻く中、TBSや亀田選手を擁護するコメントが不自然に並び、「TBSが監視サービス会社A社を使って工作させたのではないか」という疑惑を生んだのだ。もっとも、TBSもA社も関与は認めておらず、真相は藪の中だが、こうした工作をしている会社は間違いなく存在している。
(以後はJ-CASTニュースで

ネット風評監視サービス


この記事の内容に関する文献や情報源を探しています。ご存じの方はご提示ください。出典を明記するためにご協力をお願いします。
この記事には『独自研究』に基づいた記述が含まれているおそれがあります。
これを解消するために独自研究は載せないを確認した上で、ある情報の根拠だけではなく解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください(テンプレート)。

ネット風評監視サービスとは、インターネット上に於ける企業の悪評が拡散することを防ぐ目的で提供される、様々なサービスのことである。

主な業務の例

インターネットが発展するにつれて、消費者の間で広まるネット上の口コミの力は、その内容が事実であろうとなかろうと、企業にとっても無視の出来ない存在へと成長している。そうした風評のチェックを肩代わりし、ネット風評監視サービスを提供する企業は、次のような業務(一例)を行う。これらの業務は多くの場合人間の手による。

掲示板・ブログなどの監視

掲示板やブログなどの様々な場所に書き込まれる、その企業に関する書き込みを監視する業務。問題があると考えられる書き込みや、誤解を与えられかねない風説を発見した場合は、企業への報告や、投稿規制・削除などの対処が行われる。こうすることによって、「コミュニティを健全に」維持する。

風評の調査

ネット上に存在する、その企業の製品や業務に関する評価を収集する。

機密情報の管理

ネット上に、その企業の機密情報や内部告発などの情報が流出しないよう、調査やセキュリティ対策を施す。



監視業務と工作活動

普段、日常的に掲示板やブログなどに書き込みを行う人間にとって、これらの業務の中で最も関心を惹かれるものは、掲示板やブログの監視業務であろう。つまり、こうした「監視業務」が、投稿規制や削除などの受動的な対策のみに留まらず、一般人を装って積極的に掲示板などに書き込みを行い、依頼主である企業の都合の良い方向へと雰囲気を誘導するという「工作活動」をも意味するのかどうか、そしてそれが実際に行われているのかどうか、という点である。

特に、2ちゃんねるのような不特定多数の匿名の人間による掲示板においては、利用者は掲示板内の意見が何らかの方向に意図的に誘導される事を警戒しており、「ネット工作員」が居るのではないかという事がしばしば話題に上る。 しかしながら、単に掲示板内での少数意見が攻撃を受けているだけであったり、それらしく振舞っているだけのいわゆる「釣り師」である可能性も少なくなく、ネット風評監視サービスを提供する企業が、実際にこうした活動を行ったという確たる証明が為されたことはない。

一方で、 ウィキペディア日本語版においては特定企業に都合の悪い情報・記述が、その企業や意を受けた者によって削除される例が度々確認されている。



ネット風評監視サービスを実際に提供している企業の例

以下の企業は、主な業務の例で掲げたような業務を行っていると自称する企業であり、「誘導」を実際に行っている企業という意味の例ではないことに注意されたい。


電通 インターネット上の風評被害対応コンサルティングで4社連携「ネット風評被害バスタ-ズ」


『2ちゃんねる』のスレッドを削除してくれる怪しいサービス 費用12~40万円


※↑このサービスはスレッドを実際に削除するわけではなくDAT落ちさせるだけなので過去ログの閲覧は可能です。
http://www.geocities.jp/mirrorhenkan/


関連サイト


ネット工作実例まとめ http://www45.atwiki.jp/kosaku


(↓自動検索による外部リンクリストです。)








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー